だらしないからだらしあるようにしないといけない

画像

髪がぼさぼさと伸びていて鬱陶しい。授業もあることだし、学生たちの手前あまりだらしのない姿を晒すのはやはり良くない。てなわけで今日、授業前に散髪。
9月から2月までの5か月間はデッサン授業をやることになっている。もう8年目。結構長く続いている。
この仕事は学生のためというよりは、むしろ私自身の為に行っているようなものでもある。年寄りの1人暮らしはだらしがない。加齢臭だの、無精ひげだの、ぼさぼさ頭だの、身なりを気にしなくなる。身なりだけではない。身の回りの一切のことに対してだらしがなくなる。
というわけで、人前、世間体というのを多少は気にしておかないと、どんどんだらしがなくなっていくばかりだ。最悪の場合、ゴミ屋敷の老人みたいになりかねない。
人目を気にしないで、本当に自由奔放でいいというなら、生活に支障さえきたさなければ、顔の造作がおかしくても気になることはない。髪が伸びれば自分でハサミでジャキッと切れば済むし、多少鼻水やヨダレが垂れていてもあまり気にしない。目、鼻、口の位置がずれていても生活に支障がなければ気にならない。靴下の左右色が違っていてもシャツを裏返しに着ようが、別に気にならない。たまに外へ出て人とすれ違ったとしても、見知らぬ相手がおかしな顔の私を見て「気持ち悪っ」と思ったところで私の衣食住に支障がなければ別にいい。これが独り者の気楽なところである。が、自由な独り暮らしといっても世間の中で生きているとそういうわけにはいかない。自由を手に入れると、その限りを尽くし始めようとし、さっきのゴミ屋敷のオヤジのようにまでなってしまいがちになる。私のような性格の人間は特にそうなりやすい。
そうならないためにも、外で他人とのつながりは多少なりともあったほうが自分の為になるっていうものだ。特に若いものが相手だとそれなりの緊張感も出てくる。そうそうボケてばかりはいられない。
授業が終わり、帰宅後疲れがどっと出てしまった。11月は5日しか全休がない。しんどい日が続きそうだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック