テーマ:至高

至高の「しばし」

6月だが、春宵一刻値千金とは良く言ったものだ。 昨日は仕事場に着いた途端雨が降り出した。合羽を着たり脱いだりの繰り返しで汗だくになったり冷えたり。 仕事を終え帰宅。溜息交じりに「やーれ、やれ」などと言いながら、膝から崩れるように椅子にドッカと座る瞬間の何とも言えぬ安心感。安堵感は捨てがたいものがある。8時間炎天下や雨中での巡回、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more