雑想 心の風景 言の葉並べ  Heartscape

アクセスカウンタ

zoom RSS 情報の早さは必要か

<<   作成日時 : 2017/07/04 13:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 都議選は失笑の結果だった。選挙期間中(それ以前からの積み重なりも含めて)いろいろ失言だのなんだのがあったらああなっちゃうよね。と誰もが思う事であって、こういう結果が出ることが判っていながらなんでああなっちゃったんだろうと、国会議員たちのオツムの中身を疑いたくなる。
 今回の様にタイムリーなニュース、新聞記事が直接社会に影響することも珍しいと思う。
 日刊新聞とかデイリーニュースとか本当はどこまで必要なのかという疑問が常に付きまとっている。普段国会で問題になっている議員の失言も含め、K計学園問題とかM友学園問題などのような毎日小出しのニュースが頻繁に出てくるが、あまりに小出しになり過ぎて本来何が問題なのかがすっかりわからなくなってしまって何も思わなくなってしまう。こういう問題は毎日のニュース記事にする必要があるのかと思う。こういうのは週に一回まとめて記事にする方がいいんじゃないかと思ったりする。M友学園小学校の用地は国が買い戻していたという。その後この土地がどうなるのかはっきりわからない。このニュースは都議選のドサクサに紛れて気付かないうちに買い戻しが行われていた感じがしてならない。こういった問題にしても一週間分まとめた情報にしてもあまり我々の生活に影響するものでもない。本当に重要な問題であることは解っているが、深く掘り下げて考えなければならない事柄が次から次へと押し寄せてくるニュースの波間に見え隠れして漠然とした印象しかとどめない。その時のイメージすらぼやけてしまって忘れ去られてしまうという習慣がついてしまって物事に対する執念というか追及するという能力を結果的に失わせてしまって上っ面だけを見て短絡的な有り無しで片づけてしまうようになっている。
 小出しの情報が過多で全ての情報を頭に入れることの出来る人がどれくらいいるのか判らない。こういう時代だからそうなるのは仕方のないことかもしれないが、日刊記事全部が無くなってしまったらどれだけ社会生活に影響があるのか、本当はただぼんやりとした不安に包まれるも、必要欠くべからざる情報かどうかよくよく考えてみると案外早急な情報であるべきものでもなかったりするものがほとんどではないかと思う。毎日の情報が必ずしも必要欠くべからざるものと思い込んで、あるいは思い込まされているが実は案外無くても差支えのないものであり、必要であるべき情報が細切れにされて出されてもいちいち覚えていられない。
 あっちの党で離党こっちの党で鞍替えが相次いで、党の在り方って何なんだと思う今日この頃。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

ツイッター

情報の早さは必要か 雑想 心の風景 言の葉並べ  Heartscape/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる