テーマ:原爆忌

8月6日

「黒く煮えたぎったタールのようだった」 エノラ・ゲイの搭乗員の一人、バンカーク氏が目撃したヒロシマ。 正義は剣を抜くことではないことは解っているが、当時米国にとっては原爆は早期終戦を実現するために抜いた正義の剣だった。 エノラ・ゲイ搭乗員、最後の生存者バンカーク氏は前月に93歳で逝った。 彼は「戦争も原爆も何も解決しない。核…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more