テーマ:アート

油絵制作過程そのⅢ

油絵制作もだいぶ形になってきました。 これは生徒作品ですが、今回はイチジクと背景を描き込みました。 イチジクを油絵で描くのは難しいことですが、よくここまで描けたなと思います。背景は前回の色の上に紫や白をこすりつけるように重ね、背景としての落ち着きを出すことができたと思います。 油絵制作が楽しくて仕方がないといった作業でした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

油絵制作過程その2

前回、花瓶とバックの色つけをしましたが、今回はイチジクとバック、そして花瓶の色を塗り重ねました。テレピンオイルの量を少しずつ減らし、固めの筆(豚毛)でこすりつけるように色を塗り重ねます。 ある程度塗り重ねた後、キャンバス全体を眺め、そんなことを繰り返しながら塗り重ねていきます。 花瓶がだんだんと花瓶らしくなってきます。 これは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

油絵制作過程その1

月曜日教室で油絵制作を始めた。 その制作過程を・・・ これは生徒作品。 初めて油絵の具というものを使った感触は楽しかったらしいです。 非常に興味を持って描いていました。 花瓶とイチジクの静物ですが、木炭デッサンの後、茶色の絵具で下塗り(デッサンを重ねます)し、バックと花瓶に色を付けました。色つけの前段階です。この上にまた色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

缶詰

せっかくの4連休だったのが雨続きのおかげで自宅に缶詰め状態でした。 晴れていれば空いた時間に自転車で散歩というのを楽しみにしていたのですが・・・残念 仕方がなくって言うのも変ですが、鉛筆で静物を描きました。 花瓶とアケビ1 花瓶の釉薬の質感にこだわってみたくて何枚か描いてみました。 光沢のある釉薬に反射した光や影が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メバル

メバルを描いているうちに「こりゃ、メバルというよりセイゴだな」と。でも、これはメバル。 誰が何といってもメバル!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無花果1

ちょっと疲れているので、コメントがまともに書けないです。 夏も終わり、秋になりました。イチジクの季節はとっくに過ぎています。季節はずれの絵になってしまいました。描いたのは8月の半ばだったと思います。何枚くらい描いたのか忘れましたが、ここにはあと一枚くらいは載せようかなと思っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「心の風景」ホームページ全面改装

「命の輝き・心の風景」絵画展 ホームページの全面改装が終了しました。 約9か月ぶりの更新になります。 パソコンの不調、 FrontPage から ホームページビルダーへの移行、ファイルの見直しなどでいろいろ手間取っておりました。 ようやく全面改装終了となりました。 まだまだファイル転送の不手際などもありますが、少しずつ充実したペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「中級水彩画の本」について

「中級水彩画の本」について 元上司であり、人生の先輩であり絵の最初の先生でもある静岡県三ヶ日町在住の水彩画家「上野博さん」んの書かれた本「中級水彩画」が出版された。2000部印刷されたそうだが好評につき増刷されるかも。日貿出版社から。2800円+税で販売されている。 詳しくはhttp://www.nichibou.co.jp/ 頼ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「中級水彩画の本」について

「中級水彩画の本」について 上野です、私の著書を紹介していただきありがとうございます。私自身まだまだ浅学の身ですが私が主催する水彩画教室のテキストになればと今まで学んできたことや経験を整理してみたものです。少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。 ご質問などございましたらどんどんご連絡ください。 よろしくお願いします。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中級水彩画の本

元上司であり、人生の先輩であり絵の最初の先生でもある静岡県三ヶ日町在住の水彩画家「上野博さん」んの書かれた本「中級水彩画」が出版された。2000部印刷されたそうだが好評につき増刷されるかも。日貿出版社から。2800円+税で販売されている。 詳しくはhttp://www.nichibou.co.jp/ 頼まれたわけではないが、宣伝させ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

杉山町知原付近

ここ2週間ほど風邪をこじらせ体調最悪。 ところで杉山町の風景をパノラマで描いてみたくなった。ということで紙探しもせにゃあいかんな。 それにしても体調最悪。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杉山町知原付近

知原(ちはら)付近はゆるい起伏に富んだ農地が広がっている。夏暑く、冬は空風が吹き寒いが春はいろいろな色が散らばってとても美しい風景が広がる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は暖かかったので

3箇所のスケッチをしてきた。 7時頃から2時間ほど2箇所スケッチし、一旦家に帰ってもう一箇所 シロさんの畑で枝の間引きの合間にスケッチ。いずれもボールペンで。 昨日の夜仕事で遅かったので睡眠不足。スケッチから帰った後、昼寝。夕方にシロさんの畑のスケッチに淡彩で色を付けてみた。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

樹木

新緑の季節になると樹木の木漏れ日が眩しくなってくる。 水彩とボールペンで新緑の樹木を描いてみた。 木漏れ日が表現できるようにしばらく練習をしてみようと思っている。 なかなか絵に集中する時間を設けることができないが、なんとか描く時間を確保する努力をしていきたい。 先月末からガソリンスタンドでアルバイトをしているが、勤務日程が頻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャベツ

どう見ても美味しそうではない。それもそのはず、成長し切れなかったキャベツ。紫色になってしまった葉は栄養状態があまりよくないらしい。しかし観賞するには悪くない。 久しぶりにアルシュ紙に描いた。やはりアルシュ紙は発色が抜群にいい。ただ値段が張る。私が使用しているのはある種子の中でも一番値段の安いものだがそれでも普段使用している水彩紙よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セイゴ

二尾百円でセイゴを買ってきた。スケッチした後、内臓を取り出し塩を振り干していたら突風で魚が落ちてしまい一匹野良猫に取られてしまった。絵に描いたような話である。さてこのセイゴ、火であぶった後、炊き込みご飯にでもしようと思っている。
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

もひとつ山門

あいも変わらず山門。お気に入りの山門風景を位置を変えて描きたいのだが、門の両脇に茂るソテツが邪魔をして全容を見ることができない。山門の構造をできるだけ正確に描きたいのでこの位置から描こうとすると一箇所から見ただけでは描くことができないのでポイントをいくつか代えながら描かなくてはならない。普通にスケッチするだけなら10分か15分で描けるも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たらの芽

まだ一月だというのに野菜売り場でたらの芽が出始めた。 元気のよさそうな形をしている。両手こぶしを突き上げて「う~っ、春が来るゾッ」と力いっぱい小さな体で語りかけてきている。 春が来たらまた町内のあちらこちらへ出かけてスケッチしたいものだ。 待ち遠しい春。早く来いよ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なお山門風景

今日は暖かく歩いてスケッチに行ってきた。 いつもの山門を別の位置から描きたくてポイントを探したが、なかなか山門の見えるポイントがない。雑木が茂りなかなか山門の全容が見えない。そんな中かろうじて落葉した気の隙間からのぞき見るポイントを探し出し、スケッチしてみた。 実際はこんなにはっきりと見えるところではないが、傍へ寄って山門を観察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだまだ宝林寺

まだまだ描く宝林寺山門。いったい何枚描いたのか。 左手小指の古傷の痛みを多少我慢しながら描くので一日一時間程度の現地スケッチだが、絵として少しずつ良くなってきてはいるような気がしないでもない。が、反面、思いっきりの良い色使いを忘れてしまっているような気もしないでもない。私には判らない。 ということでもう少し基本的なデッサンも必要…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more