テーマ:戯言

さぼり気味

1日で10万、2日で20万、3日で30万、10日で100万。 この数字を見ているとなんだか財産が増えていくような満ち足りた気分になってしまうが、20歳過ぎると1日で10万個ずつ脳細胞が死滅していく数字だ。ああ勘違い。貯金と脳細胞は日ごとに減少していく。 齢六十を過ぎ、すでに14億6千万個もの脳細胞が死滅したことになる。これだけの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新品

8号Landscapeサイズ、スケッチブックを3冊購入。新品のスケッチブックの封を開け、一枚目の白い画面に一本目の線を引くのには勇気がいる。まっさらの白い紙をこれから汚していくわけだ。決して高価というわけではないスケッチブックでも、最初の線を入れようとするときの緊張感は何年起っても変わらない。 そのくせ、酒瓶の封を開けるときは何の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しかったあの頃・・・

青春時代は失恋の涙で枕を濡らしたものだが、齢六十を過ぎた今、ヨダレ鼻水で枕を濡らす春の朝。薄墨を流したような春の空に呼応するように泥水を流したような頭の中。 歳をとって目が利かなくなり、手元もおぼつかなくなる。今日はチャーハンでも作ろうかとスライスハムを指先で剥がそうとコジコジするがなかなかうまく剥がれず途中で破れてしまい上手く剥…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

とんちんかん

歳をとると頭が固くなり、咄嗟の判断、応用が利かなくなる。いわゆる融通の利かない頭になる。加えて体も思うように動かせなくなり、やることなすこと思うようにならず、イライラカリカリ年がら年中機嫌が悪い。 心身ともに働きが悪く、結局他人に当たり散らすようになる。「我慢」という精神的耐久力もなくなってきているので、後先を考えず、少しでも気に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風邪がなかなか治らない

今朝から三河では、この時期特有の強い西風が吹き少し寒い。 金曜日、体調が良くなったと思っていたら、夜辺りからだんだんと調子が悪くなり、早めに布団に入ったが、息苦しさと胃のムカツキでなかなか寝付かれず、翌朝も今一つ調子が上がらない。 土日は仕事である。大丈夫かなとちょっと心配だが、体を動かせないほど悪いわけではないので、昨日食べき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚れちまった悲しみに、みたいな

長い事オッサンをやっているうちに、身も心もすっかり汚れちまった。 汚れちまった悲しみに今日も小雪も降りかかる。みたいな。 汚れちまった悲しみに今日も風さえ吹きすぎる。てきな。 汚れちまった悲しみになすところもなく日は暮れる。ってかんじで。 ただでさえ歳をとって頭も体も緩んでいるところに春眠暁を覚えずの状況が加わる。緩み具…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まじすか

数日前から続いていた下腹部の違和感。 今朝、激しい痛みに耐えられず医者に診せる。 膨らんだ腹。どうにも耐えられない痛み。 「なんでもっと早く来なかったんだ。臨月やぞ」。 分娩台に乗せられ、いきんだところで目が覚めた。 どうしてだ 誰の子だったんだろう。 ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アップかダウンか

一昨年、パソコンをvistaからwindows9に買い替えた。vistaにはペイントショッププロ9がプリインストールされていて画像修正など、使い勝手が良かったのだが、windows9に買い替えたときに、その機能が使えなくなりwindows10にバージョンアップした途端に一切使えなくなってしまった。今年、しかたなくペイントショッププロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よぎってしまうのだ

仕事柄、車のナンバーを見ることが多い。 どうも変なクセがついてしまった。 春日部ナンバーを見て、クサカベ、スカラベ、キモサベという順に言葉がよぎる。カスカベの後にクサカベ、スカラベくらいまではゴロで出てきてもいいと思うが、キモサベとなるとちょっと無理があるような気がしないこともないが、そうでもないような気がしないでもない。ここま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶯はまだ鳴かない

毎年、この時期になると七股池から響くウグイスの声に春の訪れが間近であることを感じるのだが、今年はまだ聞かない。日の出前からカラスの声がうるさかったが日が昇ると野鳥の声が賑やかになってきた。  - - - - - - - - - -  旅行先でダチョウの牧場を見学して来たという知人。 ダチョウには捨てるところがないらしい。見学の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんとかせにゃいかん。とは思っているが

今、思う。 今のうちに庭の手入れなどをしておいた方が後々楽になることは重々承知している。夏は繁茂する雑草で、「蚊に喰われるからなんとかしろ」と、幽霊からもクレームが来そうなくらい放置状態を続けたが、季節が巡り冬になるとその雑草の勢いもなくなり、葉と葉の間に隙間が目立ち、「まだ放っておいてもいいかな」と怠けてしまい。春が来る頃にはす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小津安二郎監督の東京物語を少しでも覗き見してみると、日本語の美しさに感動する。 下町言葉も方言も今と変わらなく使われていたけれど、確かに美しい日本語が満ち溢れていたなと子供の頃の身の周りの人達を思うと、ある。 ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どよよ~ん

元気なような気もするが疲れているような気もする。 頭の中にお花畑が広がりチョウチョがひらひら飛び交っている。生まれてから60年間、そんな状態が続いているが、ここ数日、これにマル虫がはい回る様になりわけの分からんことになっている。 脳味噌の中が緩くなっているので体の方も緩くなっていろいろな穴も開き、口まで開きっぱなしになって、ヨダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湿気る

雨降りの日と晴れの日と、ほど良いバランスで交互にやってきている。 私個人としてはもう少し晴れの日が多い方がなにかと都合がいいのだが、なかなかそううまい具合にはいかないようだ。 休みのたびに雨降りが重なり、自転車散歩できない。洗濯も部屋干しでエアコンのお世話にならないといけない。仕事でも合羽を着たり脱いだり面倒だ。 こんな日が3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だんしゃりできないな

断捨離が流行っている。私はよく知らなかったのだが、どうやら身辺を整理し、無駄なものを置かない生活をすることらしい。 昔、20歳の頃、やはり同じようなのが流行ったことがあった。その時はシンプルライフと言っていた。 断捨離よりシンプルライフと言った方が耳触りがいい。 我が家は、ゴチャゴチャといろいろなモノがある。独りで住んでいるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうこんな時間かと思ったら

この時期になると、昼と夕方の区別がつかなくなることがある。 しばらくの間考え事をしていたりして、ふと窓の外を見たときに、夕方の陽が射しこんでくる。 「もうそんな時間か」と時計を見ると昼の12時だったりする。 夏と違って昼でも日が傾いているせいで景色の中の影や赤味を帯びた陽射しのせいである。 この時、気を抜くと静かに、いつの間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

・・・っぽい

あくまで遊びだからね。真に受けないでね。 他に書くことが無いから適当に話を作ってるだけだからね。 ・ ・ ・ ①普通 a生地の薄い長袖では少し寒さを覚える朝方、色づき始めた桜並木の遊歩道に吹く風が、茶や橙に染まった落ち葉を吹き溜まりに集めていた。 bいくつもの小さな集団で、さっそうと次々に通り過ぎていく高校生たちの半袖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これといって他に話題がないから

文章っつうのは面白い。言葉の配置を変えるとどうなるか試してみた。  - - - - - - - - - -  ①長袖を着ていても、生地の薄いものでは少し寒さを覚える朝方に吹く風が、色付き始めた桜並木の遊歩道にも、茶や橙に染まった落ち葉を吹き溜まりに集めるような陽気になっていた。 半袖の白いカッターシャツが眩しい、いくつもの高校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二日続けて更新無しは寂しいので

今日、明日と朝から立哨。帰宅ナウで少々疲れている。 だからといって2日間ブログの更新なしではちと寂しいので巡回しながら何を書こうか考えていた。 長袖を着ていても、生地の薄いものでは少し寒さを覚える朝方に吹く風が、色付き始めた桜並木の遊歩道にも、茶や橙に染まった落ち葉を吹き溜まりに集めるような陽気になっていた。 半袖の白いカッタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くどくどくどくど

歳を取っていろいろシマリがなくなり、物を喰っても口からポロリとこぼれ落ちたり、茶やコーヒーを飲んでいても、口元からだらしなく垂らしてしまったり、という話を以前書いたと思うが、なにしろ歳を取っていろいろシマリがなくなり、頭の働きも鈍くなって記憶力というもののシマリまでなくなり、見たこと、聞いたこと、した事が記憶のスキマから漏れ出てしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実はカラスの声だった

なんだか子供たちの声がうるさい。強烈な夢うつつから抜けられないまましばらくギャーギャー煩い子供たちの声を聞いているうちにギャーギャーがジャージャーに変わり、気付いたら子供たちの声はカラスの声に変わっていた。毎晩遅くまで飲み過ぎ、不摂生しているとしか思えない早朝のカラスの声はジャージャーとうるさい。悪いことは言わん、イソジンでもなんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第三の男

なにか問題が起こると、第三者委員会というのが出てきて、誰に責任があるかみたいなことを、一応、形の上で、明確にしているが、結局そこまで止まりで、なんだかんだでお茶を濁され、忘れられてしまう。 新国立競技場問題でも、第三者委員会というのが「文部大臣にも責任がある」という結論付けをしたが、きっとその先は、のらりくらり時間が経つのを待って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記憶遺産

ユネスコの記憶遺産として、日本からは杉原千畝さんの記録した「命のビザ」、上野(こうずけ)三碑の2件が候補に選ばれたそうだ。 ユネスコ記憶遺産というのがあったなんて知らなかった。「命のビザ」発給の話は有名だが、上野三碑は知らない。 新聞記事によると、群馬県高崎市にある日本最古と言われる石碑だそうで、中国や朝鮮半島の文化を反映した7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快挙

日本のラグビーチームが快挙で話題になっている。しかも世界の強豪国からも絶賛されているらしい。ニュース映像や新聞紙面に大写しされた選手たちの躍動感あふれる姿や笑顔は「よくわからんけど、すごいことをしたんだな」と、ラグビーを知らないまま見ている私もつられて笑顔になっていたりする。長野オリンピックでたまたま初めて見たモーグル競技で、里谷多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民の声の一つだとさ

各新聞による安保法案に関する世論調査の落とし穴。 産経では、法案に賛成が50パーセントを上まり、読売、朝日や毎日などは反対が50パーセントを上まる結果。 ある程度予想していたが読売だけは予想外。読売、産経は法案に賛成の論調。朝日、毎日、東京(中日) 、は反対の論調。読者はそれぞれ新聞の論調を良しとする人たちが読者になるから各新聞社が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金か銀

柳生川の対岸にある高等学校から威勢のいい生徒たちの声を聞きながらの巡回。日曜日だというのに仕事場に到着した7時半頃、既に元気のいい生徒たちの声があたりに響き渡っていた。テニスの部活らしい。パコパコとボールを打つ音が混じる。明るく乾いた空気のおかげもあるのかいつも織り強く響いている。 まさにスポーツの季節だ。将来ある若者たちの生き生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自虐はナルシズム

9月とは思えないほどの寒さで5時30分に目が覚め、寝ぼけ眼で渋茶をすすっていると花火の音。八幡社の祭りは今日だったのかな。10月だとばっかり思っていたが・・・ 今日は秋の社日(しゃにち)といって、自分が生まれた土地の神様にお参りする日だそうだ。私は埼玉県川口市生まれだからそこまで行かなきゃならない。無理だ。  - - - - -…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時代がついてこない・・・

「法案が成立し、時間が経ていく中で間違いなく、(国民の)理解は広がっていく」とか言う安倍さんの冥言!! とうとうこんなことまで言い出しちゃったよ。 「俺の芸術は、時間が経ていく中で間違いなく、(一般人の)理解は広がっていく」という私の思い!!! 時代が追いついてこないんだねwww 私も強行採決しようかな。 後世に丸投げすり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千金に値

半袖でいると寒さを覚える。汗だくになるよりましだが。 やっぱり野菜が高騰している。キャベツが一玉250円。  - - - この季節になると酒を飲みながら、青春を懐かしみ、老いを悲しむ。悲しみつつ、このひと時の酔こそが千金に値することが分かるのは老いたればこそでもあるのだ。 とかなんとか言って、安酒だけれど、飲む理由には十分にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なければ補う

しばらくの間(2週間くらい)、そこそこ体調のいい日が続いていたが、4日前の朝、目が覚めトイレに行こうと体を起こそうとしたら腰に激痛が走った。立ち上がるのに、両手を膝について「アラドッコイショ」的なリズムでゆっくりと立たなければならないほど腰が痛かった。現在もなお、多少和らいできてはいるが、まだ予断を許さない状況にある。引き続き緊張感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more