テーマ:ユーモア

梅雨の晴れ間に枯れ木も山の賑わい

蒸し暑い昼間を避け、陽が傾きかけた頃、七股池の周りを散歩していると、生垣の向こうから聞こえてくる二人の老人の会話。 妙に甲高い声が夕空に染まりつつある七股池にこだまする。二人の声は良く通るが、いったい何を言っているのかさっぱり分からない。 二人とも歯がないのだろう。言葉が口の中にあいた大きな隙間から抜け出して、ひとりはフガフガと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続 真似できない

内田百閒の文学を「まったく人生の役に立たないことを知的に書いている」と、ある人が言っている。 私は内田百閒の作品を、百鬼園随筆、第一阿房列車、第二阿房列車、第三阿房列車の4冊しか読んだことがないので、えらそうに語る資格はない。 が、  まったく人生の役に立たない、どうでもいいことを知的に書く人だというのは、この4冊を読んだ限り、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

是か非か

バカな議員が程度の悪い野次を放ったことで、「議会に野次は必要ない」などという極端な意見があっちこっちで出ているが、それこそバカなことを言っちゃいかんぞ。 日本の議会にはユーモアが無さ過ぎると批判されているのにだ。「議会に野次は必要ない」などという短絡的な反応に呆れる。 審議が長引き、こう着状態になったときに、辛辣でユーモアたっぷ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「喫茶でエネルギー消費」

山門10号作品の続き。 おしゃれなオープンテラスのカフェというのが流行っています。 豊橋市街を歩いていても駅周辺にはときどきそういう店を見かけます。 若い人たちが利用しているようですが、 時には素敵な(頭の良さそうな)紳士も見かけます。 スターバックスとか有名店も市内に2店舗位あるらしい。 喫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「今日は何の日」の話

昨日の続き。 10月の第3日曜日は「孫の日」だって。 いつどうしてできたのか知らないけど。 「敬老の日」があるんだから「孫の日」があってもということか? 別にいいけど。 「父の日」とか「母の日」 「子供の日」もあるし。 孫の日→子どもの日→母の日・父の日→敬老の日 という順序で全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more