アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
石塚亮 よしなしごと 心の風景          
ブログ紹介
Facebook
http://www.facebook.com/akira.isizuka.5

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
わがままな最期
https://www.sankei.com/affairs/news/180712/afr1807120035-n1.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/13 06:40
吹く風は湿っ気ていて
 あまり強烈ではないがモヤっとする日差しに、それに見合わず強烈な照り返しで、風のない駐車場を立哨していると時々意識が遠のいて空恐ろしい思いをしていたが夕方になり風が吹き始め、帰宅した後、玄関の前でふと見上げると流れる雲に、白く濁った朧月。台風でも来ているのかと思わせる空模様。湿気た風が一晩中吹き、夜中に降り込まれたらと、窓を閉めて布団に入ると蒸し暑くて眠れず、窓を開ければ湿っ気た風が気に障る。不快な朝を迎えた。梅雨は中休みなのか明けるのか明けたのか、なんだかよく判らん。洗濯したはいいけどこういう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/29 09:54
みんなでワイワイもいいし独りでこっそりもいい
 台風5号は、暑熱と湿気を置き土産に遥か南の太平洋上を通り過ぎて行った。お陰様で巡回中、地震でもないのに景色が揺れたりぐるぐる回ったりした。  今年に入って人と食事をする機会が増えた。自治会の仕事をするようになり、人との付き合いが増えたから当然そうなる。役員同士で昼飯を食いに行くこともあれば、ほとんど知らない顔ばかりの会食に付き合ったりすることもある。  30年近くもの間、外食もしなかったし、他人と食事をすることもなかった。両親が亡くなり、独り者になってからはますます他人との付き合いは絶えて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/11 21:32
布団から出る体力がなかった
 昨夜は眠くて眠くて、早すぎるかなと思ったけど、9時に布団に入って直ぐに眠ってしまった。夜中に何度も目が覚めたが結局5時まで布団から出られなかった。歳をとると8時間も布団に横たわり続ける体力も持久力もないが、昨夜に限っては布団から出る体力持久力も萎えてたってことか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/10 08:05
トマ子
 警備と言っても、ただ広い駐車場に突っ立っているだけだ。暑い日も、寒い日も、麗らかな日も、雨の日も、風の日も、ボーッと突っ立っているだけだ。突っ立っていると時々近所の猫が懐いてくる。駐車場の向かいに三件並んだ真ん中のお宅の猫で、何て名前か知らないが、私はトマ子と呼んでいる。路上観察額回のトマソンとは関係ない。トラのようでもありマダラのようでもある中途半端な毛色をしているのでトマ子。おそらく中年の雌だ。中年と断定している理由は、トマ子は若い頃かなり太っていたのではないか、飼い主さんが「これじゃい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 09:12
ごく身近な新しい発見
〇〇さん家の木の枝が伸びちゃって、夜になると外灯の明かりを遮って下が真っ暗で・・・ 通学路の街路樹の茂みにハチの巣ができ始めてる・・・ 線路沿いの道に伸びた雑木林の枝が電線に当たっている・・・ この時期だから伸びた枝に関する相談が多い。あるいは、農業が盛んな地域なので道路に関する相談も多い。 畑から流れ出た土で側溝が埋まったり、道路に溜まったり、農道が崩れたり・・・ 先日は、家の前の傾斜地の雑草が伸びて虫が出て困るので除草剤を撒いたら根こそぎ枯れちゃって、逆に雨の日に土砂崩れしないか心... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/04 22:20
気にすることないって、誰も聞いちゃいないよ
 人前でしゃべることが苦手と散々言っていたにも拘らず人前でしゃべる機会が多い。どれだけしゃべっても慣れることはないが、数をこなすごとに「うまく喋られたか」などと、いちいち気にすることもなくなった。5月19日は小学校と校区の合同運動会で朝礼台に乗ってみんなの前で挨拶させられた。いったい何をしゃべったか細かいことまでは覚えていないが、うまく喋れたかどうかなど、気にもしなくなった。最後に表彰式の時の「ひょーしょーじょー云々」など、マイクのスイッチが切れていたらしく私の声はみんなに聞こえていなかったらし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/22 17:33
梅雨入り前の空気は気持ちがいい
 あまりに疲れて腹が減っていたのでお勝手を夢遊病のように浮遊し、モサモサと晩飯を食ったような記憶があるが実際はどうだったのか判然としないまま布団に潜り込みナマコのようにぐちゃっと沈んだ覚えはある。眠った記憶があるというのはおかしな言い方だが、ちゃんと目が覚めたのだから確かに眠ったということだけは事実であろうと思う。  夕方に七股池を歩くのは久しぶりである。5月も後半に入ろうとしている。5時を過ぎ、6時を過ぎても、沈みそうでなかなか沈まない夕日。雨上がりの水面は波立ち、チラチラと夕日が反射して瞼... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/15 08:22
眠い
昨日から降り始めた雨で5月とは思えないほど寒いが、七股池の野鳥の声は間違いなく5月。 どうにも眠くて、とはいえあまり早く寝ると夜中に目が覚めてしまい、一度目が覚めると、若いころのように二度寝はできないだろうと、しばらく我慢して起きていたが、やっぱりどうにも眠くて10時前に布団に入るとすぐに寝てしまったらしい、そして午前3時過ぎに目が覚めて「やっぱりね」。この時間に起きるのは、日中にその影響が出てきてしまうだろうと、二度寝をしようと試みたがやっぱり二度寝をするエネルギー及び持久力がない。仕方がな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/09 05:49
一カ月が経った
 正式には15日総会で承認されてからが本格的な30年度自治会の始まりになるが、形の上では4月1日からが始まり。一カ月が経った。いや、2月18日に校区自治会長が決まってから腹を固める一カ月半も含めると2カ月半。  こういうことに手を出すことは一生ないだろうと思っていた、自分の生活からは隔たったところにある世界であるはずだった。これは象徴的に、というか精神的に、というかそういうものでもあるが、物理的に近い距離であるにもかかわらず自分の生活からは隔たっている世界であるはずだった。この地で生まれ育った... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/01 08:52
心の風景
心の風景  久しぶりに小学校の図画の時間に絵を、ほぼ90分たっぷりと使って教えてきた。対象は6年生約60人。担当の先生から、遠近の表現方法とか木の描き方等、どういう表現方法があるのかを生徒たちに教えてほしいということだった。金曜日に学校裏の八幡神社の写生を予定しているそうで、参考になればと町内のスケッチを何枚か持って行ってみんなに見てもらいながら遠近感の出し方や色の塗り方などを説明するが、小学生の子供たちにどこまで理解してもらえたかはちょっとわからないが、60人の子供たちの真っ直ぐな視線を感じるのはとて... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/25 18:15
ちゃんと時間は経過していくものなんだ
 いろいろなことが次から次と押寄せてくる。そのほとんどが未経験なことばかり。一つ一つ片付けているうちに4月も終わりが近づいてきた。  時間に追われているのに、目の前の事だけに精いっぱいで時間というものを意識することもできないまま、カレンダーを見ても、「これが終わったから次はそれ」。  今、あらためて一息ついて一服して、今日という日を意識してみたら、やっぱり時間というものはちゃんと過ぎていくものなんだと実感する。  なにも理解できないまま、とりあえず、解ったような顔を作って、形ばかりの動作を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/24 08:30
緩く長い幸せを味わいたいのに
緩く長い幸せを味わいたいのに  これまでさんざん上り坂のしんどい思いをしてきたその労苦を、中途半端な下り坂に差し掛かると、ここで消化してしまうことで再びさらに長い上り坂に苦しまなければならないというのは理不尽極まりないのである。できれば苦しみを貯められるだけためておいて最後に緩く長い下り坂の幸せを悠々と楽しみたい。渥美半島はきつくはないが長い上り下りが繰り返しやってくる。憎らしいことに我が家へ戻るときは必ず坂を上らなければならない。  世の中うまくはいかないもので、老後のためにと思って貯めるはずの貯金を貯まる前にちょこちょ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/17 13:59
混乱に次ぐ混乱
10日前ほどの頭の混乱からは脱しつつあるが、やっぱり目の前のことに振り回されている状態は変わらない。市役所での会議で受け取った山のような書類の整理に丸一日かかり、理解(のようなもの)するのに丸一日かかる。 その間にいろいろなところからいろいろな連絡、情報が入ってきてまた混乱する。こんなことの繰り返し。やばいな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/11 17:25
幼馴染
 十数年ぶりに幼馴染にばったり出会った。お互いに歳をとったなと思う。年を取ったその姿にちょっと可笑しくなり、そしてちょっと寂しくなる。  長寿社会だ。元気な年寄りが多い。杉山町内も高齢化が進んでいるが、決して終焉感ばかりが漂っているわけではない。元気な年寄りたちと話をしていても楽しい。が、一部の元気な年寄りが我が物顔で周りに迷惑行為を繰り返している人もいる。まるで話が通じない。良いこと悪いことは分かっているだろうが、自分の欲求を抑えることができず、年寄りであることを盾に欲望のまま迷惑行為を繰り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/05 16:11
何を今更
何を今更  疲れたので早め(12時頃)に寝たら4時前に目が覚めてしまった。私のような小者ほど少々思い上がって “忙しい” “疲れた” “眠れない” と、なんだかんだ屁理屈言って、「まあ、そういう立場だから・・・」この期に及んでそういうアピールをする。それを盾に「頭がボーッとする」などと呟いてみたりしているが、頭がボーっとするのは、こうなる前から、ずっと前から、何年も前からそう呟いていたことだった。春眠などとも言ったりしていたが、季節に関係なく常に、年がら年中、のべつ幕なしボーッとしていたのだった。しかも子... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/28 06:28
ムツカシイなぁ
 まあね仕方がないことなんだけど、自治会のメンバーの中には時々すっごく頭のいい人がいて、それは本当に頭が良くてイヤミで言っているんじゃなくて本当に頭のいい人。ただ頭が良すぎて話が難しくていったい何を言ってるのかさっぱり解らない。その人にとっては当たり前のことなんだろうけど、いわゆる理詰めで話してくる。その理詰めは当たり前のように理屈すら省略して、言ってみれば主語だけで述語を抜かしたり、主語を抜かして述語だけだったりして、話し言葉だから余計に難しく聞こえる。理詰めの話し言葉は結構迫力があって、聞か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/27 07:37
50年前にタイムスリップ
 自治会定期総会で小学校の体育館を使用するため、その手続きを小学校で行ってきた。職員室で書類を書いていると、子供の頃のトラウマが蘇ってくる。もう50年前のことなのにタイムスリップでもしたかのようである。これも三つ子の魂百までというか。先生の机に座って書類を書いていると、その脇を他の先生方が通り過ぎていく。  美術の授業で校庭の写生をさぼって同級生2人と運動場で暴れているのをM本先生に見つかり職員室に正座させられる。美術のM本教師は厳しいことで学校中の生徒から怖がられていた。職員室の入り口付近の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/23 16:30
嗚呼・・ ・ ・  ・
 朝、起き抜けにお茶を一口飲んで「あ〜あ」とため息のようなものを吐くのだが、若いころは何も吐かなかったような気がする。いつのころからか「あ〜」と吐くようになり五十を過ぎて気が付くと「あ〜あ」。「あ〜」の後にもう一つ「あ」が付くようになった。この「あ〜あ」はひとしきり動いた後に出る「あ〜あ」、湯船に浸かった時の「あ〜あ」と同類のもので、多少の疲労感から解放された時の吐息であろう。だが起き抜けにお茶を一口飲んだ後に出る「あ〜あ」を単なる疲労感からの解放と片付けてしまっていいものかどうか。睡眠をとって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/22 15:13
複雑やな
 御園自治会の会長はやらなきゃならないだろうなという覚悟はあった。まさか校区自治会の会長までやることになるとは想定していなかった。現時点で自治会会長として4月の確定スケジュールは17日もある。自治会のスケジュールもきついものがあるが、その隙間を縫って警備の仕事をすることを考えるとどこまで体が耐えられるか心配になる。35度を超える日陰の無い夏の駐車場、1度2度で北風のビュンビュン吹く冬の駐車場で6時間立ちっぱなしはやっぱり辛い。収入もせいぜい5〜6万程度、下手をすると2〜3万。一年後を想像すると恐... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/19 11:30
濁しっぱなしやないかい!
七股池の柳の木に新芽が吹いてきた。雑木林も新緑の時期を迎える。 桜の花が満開になるころにはコナラも芽を吹き始める。 桜の花とコナラの淡い緑が重なった数日間が七股池一番の見ごろ。 下池の対岸の雑木が一部真っ白になってる。 飛ぶ鳥跡を濁さずというけど、鵜は雑木をウンコで真っ白に汚しやがる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/15 17:42
ものがいっぱいなので
ものがいっぱいなので  早めに布団に入っても3時過ぎまで全く眠れない。結局6時とか7時には目が覚めてしまう。睡眠3時間が普通になってしまっている。しんどいかなと思うと意外にそうでもない。慣れてしまうとこんなものかと思う。でもやっぱり6時間くらいぐっすりと眠りたい。  独り暮らしの我が家には溢れるほどの物が溜まっている。身辺整理をしておかなきゃいけないと思うがなかなかできずにいる。時間があるとき程だらけてしまって何もしなくなるもの。今年は自治会役員などで忙しくなる。忙しいついでに少しずつ身辺整理もやっていこうと思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/10 17:50
目の前にあるのに
 昼間のポカポカ陽気は3月に入ったばかりとは思えないほどだ。家から集会所までの道すがら、先日久しぶりに降った雨で、浚渫で半ば干上がっていた七股池は茶色に濁ってはいるが、満々と水を湛え雑木林の輪郭を反射している。これだけ陽気のいい日が続くと、コナラは芽吹き、桜のつぼみも膨らみ花の一つや二つ咲かせているんじゃないかと目を凝らして見てしまうが、こればかりはさすがにあと3週間くらいは先の話になりそうだ。  集会所の玄関先には河津桜が満開のはずだが、私は今年まだ見ていない。集会所への出入りは例年よりも多... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/05 07:47
後はその時のこと
 これまで強盗や放火、殴り込みなどの被害に遭ったこともなく、まあおおむね平和というか平穏というか何事もなく無事に日々を暮らしていた。が、想定外の事態が起こるということはあるもの。昔から「 一寸先は闇」とか「人間万事塞翁が馬」なんて言葉がある。まったくその通りで、ここ十数年、できるだけ他人との付き合いを避け、仕事と散歩以外に他行などということをしてこなかった。終日家にいて脳みそに花を咲かすか、気が向けば日曜大工ペンキ塗りで庭に出るくらいのもの。必要に迫られて人と会って話をするとき、それが町中のどこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/25 12:32
学習能力
学習能力  もう2月も末になると春の足音が聞こえてくる。穏やかな朝を迎えた。久しぶりに自転車で散歩がてら大清水のスーパーまで買い物に行ってきた。とっても気持ちの良い散歩だと思ったが途中で体が冷えてしまって帰宅後に風邪薬と胃薬と栄養ドリンクを飲み、とりあえずひどい状態にはならなかったが、穏やかな気候だからと言ってこの時期はまだあまり調子に乗らない方がよさそうだ。ということをなんだか去年も思った気がする。だから来年も同じことを繰り返すような気がする。  隙間風の吹き抜ける脳みそ。学習能力なんとかならんもんか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/23 13:41
迷い人
迷い人  制服姿で巡回していると道を尋ねられることはよくあるが。「ちょっと道に迷ってしまって、〇〇というところへ行きたいんですけど、ご存じありませんか」と、40代半ばくらいの女性が虚ろな目で聞いてきた。〇〇は巡回中、何の気なしに畑の向こうの民家の間、100メートル先くらいだろうか、視界に入ってくる看板で、介護施設のようだ。毎日視界に入ってきてはいるが、その看板、その施設に意識を寄せたことがないので、ただ漠然と看板が建っている記憶があるだけだ。たまたま今この女性から〇〇という施設の名が出てきたことで「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/15 08:26
気分転換にこんな話を書いてみた
 バイオリンを眺めてつくづく思うのは、やっぱ楽器って美しいな。古ければ古いほど美しい。弦楽器も、金管楽器も木管楽器も、古楽器というのは色合いや艶なんか少し褪せたりしてちょっと哀愁が帯びてきてそんな美しさがあったりする。スペインとかポルトガルの古い聖堂に置かれているパイプオルガンなんかも艶を失い埃を被り、音色も少々かすんだりしているところに妙な美しさを感じるもので、これは日本の楽器も同じ。正倉院宝物の螺鈿紫檀五弦琵琶など手入れの行き届いた楽器もそれはそれで逆に時の流れを感じさせない美しさがある。よ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/09 12:14
体調に気を付けて
体調に気を付けて  デッサン授業は、5日をもって今年度日程終了。まったくもって疲れた。4月からの自治会。まだ何も始まってもいないのに、町内では想像憶測ばかりが独り歩きしているようでなんともならん。こんなに狭い範囲でさえこうだからやっぱり集団というのはそういうもんなんだろう。手を挙げたのは私だ。挙げなければいつまでたっても決まらず場の空気が悪くなるばかり。腹を括るしかない。まあ「腹を括る」といえば聞こえはいい。  腹を括るには二通りある。一つは覚悟を決め、迎え撃つというか、能動的な腹を括る。もう一つは、こうな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/08 15:20
月がとっても赤いから
月がとっても赤いから  昨夜のスーパー・ブルー・ブラッドムーンとやらにしばし見惚れてしまい、体を冷やしてしまった。  蓼科の山荘では、朝日を受けた雪の白樺林が眩しい。多少の着膨れで はあるけれど、真っ白な息を吐きながらの散策は肌に射す冷気に目が覚める。吹き抜けの部屋で暖炉の炎を見つめつつ秘蔵のウィスキーを味わいながらブラームスの交響曲に耳を傾けたりとかしていると、きっといい絵が描けたり、いい文章が書けたりするのかな、などと想いながら、隙間風が吹き抜け、ストーブを焚いてもちっとも暖まらない杉山町の我が家で、4リッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/01 10:00
漠然として
漠然として  当たり前だが寒い。せっかくの休みだ。たまには自転車で散歩。気分転換にもなるし。と、いきたいところだが、外は冷たい北西の風がビュンビュン吹きまくっている。軒に当たる風切り音で外に出ようという気が削がれる。一度気を削がれると何もかも嫌気が射して、することがない。  築五十年の古い木造の我が家の居間はストーブを焚いてもちっとも暖まらない。薬缶がチチチと鳴り出すくらいになっても足元から体の芯にかけて冷え切ったままで椅子に座っているとゾクゾクと寒気が全く抜けないのでストーブの真ん前に座り込んで新聞のコ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/29 21:37

続きを見る

トップへ

月別リンク

ツイッター

石塚亮 よしなしごと 心の風景          /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる