テーマ:独り言

泥だらけの小路

 ベートーヴェンは、深い思いを胸にハイリゲンシュタットの小路を散歩する日々を送ったという。私も今、絵を描いていることだし、七股池を散歩してみたが、どうも具合が悪い。考えてみたら私には深く思うものが無かったのだ。それにこないだの台風で遊歩道が泥だらけになって、所々ぬかるんでいたり、乾いて土が風に舞ったりして、歩くには相当足先に神経を集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨が降って季節は変わる

 雨が降って秋が来た。いつの間にか始まっていた稲刈り。七股池の桜や楢の木が色づいてきている。土曜日の夜は肌寒さを感じるほど気温が下がった。タオルケットと薄手の毛布だけでは足りず、掛け布団を引っ張り出して寝た。  一昨日は、およそ二週間ぶりに自転車散歩。体調不良が長引いたが最悪の状態を過ぎ少しずつ飯も食えるようになってきた。昔は片思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜の香り漂う・・・

 巡回中に檜のいい香りが漂うときがある。県道を挟んだ向かいに小さな製材所があり、そこからの香りだ。小さな製材所だから一日中機械が回っているわけではない。工場の窓の隙間から見える送材車の動きに合わせ丸太を挽く軽快な切削音と共に漂う香りがたまらない。  夏の昼下がり、うだる暑さの中で檜の香りのお陰で、ほんの一瞬ではあるけれど、沈殿した血液…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つぶやき 独り言

 物理の世界で作用反作用があるのと同様に精神的にも作用反作用があるようで、戦後のcoolでドライな社会が80年も続いてきたところでカラカラに乾いて弾力が足りなくなってきた。ここらで少しばかりお湿りが欲しいところ。釣り竿のしなりみたいに負荷を逃がす作用が必要になってきている気がする。  子供のころから空想したり想像したりしていろいろなこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コケるとやばい

 歳を取ると全てにおいて緩慢になるのは仕方のないこととして納得というか、諦めるよりない。朝目が覚めてから夜寝るまで(そしてきっと眠っている間でも)、やることなすこと全ての流れが緩い。  杉山町には高齢者が多い。  路地の突き当りを曲がると前方に何かが道を塞いでいる。両側に民家が建ち並び、普通車がやっとすれ違える程度の道だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫が

秋雨前線の停滞で寒かろうが熱かろうがとにかく湿気が凄い。湿気と言えば梅雨だが今年の秋の長雨は梅雨以上に湿気ているようだ。生ごみなどは2~3日で変な羽虫が湧いてきて、常に私の頭の周りで飛び交って鬱陶しい。この頭の周りで飛び交っている羽虫は、ゴミ箱から湧いてきているのになぜ私の頭の周りでばかり飛び交うのか。 なんでだと思う? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すべる話

朝から雨降り。ザンザザンザとよう降るなぁ。 歳をとると目が利かなくなる。視力が衰えるばかりでなく、目を取り囲む筋肉の働きが悪くなることによって涙腺の機能も低下して涙の給排出も滞ってしまう。その結果、目やにも多くなり、汚れて濁った涙は瞬きするごとに飛散してメガネのレンズを汚す。 このレンズの汚れを拭き取るためにメガネケースに必ずク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風一過の爽やかな風

期待通りに朝から気持ちの良い風が吹き、この爽やかさにつられて自転車散歩。 快適に漕ぎまくっていたが、ほぼ10日ぶりに乗る自転車は登り坂に差し掛かったところで真正面から風を受け、思った以上にしんどい。多少の登り坂も立ち漕ぎでトップギヤを保つようにしているが、向かい風は登り坂よりもきついものがある。一生懸命に漕いでいるのに後ずさりして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しばらく食っていないカレーうどん

半年ぶりにデッサン授業。疲れた。汗だく、目がしょぼしょぼ。 教室には10人の学生。若いっていいな。 毎度のことながら第一回目は玉ねぎ。 本当に疲れた。頭が全く働かない。 有難いことに精文館で徒然草と方丈記の現代語訳(大友茫人編)、赤瀬川源平の老人力の2冊を購入。授業前に喫茶店でちょっと目を通してみたが面白そう。久しぶりに気持ちを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メンテナンス

自転車は長くて10年。5~7年が買い替え時だと言われている。これは使い方次第になると思うが、確かに私の愛車ハマーも7年ほどが経ち、どんなに油をさしてもサスペンションのあたりからキコキコと軋み音が消えない。数年前にリアタイヤのスポークが折れ、自転車店で修理してもらったが一度スポークが折れるとまた近くのスポークが折れてしまったりして結局…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

微動だに

車庫のシャッターを開けようと思ったら開かない。かなり古いので重く、前々から開けにくくなってきてはいたが、今日はガタッともピシッとも、微動だにしない。あまり踏ん張ると腰を痛めそうだなと思いながらも開けないと車も出せないし自転車も出せない。 フンッ! ともう一度踏ん張ってみたがやはり微動だにしない。 ゴミ出しに通りかかった近所のおば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きょうはゆっくり

この10日間は本当に辛かった。ある程度の覚悟はしていたが、やはり辛かった。途中、倒れてしまうんじゃないかと本気で心配したが、案外体の方は耐えてくれた。 たまった疲れで頭の中は呆けたようになってしまい、昨夜は居間で食後の一服しながら、焦点の合わない目で見るともなしにテレビを見ていると、生欠伸が二度三度。暑かった昼間を想い、網戸を抜け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耳元でコロコロ

久しぶりの更新だが、何も浮かばない。 耳の穴に侵入してきたコオロギがコロコロと鳴き続けてうるさい。次第に空っぽの頭の中の深いところに入り、コロコロ、コロコロ、頭の中心で鳴き続け、次第に声も姿も大きくなり動き回り始める。耳の内側から発したコオロギの声は部屋中に響きわたる様になり、うるさくてうるさくてイライラして「あーもう、うっせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

制作中

今日も一日描いていたので、ブログのことまで頭が回らない。 おわり
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

描いています。

朝から油絵の具と格闘。 おかげさまですっかり目がショボショボ。 だから今日はこれで終わり。 しばらくこういう格闘が続く
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

哀愁の七股池

陽が高くなるほどに西風が強く吹く一日となった。 昼前からずっとキャンバスを睨みつけていたが、一向に手が動かないので気晴らしに七股池を散歩。池の水は相変わらず濁っている。 朝、久しぶりに野鳥の声を聴いたが、午後4時を過ぎて聞こえてきたのは、時々突風交じりで吹く西風の音だけ。 傾いた陽を受け、褪せた緑のかたまりと、その陰とが勢力圏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これといって他に話題がないから

文章っつうのは面白い。言葉の配置を変えるとどうなるか試してみた。  - - - - - - - - - -  ①長袖を着ていても、生地の薄いものでは少し寒さを覚える朝方に吹く風が、色付き始めた桜並木の遊歩道にも、茶や橙に染まった落ち葉を吹き溜まりに集めるような陽気になっていた。 半袖の白いカッターシャツが眩しい、いくつもの高校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二日続けて更新無しは寂しいので

今日、明日と朝から立哨。帰宅ナウで少々疲れている。 だからといって2日間ブログの更新なしではちと寂しいので巡回しながら何を書こうか考えていた。 長袖を着ていても、生地の薄いものでは少し寒さを覚える朝方に吹く風が、色付き始めた桜並木の遊歩道にも、茶や橙に染まった落ち葉を吹き溜まりに集めるような陽気になっていた。 半袖の白いカッタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くどくどくどくど

歳を取っていろいろシマリがなくなり、物を喰っても口からポロリとこぼれ落ちたり、茶やコーヒーを飲んでいても、口元からだらしなく垂らしてしまったり、という話を以前書いたと思うが、なにしろ歳を取っていろいろシマリがなくなり、頭の働きも鈍くなって記憶力というもののシマリまでなくなり、見たこと、聞いたこと、した事が記憶のスキマから漏れ出てしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実はカラスの声だった

なんだか子供たちの声がうるさい。強烈な夢うつつから抜けられないまましばらくギャーギャー煩い子供たちの声を聞いているうちにギャーギャーがジャージャーに変わり、気付いたら子供たちの声はカラスの声に変わっていた。毎晩遅くまで飲み過ぎ、不摂生しているとしか思えない早朝のカラスの声はジャージャーとうるさい。悪いことは言わん、イソジンでもなんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目から脂

長時間画面と睨めっこしていると、夕方になって目ん玉がどろんとした粘液にまとわりつかれているような気がして、いつもは軽い頭も、どよよよよ~んと重くなってくる。 単純に疲れたからといって、そのまま寝てしまうと、翌朝、目覚めても昨日の残像が瞼の裏に焼き付いたまま消えず、目ん玉は粘液どころか脂ぎってしまって、視界に入ってくるものすべてが黄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きてりゃどうしてもなにかしら動かなきゃならない。でも、動かなくてもいいところで動いてしまっていることも多い。動くから腹が減る。 ナマケモノは一日に20時間眠るらしい。起きていてもほとんど動かない。動かないのでエネルギー消費も他の動物と比べると極端に少ない。一日に数枚の葉っぱを喰うだけで充分だそうだ。 羨ましい。 生きるってエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼんやり

一週間ばかり天気の良い日が続いたが、昨日は朝から雲が低く垂れ、次第に細かな雨が降り出したせいで、少し霞がかかり、風景はいつもより遠ざかって見えた。 街並みは灰色に、公園の木々は緑色の塊に、輪郭だけを浮き上がらせて、いつもこだまする鳥の声も、ぽつんぽつんとそれぞれが遠い一点から呟くように、響き合うことのない孤独な声と言うか、少し寂し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まく

今月は、いろいろ行事が目白押し。 節分では豆を撒ク行事、最近では全国的に喰うようになった恵方巻キ。 あっちこっちでいろいろなモノをマキまくっている 豊橋では鬼祭りがある。鬼祭りは 鬼がタンキリ飴を撒キ。 バレンタイン行事では、結果いかんで宿泊行事が付随し、場合によってはタネマキ行事もあるらしい。 2月の行事ではいろいろな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱き心もほどほどに

歳をとったら何事も、あまり熱くなり過ぎない方がいい。 過ぎたるは及ばざるがごとし、だ。 ぬるめの湯にゆっくり浸かる方が体のしんまで温まるのと同じように、何かをやるにしても、じっくり気持ちを温めながら行う方が長続きする。 熱中してもすぐに冷めたり、ヤケドしたりする。歳をとってからのヤケドは治りが遅い。 熱き心は若いうち。 い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

質が・・・

絵をちゃんと描かなきゃいけないのに、ブログのネタばかり考えている。 毎日毎日、無理して考えて、無理して書いている。 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるだろうと、回数だけは重ねるが、当りが出ない。 大量生産、質より量の時代はとっくに終わっているのに。 やっぱ中身でしょ。 あらゆることに興味を持って、広い視野でじっくり見つめなきゃ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眩しい

白内障が少しずつ進行しているのか、日の光がまぶしい。 まだ急ぐ必要はないかもしれんが、辛くなってきたら眼科へ行かにゃあならんかもしれん。 眼科の待ち時間は殺人的だからいやだな。 どの眼科がいいんだろ。 医者は信用できん。 あ、そういえば去年辺りからあまり胃痛に悩まされることが少なくなったな。 センブjリ飲み続けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空気が乾燥しているので咳が出る

北西の風が吹きすさぶ。雑木林がうなりをあげながら蠢いている。ちぎれた雲の流れが速く、薄暗い部屋の中も陽が射したり陰ったりして、スタンドの明かりを頼りに文庫本を開いているが、指先が悴(かじか)んで、頁をうまく捲(めく)れない。 咳が出る。 年末辺りから時々咳が出る。 熱が出ていてもいなくても突然咳をしたくなったりする。 風邪で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隙間風の吹く脳みそ

これから仕事なんで。 まだ熱が上がったり下がったりを繰り返している。 隙間風の吹く脳みそからは何も出てこないので、今日は何も書くことがない。 できれば毎日更新をしたいと思って頑張りたいけれど、脳味噌の中を吹く風は何も運んできてくれない。 ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついてるね

5時前に目が覚めた。小雨模様の朝。思ったほど寒くはない。 6時過ぎに家を出、7時前には仕事場に到着。店の周りを一回りし立哨を始める。気温は低いが風がないのでありがたい。 元旦は2時間の立哨から始まる。寒さ対策をしっかりやらないと後々苦しむことになる。 街の喧騒もなく、向山公園のカラスの声と、通りを走る車の音が時々聞こえるほかは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more