テーマ:戯言

ふとんがくさい

布団を干すととてもいい気分で寝られるが、この布団、20年近く使用しているので、変な匂いがする。 目が覚め、洗面所で顔を洗っていると布団の匂いが漂っている。布団の匂いが寝ているうちに染み付いてしまったのだ。 この布団のせいで私の体臭がきつくなってしまう。布団の匂いのせいで・・・。 しかしよく考えてみると布団の匂いは私の体から出た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これといった被害はなくてよかったが

一昨日、午前中に直撃した台風18号は、風よりもたくさんの雨を降らせた。 隣近所に被害があったかどうか知らんが、我が家は、お勝手の窓に、取り込み忘れた簾が風にあおられ、近所のバカ犬がした雲古の上に泥まみれになって落ちていて、触る気になれず、まだそのままの状態で放置してある。 どうしたものかと少々困っている。 この簾をどうしようと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こりゃ直撃っぽいな

現在(午前8時)、台風18号は豊橋に一番近い位置にある模様。このあと直撃するかもしれん。 風が吹き荒れ、雨が叩きつけるように降っていて外はうるさい。さっきからバケツか何かが風で辺りを転がりまわっている音が聞こえる。どこの家のバケツだろう。もしかしてうちのバケツかもしれん。数年前に台風後、道路にたらいが転がっていたのを見かけ、どこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホットで・・・

喫茶店に入ってきた大学生風の若者に違和感を覚えた。 今どきの若者達は、ファミレスとか、そう云う所に行くものだと思っていたので、意外な光景だ。 40年前、50年前なら、ジャズの流れる薄暗い喫茶店で、ムツカシイ顔をしながらコーヒーを飲む大学生の姿は当たり前のようにあった。 テーブルには冷めたコーヒーとハイライトの吸い殻が山のように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偉業だ、偉業っ!!

何日か雨降りの日が続き、久しぶりに日差しが戻り、爽やかな風が吹き抜ける朝。 こんな時は気分が高揚する。なにか内から漲るものがある。 60年生きてきて、これまでの自分を振り返ると、いろいろやらかしたが、成し遂げたことがあったか? たくさんやらかしはしたが、何一つ成し遂げたものなどないではないか。このままではいかんと思う。男として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

備えあっても憂いだらけ

土砂降りで、運河の水位上昇を心配しているところへ、市の広報が地震の避難訓練の放送をしていたという悪口を9月1日に書いた。防災意識としては、実際のところ、みんなどの程度持っているのだろう。 いろいろなメディアが各自防災意識に対するアンケートを行なっているが、おおかた、あまり備えていないという回答が、4割以上を超えていたという結果に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘れ物はしないように

仕事場に到着すると、いつものように家から持ってきた面白い記事はないかと新聞に目を通したあと、巡回の準備を始めると、ユニフォームが無いことに気付く。今から家へ取りに行ったのでは間に合わない。これはどうにもならないことが判っていながら、あるはずのない車の中をまさぐり始める。こんなことがあるのかと思うが、なんと後部座席に冬服が。分厚い生地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じめ~

マジ秋の長雨~!! この湿気た空気は秋雨というよりも梅雨の様相。なんだか気候が迷走を始めたようだ。チョロQに乗った某五輪組織委員会みたいだ。 知らない街の路地をさまよう旅人のような気分に似ているのか。あるいは、ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防災の日だからって・・・

9月1日は防災の日ってことになっている。 昨日から降り続く雨は断続的な土砂降りに、水かさを増した柳生運河は時々警戒水域にまで達するかどうかのところを行ったり来たりで、消防車が時々見回ったりしている状況の中、昼12時の時報と同時に、市の広報が地震避難訓練の放送を流していた。 典型的な形骸化と申しましょうか・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔はよかった・・・

ソーメンを喰うのに薬味が必要ということでスーパーに寄ったら、ミョウガが無かったので刻みネギを買ったところ、全然香りが無くてがっかり。やっぱり面倒がらずにネギは自分で刻んだ方がいいね。猛省している。  - - - - - - - - - -  「昔はよかった」などと、年寄りの昔話はたいだい美化されるので、どこまで信用していいのか分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑の戻り

寒の戻りとか、三寒四温なんてのがあるが、暑の戻りとか三暑四涼というのはない。そのかわり、残暑なんてものがあり、どうも具合が悪い、夏は。 台風が去った後くらいのものか。はっきりとBefore Afterの違いが感じられるのは。 なんか、ぼんやりと暑さが抜けていき、気がついたら秋になっていたとか、下手をすると秋だと気付かないまま、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風一過

昨日の台風は昼頃、九州、山口から日本海にぬけ、愛知県は直撃されずに済んだが、夕方からの吹き返しの風は、網戸が勝手に開いてしまうほど強く、夜になると気温は急激に下がり、薄い夏布団一枚では寒くて寝られず、毛布を一枚重ねてようやく寝付かれたがよくわからない変な夢ばかり見た。 久しぶりの3連休は、何もしないまま時間ばかりが過ぎたようなもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

役務(えきむ)

好意を受けるとき、本当に恐縮してしまうほど有難いとは思う。私のようなものにという気持ちから、勿体ないことであるとさえ思う。 本当は有難いことだけしてくれて、してくれなくてもいいことまではしてくれなくてもいいのだが、好意というものは有難いと思う事に付随して、してくれなくてもいい行為も含まれる場合が多く、これが難儀で、結局、好意はいら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間らしくやりたいナ

「人間らしくなりたいナ」自分らしくやりたいナ。 じりゅに飲まれることなく、自分流に飲む姿を見せたアンクルトリス。 アンクルの生き方が今での新鮮に映る。 サントリーウィスキーのコマーシャルは面白かった。 雨と子犬を情感たっぷりに移したり、マーラーの交響曲を使ったり、アンクルが悪戯一杯の笑顔でニヤリと白い歯を見せたり。 単なる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の出来事

台風の影響か、ただ息をしているだけで汗が噴き出てくる。こういう時には自転車で散歩。なんて気にもならない。 喫茶店で一服。さすがに今日は店内にエアコンが効いていた。店内では、これといって何かブログのネタになるような出来事も何もなかったので、精文館に寄って以前から気になっていた本を買おうと手に取ったものの消費税込み1,512円は高いと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スキマだらけ

雨が降ったおかげで少し涼しい。また、このお湿りで、心も体も潤いを取り戻すことができた。あとは財布の中で続いている日照りを何とかできないものかと思うが、それはなかなか難しいみたいだ。 巡回中、視線を動かすと目が回り、ふらつくことがあったりするのは先週とあまり変わらないので気をつけたい。頭の中も相変わらずスカスカの状態が続いている。脳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たわごと

今度こそ本当にまとまった雨。昨夜から雨が降り続き、明け方、一時遠くで雷の音も聞こえるくらいの土砂降りで、明日まで雨の予報。空気はちょっと湿気ているが、おかげで猛暑は中休み。ついでに私の頭はいつでも中休み。いつでも中休みということは、これはもはや中休みではなく、全休。倒産。どこかのシャッター街。休耕田。 仕事にお盆休みはないが、頭の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お盆には納豆めし

盆も正月も関係なく仕事。仕方がない。 昨夜は町内の盆踊り。みんなに会いたかったが結局仕事終わりでフラフラ。顔を出す余力すら残っていなかった。 帰宅するとそのまま吸い込まれるように椅子に直行。しばらくボーッとしているうちに飯を食うのもシャワーで汗を流すのも面倒になり、全く動こうという意識が抜けてしまった。息をするのがやっと。一時間…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ばったもん

何日ぶりだろうか。梅雨明け以来のまとまった雨が、未明から降り出したようで、連日の猛暑からは解放されるかのように思われたが、昼を過ぎると、ぼんやりと空が青くなり蒸気が充満した巷に差す陽の光が、白銀の粉を撒いたように乱反射し、どこを見ても眩しくて目が開けていられなくなる。向山公園からのセミの声もアブラゼミから熊銭にとって代わり、再び猛暑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more