テーマ:絵画教室

昨日の作業

空気感をどう表現するか、頭の中でぼんやりとしたイメージがあるだけで、具体的な方法を模索しながらの作業が続いています。 この山門は特に苦心させられています。楽器を描いたときと同じような厄介者になるかもしれない。それだけに愛着もわきますが。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日は

4日ぶりくらいの晴天のおかげで自転車に乗り市街大手町の喫茶店「カフェ・バロック」で一服。偶然、店内に置いてあるチェンバロの調律シーンを目撃。ツイテいる。久しぶりに生で聴くチェンバロの音はやっぱりいい響き。調律の仕上げの段階で弦が一本切れてしまったらしいが、これもご愛嬌。それにしても弦が切れるなんてことがあるんだとちょっと驚き。ピアノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の作業

午前中に鉛筆でデッサンをし、午後から下塗り。 理想の形を探りながらのデッサンなのでどうしても時間はかかってしまします。 デッサンだけで二日がかりになってしまうことも珍しくありません。 しかし私にとって20号サイズは一番描きやすい面積。 ほぼ一日仕事だったが、あまり苦にならなかった。 今回の下塗りはキャンバスの地塗りが油性フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の作業

20号Fキャンバス作品に取り掛かろうとデッサンを始めましたがまったく進みませんでした。 今日も引き続きこの作品。下塗りまで持っていきたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の作業

引き続き加筆作業。 日本人が涙した日から3カ月。なかなか進まない政策ですが、一般市民は誇りを持って復興の役に立とうと気丈にふるまっている姿をあちこちで見ることができますね。 AKB48の選挙があったそうな。3回目だそうですが、ずいぶん盛り上がっていました。たまたま(いや意図的に)テレビで見ていたら一人ひとり順位が発表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく新作に取り掛かる

昨日、ようやく新作に取り掛かることにしました。 現在の最終目標は「山門」を描くことですが、その前にやっておかなければならないのがこのシリーズ。 この一ヶ月間で展開してきた表現方法を新作で生かすチャンス。 何枚かこの方法で試してみて「山門」につなげることができれば有難い。 昨日の作業では6号Fサイズのキャンバスに鉛筆でデッサン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の作業

午前中は市街の喫茶店へ一服しに(オイオイそんな余裕ねぇずら)行ったので作業は午後から。 10号F作品の加筆。一旦作り上げた形を壊している感もありますが…新しい形を模索中。 ここ20日くらいか、中断作品の加筆ばかり行っていますが、次の作品へのつながりの一環としておこなっているのもで、そろそろ新しい作品の準備も始めたいと思っています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の作業

コツコツと加筆を重ねています。あまり大きな変化は見られませんが、作業する方は迷いと緊張とわくわく感に浸っています。これが次の作品へとつながっていくのは確かです。 と自分に言い聞かせながら毎日作業を続けます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の作業

前ひつに引き続き「山門」の加筆。 30号Fサイズの面積なので進捗がわからないかもしれません。また、空以外の面全体に少しずつ加筆しています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の作業

一度形を作り上げたものを一旦壊したかたちになりました。 10日ほど前から行っている手直し作業に関連してこの作品も同様の作業をおこなってみようと試みています。 絵に限ったことではありませんが、自分のスタイルというものを必要としていますが、どうも私には一つのスタイルにとどまることができないので56年間のうち30年以上絵を描いています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の作業

山門(30号F)の続き 背景を中心に加筆。 背景と山門の関係がどうすればしっくりいくか、作業の50%は眺めているだけ。もうこれは昨日だけのことではなく、作業時間中以外でもずっと頭から離れない状態が続いています。 散々迷いながらもイメージがだんだんと固まってきてようやく具現できるようになってきたかな。 こんなことばかり繰り返し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の作業

フルートの加筆を中心に画面全体のまとまりを。 あとは乾燥させながら画面全体のバランスを見て修正点がなければサインを入れ直そうと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の作業

もういっちょ手直しの続き。 8号F作品の手直しは2日ほどかけ背景とバイオリン、フルートに加筆。 バイオリンと背景はこれでいいと思うがフルートをどうするかしばらく考え、次回に生かす予定。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた制作過程のラスト

今回は背景と建物が少し溶けあったような形で描いてみたかったので、いつもと違った感じの作品となりました。 キャンバス地を生かしたぼかしと壁の塗り重ねを重視して描いてみました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた制作過程a・bの続きの続きの続き

2日ほど乾燥させ、一昨日仕上げ作業に取り掛かりました。おもに建物の塗り重ね。 写真では解りませんが、建物の壁は下の層の色がかすかに透けて見えるように塗っています。 また2日ほど乾燥させた後、建物の基礎部分を描き込んで完成へ持っていく予定です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた制作過程a・bの続きの続き

細かい部分を描き足して2~3にち乾燥させます。 細かい部分とは建物の壁など薄く塗り重ねています。 不透明色の塗り重ねが多いのでアクリル用の平筆を多用して下の色の効果が損なわれないように 慎重に塗り重ねます。 背景も同様に薄く塗り重ねます。 後1~2回これを繰り返す予定。 どちらも4号Fサイズ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手直し

去年暮れから取り掛かっていて2月、制作途中でストップしていた作品の一つ 30号F「山門」の手直しを始めました。 今回は屋根瓦から どうしても単調になりがちな屋根瓦ですが、瓦の持つ美しいリズム感をより生かしたいと思うようになりました。 〝またまた制作過程"シリーズの制作を参考に 2~3日乾燥させ、瓦の仕上げや、背景…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた制作過程bの続き

作品a同様の描き方で色彩、構図を変えて制作中です。 STUDIO PORTRAIT 奈良美智の製作風景美術出版社ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これまた・・・bタイプの作品完成

仕上げで散々てこずりましたが、ようやく完成しました。 迷いが多かった分、得るものも多かったように思います。 フォルムが気に入っているからと言って同じ描き方で何枚も描くのはさすがに飽きてきます。 で、 あーでもない こーでもない と、いろいろと表現方法を模索していきます。 大きな変化はありませんが、少しずつ。それが積み重なって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の作業

昨日は「これまたシリーズ(なんだその名前は)」の細かいところをいじっていました。 なんだかこだわり過ぎかとも思いますが、どうしても気が済まなかったので… 前回との違いはほとんど解らないかもしれませんが。 作業後、いつものようにテレビを見ながら頭の中は半分、絵のことが気がかり。その時、今年1月まで描いていて制作途中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた制作過程b

教会風の建物のフォルムが気に入っているのでこのような建物ばかり描いているが、 だんだんと描き方(というか表現方法)に「飽き」が来たので、 しばらく別の表現方法を探りながら描いていこうと思っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた制作過程 昨日始まったばかりで間に合うかどうか???

昨日から4号キャンバスに2枚 制作を始めました。モティーフは前回と同じ。 だたし今回は表現方法を少し変えようと思っています。 まだやったことがないことなのでどうなるか分かりませんが、細部にこだわらない大きめなタッチで描いてみようと思っています。 このような描き方だと最初は小さな画面で描き始めるのがいいのかなと思い4号キャンバス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これまた制作過程bタイプの続きの続きの続きの続きの続きの続き・・・

昨日、ここまで進めました。 あとは画面全体がしっかりと出来ているか時間をかけて眺め、小規模な修正するなりして 完成へ。 数日置かないと修正点に気づかないことが多いので、安易にサインを入れると後悔することがあります。 田の作品の制作をしながらでもいいので、時間をかけてじっくり眺めることが大切です。 さて、次の制作にま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これまた制作過程の続きの続きの続きの続きの続き

二日ほど置いていろいろ眺めてやっぱり「なんか違う」ってことになり、180番の木工用サンドペーパーで表面を削りリカバリーの準備をします。 そのあと背景から細部に至るまで、丁寧に塗り重ねて行きます。 あまり制作途中で迷うのはいいことではありません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more