テーマ:つぶやき

制作中

朝から制作したり選択したり、布団干したり、いろいろ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事前に一仕事

足指に水ぶくれができてしまって、痛い。 いろいろ思う事があるが、今は頭の中が整理できていないので文章にまとめられない。 今日は仕事に行く前に少しキャンバスと睨めっこしようと思う。 ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くどくどくどくど

歳を取っていろいろシマリがなくなり、物を喰っても口からポロリとこぼれ落ちたり、茶やコーヒーを飲んでいても、口元からだらしなく垂らしてしまったり、という話を以前書いたと思うが、なにしろ歳を取っていろいろシマリがなくなり、頭の働きも鈍くなって記憶力というもののシマリまでなくなり、見たこと、聞いたこと、した事が記憶のスキマから漏れ出てしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実はカラスの声だった

なんだか子供たちの声がうるさい。強烈な夢うつつから抜けられないまましばらくギャーギャー煩い子供たちの声を聞いているうちにギャーギャーがジャージャーに変わり、気付いたら子供たちの声はカラスの声に変わっていた。毎晩遅くまで飲み過ぎ、不摂生しているとしか思えない早朝のカラスの声はジャージャーとうるさい。悪いことは言わん、イソジンでもなんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼんやり

一週間ばかり天気の良い日が続いたが、昨日は朝から雲が低く垂れ、次第に細かな雨が降り出したせいで、少し霞がかかり、風景はいつもより遠ざかって見えた。 街並みは灰色に、公園の木々は緑色の塊に、輪郭だけを浮き上がらせて、いつもこだまする鳥の声も、ぽつんぽつんとそれぞれが遠い一点から呟くように、響き合うことのない孤独な声と言うか、少し寂し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よくあることだ

先週の年明け最初のデッサン授業。 緊張をほぐすために、いつもの喫茶店へ向かうが、そこへ行くまでに、よくぶつかる薬屋の看板がある。 今日はぶつからないようにと、看板に意識を集中させて歩いていると、手前の交差点の段差で躓(つまづ)いてしまった。 そのせいで足首をくじいてしまったが、大したことはなさそうだ。看板に顔をぶつけるよりはま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運動不足脱却せにゃいかんのだが

休憩中、体をほぐそうといろいろ柔軟体操しているが、体力不足は補えない。 休みの日、たまには自転車で散歩なんてのもいいが、三河に吹く鈴鹿おろしを正面から受けながら漕ぐのは嫌だ。 手近なところで、町内の散歩も悪くはないが、杉山町の田園を吹き抜ける鈴鹿おろしを正面から受けながら歩くのは嫌だ。 里山歩きもいいが、ガソリン代がもったいな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眩しい

白内障が少しずつ進行しているのか、日の光がまぶしい。 まだ急ぐ必要はないかもしれんが、辛くなってきたら眼科へ行かにゃあならんかもしれん。 眼科の待ち時間は殺人的だからいやだな。 どの眼科がいいんだろ。 医者は信用できん。 あ、そういえば去年辺りからあまり胃痛に悩まされることが少なくなったな。 センブjリ飲み続けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結局ぽりぽりできず

 * * * * *  昨日、スーパーで買い物をした。三が日に食料品の買い物をしないための買い溜めだ。 キムチとかキャベツとか、鳥の胸肉(安いからね)とか玉ねぎとかジャガイモとか・・・ 帰宅して一服しながら 「あ、らっきょ」 また買うのを忘れた。 ラッキョを買うつもりで買い物に出かけて、ついでにと思って手に取ったものを買…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愚痴しか出ない

膝が痛くなったり腰が痛くなったり、日替わりであっちこっちの関節が痛くなる。一か所かばうと別の個所に無理がかかり、先に痛めた個所が治まる頃、無理をかけていた箇所が痛くなるという、当たり前と言えば当たり前の話だが、時々二カ所同時に痛くなることがある。こういう時はもう大変。巡回が辛くて辛くて、車に戻って体を休めようとシートに腰掛けるが、重…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

灰色の空気

昨日、免許証の更新をしに行ってきたが、なんでだろう。オジサンばっかり。 隣のオッサンが臭いのなんの。私より若いのに加齢臭を噴出させて。 毒ガスでもまかれたように息も苦しくなり。その場にいることがとても苦痛。だが、死んだ気になって並んだのだ。 とても疲れた。 それにしてもどうしてオジサンばっかりなんだ。おばさんが2人と若い女性…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なんにもしない

爽やかとも、凛ともしない、生温い朝を迎えている。 ただ鼻水だけは人並み以上に垂れてくる。 空気も体もいろいろと湿気ている。 今年もあと10日で終わる。 全く時間が経つのは早い。 今年もいろいろあったが、これと言って記憶に残るほどのことはなかった。 あえて残っている記憶と言えば、痔デビュー。 感慨も何もない。 一体何を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疲れているので

天気が続かない。 暗い朝を迎えている。 寒いというよりさぶい。 冷たいというよりつべたい。 指先のアカギレが痛い。 ちょっと疲れている。 疲れているので何も思い浮かばない。 これから仕事。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洗い物が大変

休みになると、嫌がらせのように雨が降りやがる。  * * * * * *  昨日はカレーを作った。 お勝手の水道は湯が出ないので、冬場の炊事はつらい。 湯沸かし器が壊れて3年、冬にカレーを作った後に鍋を洗うのが大変。 へばりついた油汚ればなかなか取れない。こういう時は風呂場までもっていってシャワーの湯で洗わなければならない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日はカレーを作る

カレーを作りたい。簡単に市販のルーで作るのが一番いい。 「本場のカレーを食いに行こう」と、連れられてインド料理屋のカレーを喰わされた時の、ちっとも美味くなささとか、友人の手作りグリーンカレーの味のつまらなさとか。他人を介して食ったカレーに美味いと思ったことが一度もない。 みんな本気で思っているのかどうかわからないがそういうカレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乾燥注意報

両手親指の先がひび割れて痛い。 数日前、身も心も懐も隙間風が吹いていると書いた。 加えて、身も心も懐も潤いが無くなっていている。 指先のひび割れが痛い。 気持ちの潤いが無くなっている。 いろいろ摩擦を起こしてはバチバチと火花が散る。 隙間風が吹けば乾燥する。潤いもなくなる。 このエネルギーを利用して大根でも渋柿でもスル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2度あることは3度あるらしい

前回は夏。前々回は確か冬だったと思う。 通りを歩いていて看板にぶつかる。 3回目。 しかも同じ場所の同じ看板。 しかもしかも3回とも、よそ見していたわけではないのに、ちゃんと看板が見えていたのに。 打ち身ねんざの薬の看板だ。 頭に来たので打ち身ねんざの薬は買わなかった。 が、ぶつけたところが痛い。 ついでに心も痛い。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひとりごと

不思議なもので、どん底と思えるような状態に置かれていても必ず「笑い」の瞬間はある。どこかで自ら「笑い」を作り出そうとする。 「笑い」を取り戻したいという願望、欲求が、きっと人間には本能に組み込まれているのかもしれない。 深い悲しみに暮れていても、そこから笑いを作り出そうとする。一時的にでも悲しみから抜け出すための願望からくる笑い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとこと

朝からいろいろあって何も頭に浮かばない。 まだいろいろやらなきゃならないから何も書けない。 おわり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謝罪

街ですれ違いざまに女子高校生がぶつかってきた。 携帯をいじりながら前方から歩いてくる姿を見て、こいつぶつかって来そうだなとは思ったが、避ける間もなくやっぱりぶつかってきた。 「どこ見て歩いてんだよっ!」くらいのことを言ってやりたかったが、ぶつかった直後の彼女の態度に、私の怒りは慈悲へと変貌したのだった。 ぶつかったと同時に「は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

色づき始め

七股池の雑木が色づいてきている。 池の周りを囲む遊歩道沿いには桜やコナラが赤味を増し、古くからある堤に立ちひしめく雑木の中にナナカマドが鮮やかな紅色の葉に付いた朝露に陽が射し、輝いているのを見ると、この時期の奥三河の山々が恋しくなる。 針葉樹ばかりになってしまった三河の山々だが、市内の石巻山や新城の鳳来寺山、設楽の段戸山裏谷辺り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お気に入り

高価なものではないが、形、大きさ、使い勝手の良さで、お気に入りの急須がある。 母が亡くなり、独り暮らしになってからは、これ以外の急須を全く使ったことがない。 そのお気に入りの急須のフタを割ってしまった。 朝、薄暗いお勝手で茶を入れていたら、手が滑ってフタを落としてしまった。まっぷたつだ。 歳を取っていろいろなものを毎日ぶつけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボケーッとしているうちに

ぼんやりとイメージは浮かんでいるが、これがいつまでたってもぼんやりとしたままで、そこからの展開がない。 熟すのを待っていると、気づかないうちに腐ってポトリと落ちてしまう機。 まあ、ほとんどこうして機を逸しながら生きてきたのかもしれん。 まずいな。今更気づいても遅いけど。 と、口をあけながらボケーッと考えてみる。 これから仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一過でひんやり

台風18号が去り、今日は台風一過の晴天予報だが、今のところ黒い雲間に青空が時々覗く程度でひんやりとして静かな朝を迎えている。日が高くなる頃には青空が広がりそうな気配。明日明後日は連休で洗濯物が溜まっているので好天が続いてくれると助かる。 19号が控えているとか。週末には影響が出るかもという。 最近の台風は怖い。大雨で山間部の土砂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

接近中

朝から雨。とても静かに降っている。 風が吹き出すのはいつごろからだろう。 18号と似た新炉で19号が控えている。 二つ連続で来られたらたまらないな。 これから仕事だし、あまりザーザー降られてもねぇ。 ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つぶやき

台風が近づいてきているらしい。 台風の影響で昨日から蒸し暑い。 どうしようか、今雨戸を閉めるのは早すぎるか。 半分だけ閉めておくことにする。中途半端。 何事も中途半端が多い五十代最後の年。 ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様の思し召し

広小路の歩車分離式の信号に変わってから、信号待ちせずに青で渡ったのは初めてである。 どういうタイミングか、ここではいつも赤で立ち止まらされる。私にとって鬼門ともいえる信号である。 だからといってこれで何か特別に悪いことが起きたかというと、そうでもないのだが。全体的に私の人生にめでたいことが起きないのはこの信号のせいではないかと密…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弱い者ほど差別したがる

白杖を持った人(視覚障害者)に対する嫌がらせが多発しているという。 すれ違いざまに杖に躓いたとして言いがかりを付けたり、罵声を浴びせたり、杖を蹴り飛ばして転ばせたり、殴ったり蹴ったりする。悪質なユスリタカリである。若い女性の視覚障害者に至っては体を触られたりすることもあるという。盲導犬に対しての悪戯も後を絶たないらしい。 視覚障…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高等か下等か

御嶽山の噴火で、怪我人多数。死者も出た。 本当に突然の噴火だったんだ。 やっぱり自然の猛威を予知する技術を持つことはできないのかもしれない。  * * * * *  昨日はそっち、今日はこっち、明日はあっちと、日替わりでどこかが痛くなる。 どこかが痛むたびに「やばい、病気になったかもしれん、もはやこれまでか・・・」と、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more