アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
雑想 心の風景 言の葉並べ  Heartscape
ブログ紹介
Facebook
http://www.facebook.com/akira.isizuka.5

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
迷い人
迷い人  制服姿で巡回していると道を尋ねられることはよくあるが。「ちょっと道に迷ってしまって、〇〇というところへ行きたいんですけど、ご存じありませんか」と、40代半ばくらいの女性が虚ろな目で聞いてきた。〇〇は巡回中、何の気なしに畑の向こうの民家の間、100メートル先くらいだろうか、視界に入ってくる看板で、介護施設のようだ。毎日視界に入ってきてはいるが、その看板、その施設に意識を寄せたことがないので、ただ漠然と看板が建っている記憶があるだけだ。たまたま今この女性から〇〇という施設の名が出てきたことで「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/15 08:26
気分転換にこんな話を書いてみた
 バイオリンを眺めてつくづく思うのは、やっぱ楽器って美しいな。古ければ古いほど美しい。弦楽器も、金管楽器も木管楽器も、古楽器というのは色合いや艶なんか少し褪せたりしてちょっと哀愁が帯びてきてそんな美しさがあったりする。スペインとかポルトガルの古い聖堂に置かれているパイプオルガンなんかも艶を失い埃を被り、音色も少々かすんだりしているところに妙な美しさを感じるもので、これは日本の楽器も同じ。正倉院宝物の螺鈿紫檀五弦琵琶など手入れの行き届いた楽器もそれはそれで逆に時の流れを感じさせない美しさがある。よ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/09 12:14
体調に気を付けて
体調に気を付けて  デッサン授業は、5日をもって今年度日程終了。まったくもって疲れた。4月からの自治会。まだ何も始まってもいないのに、町内では想像憶測ばかりが独り歩きしているようでなんともならん。こんなに狭い範囲でさえこうだからやっぱり集団というのはそういうもんなんだろう。手を挙げたのは私だ。挙げなければいつまでたっても決まらず場の空気が悪くなるばかり。腹を括るしかない。まあ「腹を括る」といえば聞こえはいい。  腹を括るには二通りある。一つは覚悟を決め、迎え撃つというか、能動的な腹を括る。もう一つは、こうな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/08 15:20
月がとっても赤いから
月がとっても赤いから  昨夜のスーパー・ブルー・ブラッドムーンとやらにしばし見惚れてしまい、体を冷やしてしまった。  蓼科の山荘では、朝日を受けた雪の白樺林が眩しい。多少の着膨れで はあるけれど、真っ白な息を吐きながらの散策は肌に射す冷気に目が覚める。吹き抜けの部屋で暖炉の炎を見つめつつ秘蔵のウィスキーを味わいながらブラームスの交響曲に耳を傾けたりとかしていると、きっといい絵が描けたり、いい文章が書けたりするのかな、などと想いながら、隙間風が吹き抜け、ストーブを焚いてもちっとも暖まらない杉山町の我が家で、4リッ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/01 10:00
漠然として
漠然として  当たり前だが寒い。せっかくの休みだ。たまには自転車で散歩。気分転換にもなるし。と、いきたいところだが、外は冷たい北西の風がビュンビュン吹きまくっている。軒に当たる風切り音で外に出ようという気が削がれる。一度気を削がれると何もかも嫌気が射して、することがない。  築五十年の古い木造の我が家の居間はストーブを焚いてもちっとも暖まらない。薬缶がチチチと鳴り出すくらいになっても足元から体の芯にかけて冷え切ったままで椅子に座っているとゾクゾクと寒気が全く抜けないのでストーブの真ん前に座り込んで新聞のコ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/29 21:37
人道的に殺すって
 ロブスターや伊勢エビなどの甲殻類は痛みを感じる神経があることが解り、スイス他ヨーロッパ各国では人道的な調理の仕方をしなけりゃならないらしい。生きたまま煮沸するのは残酷だろ言うことらしい。動物愛護の精神が生きているということなのだろう。人道的なロブスターの殺し方は痛みを感じないようなツボがあるのかどうか知らないが、調理前に気絶させるか、即座に絶命させるかということが必要になってくるらしい。どうすればいいんだろう。よく切れるナイフで一気に、とか、電気ショックで殺すとか?簡単に言えばギロチンとか電気... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/28 22:36
麻痺してる
麻痺してる  ご無沙汰の更新。書こうと思えば書く時間くらいはある。いろいろ理由をつけて、忙しいからとか体調がどうたらとか言い訳をしながら、本当は面倒くさくて書かないだけである。一度怠けると、次の日、また次の日、と、怠け癖がついてしまい、そのうち本当に書けなくなってくる。怠けも大概にしておかなければならない。  それにしてもこの寒さ。東京では積雪で都市機能がマヒしているらしい。そしてインフルエンザが流行っている。パチンコ屋の駐車場で警備している。店内ではスタッフの間で感染を繰り返しているらしい。閉じられ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/25 21:10
手間暇かけて
 強烈な寒波が日本列島に居座っているとかで、朝、ゴミを出そうと玄関を開けると全面に氷の張った七股池の水際にカモが3羽こけつまろびつ歩いていた。  この寒さの中での立哨巡回である。すぐにぶり返す風邪に用心して防寒着で着膨れしている。御叱呼をするのに一苦労だ。  日本はモノ作りで豊かになった。手間暇かけて愛情込めて出来上がった製品は日本の誇りである。絵だってそうだ。評価は別として、心を込めて丁寧に手間暇かけて描き上げた作品には作者として愛着がわくものだ。手間暇かけただけの充足感に笑みがこぼれる。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/13 08:36
私の戯言に過ぎないけど
忘却は生命の維持システムであり、失敗を繰り返す足枷でもあるのかもしれない。  年を取ると理屈っぽくなって始末に悪い。年寄りの屁理屈は聞くに堪えないものだ。  世間体を繕ってモラルとか正義とか、そういうものが邪魔をして人間の本性を隠してしまう。平和ボケした人間が突然極限状態に置かれたとき、もっとも残酷な行動に走りそうで恐ろしい。  本気で戦争反対とか平和とかを考えようと思ったら、戦争という極限状態の中で人がどういう心理でどういう行動をとるのか、しっかりと検証をすべきだと思うがそれがされてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/12 21:45
記憶も感情も風化してこそ
記憶も感情も風化してこそ  久しぶりの連休、約一か月ぶり。ようやく雨が上がって窓に射した薄日で部屋が明るくなったと思ったらそれもつかの間、自転車で散歩したかったがこの天気。一粒でも雨に当たったら台無しだ。 - - - - -  父が死んで2年後に母の死。以来一人で暮らすようになって何年たったのか。10年を過ぎるとその当時の記憶はだいぶ薄れてくる。  父の介護に11年。後半の辛かった5年の記憶は父の死直後から曖昧のまま。県道で倒れていた父を見つけて大急ぎで車の荷台に積んでそのまま病院へ連れて行ったこと。来る日も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 10:33
午後3時で残照と呼ぶには、ちと早い気がするが
午後3時で残照と呼ぶには、ちと早い気がするが  昨日はまあとにかく冷たかったのなんのって。豊川市内ではみぞれが降ったり止んだりして、合羽着て傘さして立哨巡回しているうちに手袋まで濡らしてしまった。下着3枚に上はコートを重ね、着膨れした上に合羽も着てるからまともに動けない。ときどき南の空にわずかに残った雲間から薄日が差すと灰色の輪郭をぼんやりと浮き上がらせた本宮山。  上空の雲の動きが速く、北西、北、南西、吹く風の向きが変わる。陽が傾くのは早く3時過ぎ、鈍色の雲は所々残照に染まりオレンジ色やら紫色やらが民家のガラス窓に反射していたが、次... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/28 09:30
千鳥足
千鳥足  ちょっと体の調子が悪かったので早めに布団に入り、ウトウトしかけたところで酔っ払いの声で目が覚めてしまった。2人か3人か4人か、はっきりわからない。互いに通じているのか、いないのか、呂律の回らない会話でいったい何を言っているのか分からないがかなりご機嫌な様子。足音もおぼつかないほどだから相当に酔っているらしい。  布団の中で聞こえた感じだが、もうほとんど酩酊に状態ではないかと思う。回らない呂律に噛み合わない会話はお互いに言いたいことを言っているだけで、話の間がどこにあるのか分からない。会話... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/22 20:21
ああ、もうっ!
ああ、もうっ!  とうとう次年度の自治会の役が回ってきた。確かに60歳過ぎて金が無いなどと言っても誰も信じないだろうなと思う。ただ呑気に独り暮らしをしているようにしか見えないだろう。高齢化が進み、役員のなり手が無い上に、奉仕という意識が根強く残る自治会だ。そこに住んでいる以上は順番が回ってくればやらなければならない。  勤め人にとっては勤務先、会社からのプレッシャーをかけられるのは当然。地元を取るか仕事を取るか、給料を払っている以上は仕事を優先しろと言われるのも当然だろう。正社員なら有給休暇を使う手がある... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/16 09:24
ラニーニャとか
ラニーニャとか  勤務先では本宮山がかなり迫って見える。その手前には里山の稜線が連なっている。里山の木々は針葉樹や常緑広葉樹、落葉広葉樹、種々雑多で新緑の季節はとてもきれいだ。巡回中に春の日差しを受けながら、ふと里山に目を向けたときに飛び込んでくる様々な若葉の色が気分を和ませてくれる。  12月中盤になっていよいよ冬本番を思わせる寒さだ。ラニーニャか何ーニャかナニか知らんが、そんなこんなで今冬は厳しい寒さが長く続くかもしれんと天気予報で言っていた。冷たい西風の吹く駐車場を着膨れした格好で鼻水を啜りながらの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/14 18:22
どういうわけか
どういうわけか  純粋に自転車散歩だけを目的としての自転車散歩。カメラを担いでちょっと気になる風景をパチリとか、ついでに今晩のおかずを買ってとか、「ついでに」的なオプションもつけることなく純粋に自転車散歩。何の生産性もない行為であり今どきの世の中「無駄」は忌み嫌われがちになるが、考えてみれば何と贅沢な事かと思う。  今日は「ついでにおかずを買って」というオプション付きの自転車散歩だった。北西の風を正面から受けながら頬を伝って後方に飛んでいく鼻水。いやー冬だね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 14:15
蜘蛛の最期
蜘蛛の最期  軒と植木の間に張られた蜘蛛の巣に気付いてどうしようかとしばらく眺めた。この時期、巣のど真ん中で絶命している蜘蛛をよく見る。台風に堪え、蜘蛛同志との競争に勝ち残り、ここまで生き延びてきた。  蜘蛛は産卵の後その場で命を終えるのが普通なのか、巣に戻って最期を迎えるのが普通なのか、蜘蛛の生態を知らないが12月の寒風吹きすさぶ軒先に張られた巣のど真ん中で絶命している蜘蛛の最期は、やっぱり自分で作った立派な巣のど真ん中で迎えたのだと思うと何かしら寂光のようなものが射してくる。玄関の軒だから目障りで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/09 09:19
もうお金払っちゃったし
もうお金払っちゃったし  ガリガリ騒音を立てて煩い冷蔵庫。変な負荷がかかって私の留守中に火事にでもなったらいかんと、泣く泣く買い替えることにして一昨日家電量販店でお金を払って次の月曜日に設置する手続きを整えて家に帰ると、冷蔵庫のファンが回っていないのかどうかわからないが、ガリガリ音が鳴らなくなっていた。これは一体どういうことなんだろう。ファンを回すモーターが完全に壊れて動かなくなったのか、勝手に直ってしまったのか。もし後者だとしたら6万5千円の出費は・・・。これ以上考えるのはやめておいた方が良さそうな気がする。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/06 09:05
気を取り直して
気を取り直して  気付けば我が家の満天星躑躅(どうだんつつじ)が真っ赤に紅葉していた。真っ赤というより赤錆が吹いたような赤。七股池のクヌギや桜も大方葉が散り、僅かに残った葉で貧相な姿になってしまっている。新芽が出るときは一斉に芽吹くが、散るときはまとまりなく散るので思いっきりが悪くて寂しげで貧相である。  先週、高師緑地では藍色の松林の陰を背景に国道際の銀杏が鮮やかな黄葉を見せていた。今週はどうだろう。日一日と色は変わり次々と葉が散っている。新緑と紅葉は目まぐるしく変化する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/04 16:55
揮発して爆発する
 炎暑を避けず冱寒(ごかん)を厭(いと)わず、雨を冒(おか)し風を劈(つんざ)いて、ひとたび起(た)たば千里もまた遠しとせざるの慨(がい)を以って、なんかよく判らんがそんなような気持ち。  千円でも2千円でも、とにかく少しでも浮かそうと節約しているそばから、あれが壊れた、これが足りないと、お金は揮発性があるらしい。  両親ともに元気だったころから使っていた3ドアの冷蔵庫が壊れて、もう独りになったからと、一回り小さなサイズの2ドアのものを購入したのがおよそ5年前。最近、庫内の冷気を循環させるフ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/01 21:11
よう寝た方かもしれない
 「あ〜、よう寝たー」と爽やかに目覚めることがない代わりに、悪夢にうなされて目覚めるという朝の迎え方をする事も普段あまりない。大概尿意で目覚め、多少不機嫌気味ああるが、年齢が年齢だから仕方がないと言い聞かせつつの目覚めである。時々今日が何日なのか目覚まし時計の日付で確認しないと分らない時もある。  風邪をひいて胃腸の調子が良くないうえに、一昨日の夕方から膝の痛みと肩の重みに悩まされている。肩の重みは珍しい。母の時がそうだったのだが肩の重みで狭心症が判明することがある。私の場合はそうでもなさそう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/30 09:23
11月の第三木曜日
 ぶどう酒と呼んだりワインと呼んだり。すっかり日本人の生活に馴染んできた感がある。フランスやイタリア。ヨーロッパが主な生産地として私は認識していたが、今では日本、中国、アメリカ、オセアニア、南米、世界中のあっちこっちでワインは作られている。チリ、アルゼンチンやオーストラリアでの生産は年々増大しているらしい。難しいことは判らないが、関税の高い安いなど国家間との取り決めなどいろいろ複雑なものがあるみたいだが、ま、とにかくおいしいワインを安く買うことができれば生活に馴染んでくるのも当然だ。日本ではフラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/27 19:22
いちょうが不調
 庭、玄関周りの雑草が見苦しいのでなんとかせにゃいかん。と思っていたが、なかなか何とかするまでに至らず、気がつくと朝晩の冷え込みがこたえる季節になってしまい、ますますなんとかする気力が出ないまま、せめて玄関だけでもと、鼻水を啜りながら45ℓ一袋分の草は毟った。その際にどういう訳か黄葉もとっくに過ぎ、白茶にまで退色したイチョウの葉が落ちていた。この辺りで銀杏の木など生えていないのに。七股池の雑木林にも銀杏の木は無い。第一、台風でもない限り東側にある七股池から我が家に落葉が飛んでくること... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/26 22:43
ガラスの靴ではないけれど
ガラスの靴ではないけれど  11月も後半に入り冷え込みが厳しくなってきた。知原(ちはら)の高台や田原の蔵王山展望台からは南アルプスの白い山の姿が鮮明に浮き上がる。  歩き回っていないと寒くていられない巡回の歩数も2万を超える。そんな時に店から呼び出され、大急ぎで店内に入り、用事を済ませて巡回に戻ったところで軍手の片方がない。呼び出し前後のドサクサで落としてしまったらしい。当然だが、呼び出しを受けたら速やかに店内へ向かわなければならない。モタモタしていてはいけない。でも年寄りだからモタモタする自覚があるだけに必要以上... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/22 09:55
どう受け取るかなんだけど
どう受け取るかなんだけど  「子供に注意」。路地で見かけた看板だ。ドライバーに向けて立てられたものだということは充分に承知しているが、昼間、人気の少ない路地を歩いているところに「子供に注意」と書かれた看板を見ると「やだ、カツアゲでもされるのかな」などと、変な想像が働いて戦慄が走ったりする。  何年前だったか「おやじ狩り」という言葉が頻繁に飛び交う時期があった。今「おやじ狩り」という言葉を耳にすることはなくなったが、やっぱりオヤジ狩りは起こっている。ただ対象がオヤジだけにとどまらず、性別年齢に関係なく、満遍なく、平等... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/19 09:14
興味のない人にはつまらない話
興味のない人にはつまらない話  ベートーベンの交響曲第六番「田園」をネットで聴き比べた。1953年録音のカラヤンとフィルハーモニア管弦楽団、カール・ベームとウィーンフィルハーモニー管弦楽団、ブルーノ・ワルターとコロンビア交響楽団、フランツ・コンヴィチュニーとゲヴァントハウス管弦楽団(モノラル)。  私が初めて自分の小遣いで買ったレコードが「田園」だった。中学2年か3年か、その頃だった。音楽の授業で「田園」全曲を鑑賞。初めて聞いた「田園」という曲に流れる暖かさに心を揺さぶられた。初めて買ったレコードがLPである。価格は8... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/18 08:25
ドバドバ流れる
ドバドバ流れる  どっどど どどうど どどうど どどう と鼻水の勢いがすさまじい。顔の下半分はナイアガラの滝のような大瀑布だ。と書くと大袈裟過ぎるが、阿寺の七滝くらいの勢いはあるような気がする。仕方なく鼻炎の薬を服用するが効くまで2時間以上かかってしまった。  雨上がりに吹く風は体に堪える。背中に受けた風で鼻水生産ラインの稼働が始まる。陽が沈んでからの冷え込みで体の芯まで冷えてしまった。おかげで風邪をひいてしまったらしい。クシャミ、鼻水、腰痛、口内炎に加えて左膝にまで痛みが出てきた。今日、明日と久しぶりの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 10:39
カップ酒コップ酒
カップ酒コップ酒  冷蔵庫の奥の隅っこでワンカップ大関が一個眠っていた。随分前にもらったものだ。数週間とか数か月という生易しいものではない。数年は経っているはずだ。独り暮らしの家にある冷蔵庫だ。冷凍室と冷蔵室に分かれているだけのサイズである。この程度の空間に、数年という単位で人目に触れられることなく、気にも留められることなく、独り寂しく、狭い部屋の片隅でひっそりと暮らしていたのかと思うと切なくなる。同じ独り暮らしとして同情の念を禁じ得ない。彼女(いつの間にか彼女になっている)をそうさせたのはほかならぬ私である... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/13 09:29
ぺったんこ
ぺったんこ  玄関前でゴキブリに遭遇。こんな時期だからゼンマイ仕掛けのおもちゃ並みのぎこちない動きだ。夏場のデリカシーの無いゴキブリとは全く別の生き物のようで哀れさが滲む。道路の真中でよちよち歩く弱々しいゴキブリを見るといつもの殺意は失せ、変な仏心が湧いてくるが、だからといってこれを放っておくと越冬して来年の夏に後悔することにもなりかねない。殺すか、見過ごすか、鬼心と仏心との葛藤がある。  殺すか見過ごすか躊躇しているうちに軽自動車が通りかかりゴキブリはぺったんこになっていた。あっという間のぺったんこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/12 08:13
つかまるのはいいが
つかまるのはいいが  ここ4,5日、体の調子が良かったが、今朝になって腰痛で目が覚めた。そして昼近くになってクシャミ鼻水が出始めた。少し寒かったので風邪でも引いたかなと思ったが、いつもの風邪とはパターンが違う。熱も無ければ胃痛もない。風邪で腰が痛くなるのはこじらせた時だ。今回はたまたま腰痛が出て、たまたま鼻炎が出ただけかもしれない。  クシャミをするときはできるだけ腰を下ろし、机でも窓枠でも、立哨中であれば柵でもいい。しっかりとつかまっていないとクシャミの衝撃で腰に激痛が走るので気を付けなければならない。とに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/10 21:55
お笑い草にもならない
お笑い草にもならない  ちょっとした不幸があればこその笑いではあるが、巷では嘲笑ばかりが目立ち、嫌な感じがする。やっぱりどこかでボケが無きゃ笑った後の爽快感がない。このボケは辞書にある様に 「間抜けな言動」 や 「しらばくれる」 「とぼける」 なんだけど。  嘲笑の後はどうしても引き攣ったようなエグ味が残る。世間でいうところのいじめの笑いだよね。こういうのが増えている。テレビで笑いに対する品性だとか問われてBPO云々されるけど、そんなに目くじらを立てるほどのものかな?と思う。netや世間一般の中で蔓延している嘲... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/09 09:45

続きを見る

トップへ

月別リンク

ツイッター

雑想 心の風景 言の葉並べ  Heartscape/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる