たかが素描 されど素描

画像

 一旦体調を崩すと回復に時間がかかる。ピークは過ぎたが2週間になる。これを歳のせいにすれば簡単な逃げ口上になる。実は節制がちゃんとできていないからだ。毎回、次はちゃんとしようと反省するが、また同じことを繰り返す。反省しているつもりになってるだけだ。
 今回は閃輝暗点や胃のムカツキと痛みが長引き、爽やかであるべき秋風が腕を撫でただけで瞼の裏に星が飛び、鳥肌が立ち、寒気と胃の痛みと吐き気で脂汗が吹き出し、全身がガタガタ震えだすので仕事が辛い。
 ただ、大体こういう話は盛って書くものだから100%の信用する人は無いと思う。人のやることなすこと主観と偏見に始まり、自己満足で完結することになっているので、他人の言っていることにいちいちうなずく人もいないだろうと思う。

 スケッチがおもしろい。地元杉山町界隈のスケッチにこだわっていたが、去年、国木田独歩の「武蔵野」「郊外」を読んで以来、こだわりが少し緩くなって視野が広がった。20代の若者の文章に60代のジジイが刺激を受けた。
 一流画家さんの スケッチ 素描 を見ると、時として本作より魅力的なものがある。単なるスケッチとか素描などと言えない、線や余白から湧き立つ何かが観る者の想像力を膨らませ世界が出来上がっていく。作者の意図とは全く別の世界を、自分のこれまで生きてきた経験に基づく感性により自分だけの想像の中で広大な世界が作られていく。
 私もそんな絵を描きたいと思う。単純な線と余白だけで観る人の想像力を掻き立てられるような絵を描きたいと思う。
 まだ描きすぎている。
 スケッチでこれだけ自信を持って描けるまであと何年かかるんだろう。これで油絵を描けるようになるまで一体何年かかるんだろう。寿命を80年くらい延長してもらわないと間に合わないな。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック