テーマ:蜘蛛の巣

蜘蛛の最期

 軒と植木の間に張られた蜘蛛の巣に気付いてどうしようかとしばらく眺めた。この時期、巣のど真ん中で絶命している蜘蛛をよく見る。台風に堪え、蜘蛛同志との競争に勝ち残り、ここまで生き延びてきた。  蜘蛛は産卵の後その場で命を終えるのが普通なのか、巣に戻って最期を迎えるのが普通なのか、蜘蛛の生態を知らないが12月の寒風吹きすさぶ軒先に張ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聞こえたんだけど

 久しぶりに七股池を散歩。季節外れに昼間が暑い。桜もコナラもすっかり緑は褪せ、すでに殆ど葉を散らせたものもある。集会所脇の河津桜に至っては先月末には丸坊主になっていた。  ちょっと肌寒いが気持ちのいい朝だった。陽を受けて輝く七股池だが誰もいない。いきなり叫び声のような、軋むような、判然しないものすごい反響を伴った一撃が響いた。びっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョロウグモ

 引っ掛かりそうでなかなか引っ掛からないのが蜘蛛の巣。仕事場の駐車場の一角が民家の裏に当たり、ちょっとした繁みになっている。そこには大小さまざまな蜘蛛の巣が張られている。ジョロウグモの巣ばかりだ。  何度も脱皮を繰り返し、育ちの早いものからまだ成長段階のものまで、それぞれの育ち具合によって張られている巣の規模に差がある。六畳一間共…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦いは永遠に続く

 狭い農道で自転車を漕いでいると、時々車が脇を通り過ぎる。自転車散歩は朝の通勤時間帯と重なることが多い。前から、後ろから、きっと混み合う幹線道路を避け農道に迂回してくる車が多いのではないかと思う。こういう時、自ら自転車を止め、車に先を譲ることにしている。これは信号のない交差点でも車に先を譲る様にしている。正直に言えば譲るというよりも、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more