テーマ:満員電車

入れ歯を鳴らすお爺さん

 もう何十年もの間満員電車には乗っていない。つり革につかまりながら、押されて、突かれて、揉まれて、踏まれて、隣に若い女性でもいれば痴漢に間違えられないように気を使って、あるいは体臭を発散させるおっさんが居ればその匂いに咽ながら、我慢の限界を彷徨うのは、あっちこっちネジが緩んで劣化した老体と、薄弱な神経の持ち主にとっては拷問でしかない。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more