テーマ:散歩道

泥だらけの小路

 ベートーヴェンは、深い思いを胸にハイリゲンシュタットの小路を散歩する日々を送ったという。私も今、絵を描いていることだし、七股池を散歩してみたが、どうも具合が悪い。考えてみたら私には深く思うものが無かったのだ。それにこないだの台風で遊歩道が泥だらけになって、所々ぬかるんでいたり、乾いて土が風に舞ったりして、歩くには相当足先に神経を集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清廉

高師の緑地公園では樹齢80~100年と言われている松林にアブラゼミの声がシャワーのように降り注ぐ。 アブラゼミの鳴き声と言えばただ騒がしいという心象だが、樹高10メートルもある松林の陰から降り注ぐアブラゼミの声は鈴が鳴っているような清廉さがある。 早朝の冷気は、これが夏なのかと思われるほど清々しい。 散歩道をテーマに絵を描いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more