第三の男

画像

なにか問題が起こると、第三者委員会というのが出てきて、誰に責任があるかみたいなことを、一応、形の上で、明確にしているが、結局そこまで止まりで、なんだかんだでお茶を濁され、忘れられてしまう。
新国立競技場問題でも、第三者委員会というのが「文部大臣にも責任がある」という結論付けをしたが、きっとその先は、のらりくらり時間が経つのを待って、みんなの記憶が遥か彼方に過ぎ行く頃には、別の新たな問題が湧いてきて、そっちに気を取られているうちに、これまでの事は何もなかったかのように、世の中が進んでいくことになる。ま、要するにどさくさに紛れているうちに忘れてしまうってことだ。
現代は、何かと忙しい。次から次へと湯水のように湧いて出てくる問題。大きな問題もあまりにたくさん出てくると、小さく縮まって亡くなってしまう。どんどん小さくなって、亡くなってしまうように感じるから忙しいという字があるんだ。
それにしても第三者委員会って何なんだ。何人くらいの委員がいて、ひとりあたりの手当はいくらなんだろう。まさかボランティアでやってくれるわけでもなかろうし。俺らが払った税金が手当として支払われることになる。
私も第三者委員になりたい。なんかオイシそうな感じがする。
とりあえず馬鹿な国民がその場で一応満足するようなことを言っておけばいいみたいだ。あとはのらりくらりと時間稼ぎをしておけばいい。
第三者委員。オイシイ仕事だと思う。しかし俺、学歴無いからなぁ。なれないか。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック