作品と人格は別物・・・解らない

指揮者シャルル・デュトワがセクハラで訴えられてから大好きなデュトワ指揮のルーセルの交響曲が聴けなくなってしまった。デュトワが本当にセクハラをしたのかどうかわからないが、作品を聴いているとどんなに素晴らしい演奏であろうと聞いている最中にセクハラという言葉が頭の隅に浮かんでは消え浮かんでは消えを繰り返し、悲しい気持ちになってしまう。人格と作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見間違い(仕方がない)

夜中の巡回は緊張感に包まれる。特に真っ暗なトイレに入るのは。 まずありえないことだが、もし人がいたらと思うとちょっと怖い。そんな中、便器の脇に雲古。残業で遅くまで仕事していた職員もいるし、仕方がないかなと思う反面、何故所定の位置に収められないのかとフンガイしがらも仕方なく片付けようとすると、それにしても臭いがないなと思うと同時に、「か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風景礼賛

 いかにも梅雨らしい天気が続く。七股池の遊歩道は冠水が続きオジサンオバサン達の散歩する姿も見ない。人の気配といったら雨の止み間に草刈り機の音が聞こえてくるだけ。せっかくの休みもなかなか外に出る機会がなく、家で音楽を聴いたり本を読んだりするくらい。二日かけて自分のブログを読み返してみた。その中の関連するいくつかの記事を改めてまとめてみた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ものは考えよう

歳を取ると、頭のネジ、体のネジが緩んだり外れたり、すり減ったり無くなってしまった部品も在庫がないので修理が利かない。 去年自治会活動中心の生活でそれまで勤めていた警備会社を辞め、失業状態だったが、なんとか無事に役も終え、4月14日の総会後にハローワークのお世話になり、5月から始まった新しい施設警備の仕事。 17時から翌朝8時30分ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去の思いを振り返ると・・・・

親父の徘徊はただのボケではなく薬と酒による徘徊だった。俳句が好きなオヤジだったが徘徊を始めてからはまったく俳句を作ることも出来なくなっていたが徘徊で行方不明になると、母と「俳諧が始まったね」とか言って苦笑いしながら徘徊親父の捜索に出たものだった。 徘徊される家族は大変だ。寝たきりは寝たきりで大変だが、体が丈夫で徘徊されるのも大変だ。親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハエ取り線香とか・・・

一昨日、洗濯物を干そうと網戸を開けた隙に一匹のハエに入られてしまった。煩い。ハエたたきで落としたいところだが、運動神経がハエについていけない。口惜しい。でスプレー殺虫剤に頼るが、スプレーした先のハエは霧が届く前に別の方角へと逃げていく。噴射しながらハエの行く先を追うが全然間に合わない。部屋中がスプレーミストが充満して臭い。その挙句ハエは…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

おひさ~

 七股池の遊歩道を御園第二団地の裏に抜けると七股池にそそぐ水路が流れている。知原の台地はところどころに谷をなしており、道ごとに上り下りも定まらない。右手に雑木が茂り、左手にハウスが建つ一頃を抜けると東西に通る農道に出くわす。右に曲がると雑木林と牛舎がある下り坂となり、左に曲がると知原の畑が広がる上り坂となる。真っ直ぐに南進する。道の両脇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月26日

4月26日(金) 久しぶりの日記  22日(月)~25日(木)までの4日間、警備新任教育を受けていた。ちょっと大変な仕事で、体力的にも能力的にも自信はないがやれるだけのことをやるしかない。  一年間の長いお祭りは終わり、直会の後の寂しさが漂っている風でいて現実に戻った実感にも包まれている。  気まぐれに変わる空模様で予報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年度変わって

一日遅れの日記 4月1日(月) 朝から天気も良く、自転車散歩でもしようかなと思って外に出てみたが風が吹いていてあきらめた。七股池の里山に、朝陽を受けて、まだ吹き出したばかりの新芽が輝いているのに気づき、久しぶりに写真を撮ってみた。撮ったはいいが、デスクトップのパソコンの調子が悪くて、画像処理ができない。フェイスブックに載せたかったが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの投稿と今更ながら感謝

去年の2月28日の日記を読み返す。 *************** 全く知らない顔ぶれを見まわしてある程度の覚悟を固めた。今後の生活を考えると本当に不安なのだが、結局どの役に就こうとほぼすべての行事に参加しなければならないのは確実であり会長以外なら副会長でも会計でもいいのかなと内心は思っていた。校区会長となるとやっぱり二の足を踏む。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年明け

12月31日(月) 13:00成人式しおり作成。 15:00八幡社大祓い式 風が吹いて、スーツは防寒着で着膨れていてもやっぱり寒い。特に首回りが冷たくて拝殿での祭礼はせいぜい15分か20分程度だったが体中が冷えてしまった。 夜の除夜祭、歳旦祭は30分くらいかかるらしいのでより一層の寒さ対策をしていかなければならないだろう。 大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

すっかり寒くなりました

年の瀬の鋭利な空気に咳き込み、目が覚めてしまった。乾いて目やにの溜まった瞼をぎしぎしと開いても、まだ暗い窓を一瞥するのが精いっぱいですぐに閉じてしまう。 毛玉のついた毛布をかぶってガタガタと震えているうちに、頭が冴えてくるのではないかと思えてくる。 ノコノコと布団から這い出て、底冷えのする居間でペットボトルの安ウィスキーを湯飲みに注…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再会には寂光が射すもの

ともすけ伯父の告別式出席のため、日帰りで栃木県まで行ってきた。東京より北へ行ったのは初めてだった。 この歳になると身内との縁はなかなか繋がる機会が無い。静岡に妹。その他の親戚は皆東京人ばかり。 午前5時半、自宅を出て渥美線でコトコト。豊橋駅に着くがまだ外は薄暗い。那須塩原まで往復切符を購入2万7千円。この値段を見ただけで「遠い所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こないだ切ったばかり・・・

歳をとると妙に鼻毛が伸びるのが早いように思う。 ついこないだ切ったばかりなのにもう伸びている。しかし、年を取ると、ついこないだがいつのことなのか判然としなくなってくる。 3日前のことだったか、一週間前のことだったか、二週間前のことだったか、一か月前のことだったか、数か月前のことだったか、はっきりと覚えていない。 歳と共に「コナイダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊橋まつり クィーン Yさんとか

10月21日(日) 豊橋まつり 9:30集会所に車を置き、渥美線で豊橋に出る。豊橋駅前から市電に乗る。久しぶりの市電。20代前半に社内旅行の際に京都の市電に乗って以来、豊橋の市電に至ってはおそらく五十数年ぶり。最後に乗ったのは、まだ豊橋公園に動物園があったころだったかもしれない。 車内は豊橋祭りの客でいっぱい。どこまで行っても150…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自転車散歩で有酸素運動だから・・・

救急搬送されたが、翌日からピンピンしている。なんだかとても気まずい。翌々日には元気に自転車散歩。 朝6時過ぎ、体を冷やさないように対策して漕ぎ始める。いよいよ深まっていく秋の風景は、昨夜降った雨のおかげで色合いに鮮やかさを増し、朝陽が雨上がりの木の枝や草に着いた水滴に煌めいて眩しい。自転車で大崎周りのコース。家を出たころは腕に当たる風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月1日から10日

10月1日(月) 台風一過 6時、天津から河内、知原近辺を回る。天津の被害はあまり見られなかった。山田池から河内方面への道が倒木に塞がれ、剪定鋸で枝払い。新知原149-2付近、知原内の2か所で倒木と折れ枝。処理。知原の倒木処理に関しては一人ではできなかったので、時間を取っておいてくれたいずみが丘会長に救援を頼んだ。知原倒木処理後二人で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての救急搬送

10月14日(日) 例大祭2日目。12:30八幡社集合の予定だったが、集会所11時過ぎ、パソコン作業をしていると突然左耳の奥が詰まったような感じになり同時に目が回りだす。幹事が集合し始めたので八幡社へ、回転めまいは収まらず足元がふらつき真っ直ぐに歩けない。このままではみんなに迷惑をかけてしまう。そのうちに吐き気がしてきて参加は無理と判…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月21日から30日

9月21日(金) 朝、御園第一会計から連絡。Iさん葬儀の花の手配をしてくれる。香典は、私が通夜に出席した際にIさんに渡す。 午前、集会所。記録を書いている最中にH団体Sさん来所。ちょうどいい機会なのでH団体と自治会の立場の在り方など、意見を聞く。現状ではグリーンウォークでは自治会の負担が大きすぎてH団体の代表の意見と食い違ってま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名コンビ

※御園第二区のH会長とK副会長。 K副会長には敬老会で行われる演芸会の演題を筆で書いてもらっている。現役時代は会社の書道部にいたらしい。力強い奇麗な字を書いてくれる。文科系男子。 H会長は関東一校野球部出身で歳を感じさせない体育会系男子。 自治会の会議では噛み合わない二人の会話が幹事会内での楽しみの一つ。不思議なものでこの二人の噛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月11日から20日まで

9月11日(火) 何もできなかった。夕方天津区会長から電話。11月に行われる予定の津波避難訓練の話。市民館でも避難訓練を行うらしい。市民館の避難訓練は各校区持ち回りでたまたま今年は杉山地区市民館が登板のような話。ついては天津と市民館と合同で行うことが可能かどうか、自治会に諮りたいとの由。どうやら市民館では3回ほど避難訓練を行わなくては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月1日から10日まで

9月1日(土) 午前、午後、高区会長、谷区会長、石塚。 敬老会資料作成。 18:30社務所 氏子、消防団、自治会顔合わせ。祭に関する打合せのようなもの。 消防団から祭礼余興協賛協力商店・事務所への要請を自治会で行ってほしいという依頼。 なんで自治会がやらなきゃならないのか。 という意見多数。   顔合わせ終了後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月21日から31日まで

8月21日(火) 午前午後、集会所 石塚 谷区会長(午前) 神吉(4組5組)の敬老会出欠リストのまとめ。及び敬老会リストのまとめ。 90歳以上敬老会出席者リスト、結局字別年齢分布と校区敬老者年代別のグラフを作成することになった。 8月22日(水) 午前午後、集会所 石塚 敬老会リスト字別年齢分布まとめ。コツコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと一服

蒸し暑い路地を歩き回り、急に広い道に出ると吹き抜ける風が首や腕を撫で、火照った体が締まるように思われた。9月に入り、秋めいた陽気になったとはいえ、昼間の残暑はやはり堪える。杉山町の地形は小さな尾根や谷が入り組んで、車の通れない小径も所々に点在している。民家が数件寄り添うように建っていると思うと、そこを過ぎると小さな雑木林の中の小道に出く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日記8月11日から20日まで

8月11日(土) 午後2時前、集会所に預かっている鍵を持って小学校体育館、倉庫、など開け盆踊り準備。運動場へ櫓の設置は、消防団及び青年団。 自治会は倉庫からテントの持ち出しをしたり、櫓の四隅に立てる竹を長慶寺で切り出しをしたり、雑用。準備スタッフ(女性部連絡員会長副会長アナウンス係の3人、青年団、消防団、自治会幹事)の弁当を配り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月1日~10日までの日記から

8月1日(水) 午前、GW(グリーンウォーク)マップ最終修正とコピー。9時30分、三嶋(さんしま)区会長、谷区会長と学校へマップ改定の説明と盆踊りの際に使用する学校所有(体育館、電気、倉庫内のテント、椅子、テーブル等)の借用のお願い。と敬老会に使用する予定の体育館使用申請書の提出。 午後、GWコースポイントの解説の書き換え作業。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月末からの日記より その1

7月25日(水) 午前、要望書作成。 午後市役所 知原公園、小公園は9階公園緑地課 七股池ベンチは3階、農地整備課 側溝蓋6階道路維持課 野田残土問題は5階廃棄物 計4件はしご この日台風発生のニュースがあり、中部地方に30日ごろ上陸の恐れとのことで市役所の後警備会社へより、30日の出勤は取りやめてもらった。 熱中症の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大木の倒木

7月26日、突然小さなお社の大木が倒れる。えらいこっちゃ。2日後12号台風でまた同じ場所で別の木が2本折れて倒れる。後始末が大変。県土木では道路をふさいだ木は取り除いてくれるが、後始末は校区自治会でやらなくちゃならない。盆踊り、ウォーキングイベント、敬老会、行事が目白押しでただでさえ忙しいのに台風とか来るとその後始末にも追われる。猛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐怖の猛暑

 田圃を吹き渡る風は涼しくて気持ちがいい。駐車場に吹く風はアスファルトに熱せられて気持ちが悪い。風が止めば空焚きの鍋の中にいるようで、歳が歳なもんだからこの暑さで水分がどんどん抜けて煮干しのような体からはそれでも汗が湧き出てくる。皴の谷間から滲み出る汗はぬるぬるしていて廃液と言った方が良さそうだ。若者がかく玉のような汗とは大違いだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わがままな最期

https://www.sankei.com/affairs/news/180712/afr1807120035-n1.html  「生の最期を他人に命令されたりいじり回されたくない」わかるよ。みんなそう思ってる。  犬でも猫でもネズミでも人でも死ぬべき時が来たらちゃんと死ぬ。最後を選べないのが平等であるという事実を曲げちゃなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more