月がとっても赤いから

画像

 昨夜のスーパー・ブルー・ブラッドムーンとやらにしばし見惚れてしまい、体を冷やしてしまった。
 蓼科の山荘では、朝日を受けた雪の白樺林が眩しい。多少の着膨れで はあるけれど、真っ白な息を吐きながらの散策は肌に射す冷気に目が覚める。吹き抜けの部屋で暖炉の炎を見つめつつ秘蔵のウィスキーを味わいながらブラームスの交響曲に耳を傾けたりとかしていると、きっといい絵が描けたり、いい文章が書けたりするのかな、などと想いながら、隙間風が吹き抜け、ストーブを焚いてもちっとも暖まらない杉山町の我が家で、4リットルペットボトル1700円のウィスキーをあおる。点けっぱなしのテレビは浮気報道、七股池にたまったヘドロの浚渫をするパワーショベル、さかりのついた猫。巷の交響に頭を抱える。およそ絵とかいい文章とかできる要素が見当たらない。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック