梅雨を詠む

画像

 夜中に天井裏から聞こえる鼠の足音、床を這いまわるゴキブリの足音、七股池で鳴くウシガエル。素敵な音色と部屋に漂うカビの香りに包まれた夜の安らぎである。
 ジメジメした爽やかな朝を迎える。湿気てベタベタした床をゆっくりと踏みしめ、便座に腰を下ろすと足元にはナメクジが這う。
 梅雨は日本特有の季節である。生乾きの洗濯物を眺めながら目覚めに飲むコーヒーのアロマと我が身から湧き立つ香気、湿気た薄暗い部屋のフレグランスが鼻粘膜を刺激する.。遠方からは救急車の妙なる調べ。いいね。

※ 紫陽花や 昨日の誠 今日の嘘 

 -正岡子規がこんな俳句を詠んでいる。色彩の移り変わりと心模様の移り変わり。そして季節の移り変わり。こんな俳句を私も詠んでみたいが無理だな。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック