テーマ:梅雨

梅雨の清涼感は気の持ちよう

https://note.com/heatrscape/n/n31947841e04f コーヒーカップを手に持つだけで何故か「どっこいしょ」と言ってしまう。 すっきりしない天気が続く。気持ちもすっきりしないからイライラしてあっちこっち蹴り飛ばしている。 雑草がボーボーに生い茂った庭の植木鉢を蹴り飛ばして、そのはずみで土が足にか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吹く風は湿っ気ていて

 あまり強烈ではないがモヤっとする日差しに、それに見合わず強烈な照り返しで、風のない駐車場を立哨していると時々意識が遠のいて空恐ろしい思いをしていたが夕方になり風が吹き始め、帰宅した後、玄関の前でふと見上げると流れる雲に、白く濁った朧月。台風でも来ているのかと思わせる空模様。湿気た風が一晩中吹き、夜中に降り込まれたらと、窓を閉めて布団に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨を詠む

 夜中に天井裏から聞こえる鼠の足音、床を這いまわるゴキブリの足音、七股池で鳴くウシガエル。素敵な音色と部屋に漂うカビの香りに包まれた夜の安らぎである。  ジメジメした爽やかな朝を迎える。湿気てベタベタした床をゆっくりと踏みしめ、便座に腰を下ろすと足元にはナメクジが這う。  梅雨は日本特有の季節である。生乾きの洗濯物を眺めながら目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇を衒っても所詮

 久しぶりの土砂降り。叩きつけるような雨の音で、歳のせいもあるけれど、5時前に目が覚めた。七股池からの鳥の声もカエルの声もなく、雨の音しか聞こえない。宇連ダムの貯水量もこれで多少なりとも上がってくれるといい。まだジメジメした感じはあまりないが、じっとしていると肌寒さを感じ、少し動くと汗ばんでしまうという厄介な状況だ。毎日床を雑巾がけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚い爺さんで悪かったな!

 晴天続きで梅雨入りしたのかどうか分からないが、雨降りの日は外で作業するよりも室内で絵を描いたり本を読む機会が増える。  若い頃は体力もあり意識も高く(私は低かったが)、何事にも行動的で見て聞いて触れて視野を広げてきた。それが気付いてみると還暦を過ぎ、体力の低下とともに行動範囲が狭くなり、付き合いの幅も視野も狭くなってくる。脆(も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どんより曇るが恵みの雨

 朝からどんより曇り空。街の散髪屋へ行ったついでに精文館で文庫本を一冊。3月に買った寺田寅彦の随筆集第一巻が面白かったので第二巻を購入。散髪屋へ行ったついでにと書いたが実はAKB選抜総選挙の投票を一度してみたかったのでCDを買うのが本当の目的。お金がないので、お約束の喫茶店での一服も我慢してCD2枚購入。晴れて選抜総選挙の有権者とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小雨降る路地に古楽器の音色

久しぶりに喫茶店でコーヒーでも。と、街中の路地を歩いていると、傘に当たる雨の音に混じってリュートの音色が聞こえてきた。バッハの曲だ。私が持っているCDと同じものだと思う。軒の低い、薄暗い路地で、小雨が降り注ぐ光景に、リュートの音色が重なる情景。リュートの音色と路地の佇まいが調和して、素通りしてしまうのは惜しいくらいの心地よさがあった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一夜明けて洗濯日和

地元の人たちは本宮山(789m)に雲がかかっているかどうかで雨が降るか降らないか判断しているらしい。 曇りがちの日が続く。豊川市内の仕事場に到着したとき本宮山はまだ見えていた。 一時間ほど経って、巡回中、ポツリ、ポツリと雨粒が落ちてきた。本宮山を見やると頂上のところだけ小さな雲のかたまりがへばりついていた。いよいよ降り出した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「つゆ」から感じる清涼感

今日は、緑のそよ風 いい日だね と歌いだしたくなるような、久しぶりに爽やかな朝。 2週間ぶりにシーツを洗濯。 布団も干そう。  - - - - - - - - - -  毎日毎日、すっきりしない天気が続く。仕事が休みの日に限って雨が降る(被害妄想)。 二週間自転車に乗っていなかった。運動不足とストレスが溜まって、ついでに欲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと一服

運河を伝ってきた潮の匂いが梅雨の湿気に混じり、むせかえるように凪いだ空気が充満していた朝の街は、次第に東の風が吹き出し、濃くかかっていた靄はかき消され、三河の山影が灰色の姿を現すとパラパラと雨が降り始める。 慌てて傘をさす人、小走りに通り過ぎる人達を眺めながら喫茶店でぼんやりとコーヒーをすする。 店内では黄色い光の下、緩やかに流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の長い晴れ間

梅雨入りしてからほとんど雨は降らず、昨日は終日、乾いた西風の吹く爽やかな一日だった。 こんな日に仕事をせにゃぁならんのか、と、思いながら駐車場の巡回するが、当然仕事に身が入らない。 時々、巡回の足を止め、外の景色を眺めては溜息をつく。 6月の強い陽を受けて、向山の雑木林の緑が、柳生運河の桜並木が、風に吹かれて芋虫のように蠢いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まとわりつく湿気と・・・

いよいよ梅雨の季節が迫ってきているなという実感。 爽やかと感じるのは布団から這い出してからトイレ、洗顔、湯を沸かす、部屋の窓を開けるところまで。この一連の作業を終え渋茶をすすりながら窓から入ってくる風を感じるとき、肌にまとわりつく湿気で、やっぱ梅雨だな。 湿気にまとわりつかれるのは仕方のないことだが、長年まとわりついている貧乏神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月の風

沖縄地方では梅雨入りしたらしい。 昨日豊橋は5月らしい乾いた風が吹き、時々薄雲がかかっていた。 気がつけば、生垣いっぱいに咲いていたツツジはだいぶ花を落とし、時々射す陽が、葉の色が濃く鳴った桜並木の遊歩道の影まで濃くしている。 巡回中、少し汗ばんでくる。足を止めると、背中に書いた汗を風が吹き取ってくれる。 少々の膝の痛みを我…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これから仕事、雨降るのかな。

***** この時期にしては珍しく七股池の木々が風にあおられている。 閉め忘れた掃き出しの窓から入った湿気で、なんか家中が蒸れた匂い。 水道の水を飲み干し、一杯800円もする水ってどんな味なんだろう、と考えてみるが年収二百万円にも満たない私には到底想像がつかない世界の話。 イケメンシェフの言葉の使い方が問題になっているが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早朝ラッシュ

***** 通勤ラッシュ、スクランブル交差点を急ぎ足で歩く。 みんなうつむいているのによくぶつからないなと思う。 早朝5時、玄関先の足元で繰り広げられているダンゴムシ達の活動。 虫嫌いな人はこの光景を見て背筋が凍ることだろう。 早起きは年寄りとダンゴムシ。 そして七股池では夜勤明けのウシガエルが、一匹だけ残業でまだ鳴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅の実黄ばむ

***** 朝5時過ぎ、目覚めると同時に聞こえてきたのは雨の音。 今日は-梅の実黄ばむ-七十二候二十七 この時期、梅雨真っ盛りに梅の実が熟す。 まさにこの言葉通り、色づいた梅の実が青果店で売られている。 ちょっと気取って三十一文字(みそひともじ)で渋くまとめたいところだが、痴性と恥性に駆逐された私の知性はもはや消滅寸前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あらら、もう6月に入っちゃってるんだ

昨日の話 朝の立哨中、町内会の人たちが柳生川一帯の清掃活動をおこなっていた。 この時期、ゴミゼロ活動が各地で行われている。 私は仕事で参加できなかったが先月、七股池周辺の草取り清掃が行われたばかりだ。 普段なかなか顔を合わせることのない御近所の人たちとの交流の一助にもなる。 (530)ゴミゼロ運動は豊橋市の天然記念物「葦毛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水たまりに足がはまる

大きな水たまりを飛び越えようとしたが、目測を誤って左足がはまってしまった。 …いや、目測を誤ったのではなく、跳躍力の問題かも。 何でもないような段差に躓いたり、またげるはずのところを跨ぎそこなったり、跳べるはずの高さで跳び越えられなかったり、あぁやだやだ、歳をとるって。 こういうトラブルに備え、玄関には足拭きタオルを常備するべ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

梅雨のはしり

仕事が終わり帰宅ナウ。 ***** 5月も後半に入り、年の半分を消化しようとしている。 梅雨の走りか、昼過ぎ辺りから雨が降り出す。 今週はぐずつきやすい天気が続くという予報が出ている。 空模様と相談しながら洗濯することになりそう。 梅雨が明けるまでの間は食べ物の作り置きは控えないと。 雨が続くと、暗い部屋の中、除湿をか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しっけてるなぁ

***** 九州では記録的な大雨が続いているらしい。 梅雨末期の症状か? 昨日から天気はぐずつき気味。 気温が高いわけではないのにちょっと動くだけで全身にヌルヌルとした汗が…。 このヌルヌルがとても気持ち悪い。 歳を取るとさらっとした汗が出にくくなってくるのだろうか。 やだねぇ。 ***** 部屋中が湿気てしまって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明けそうで明けないな

梅雨。梅雨入りが早かったので明けも早いかと思ったら、まだ明けない。 今日はアルバイトが休みなのと、押し入れの一番下にしまってある布団はやっぱりカビ臭かったので、少し薄日が差している今、せっかくの機会だから一枚干している最中。 13.14日と平成18年度の自治会仲間と温泉旅行の予定。楽しみです。行先は富山県の小川温泉というところ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏至

今日は夏至。 毎年のように夏至の日は梅雨の真っただ中で雨降りの日が多い。 気温がそれほど高くはないが、湿度が高く食べ物も腐りやすい。 そんなタイミングで機能冷蔵庫が壊れてしまった。 4月にテレビが壊れ、無い金はたいて地デジに変えたと思ったら、 今度は冷蔵庫ときたもんだ。 月々の収入が10万円ちょっとしかないのに、こんなありさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の晴れ間

今日は気持ちよく晴れ、こんな写真が撮れた。 頂き物の紫陽花。花瓶に挿してあるが、せっかくの晴れの日、陽の光に映える花を撮っておきたい。 いつも汚い顔の絵ばかり載せているのでたまにはきれいな画像も載せないとね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨真っ盛りの思い出

もう25年ほど前になるだろうか。 梅雨真っ盛りの時期に京都へ行ったことがある。 雨の中を「哲学の道」を歩いた。途中で喫茶店に寄り店内で流れていたBGMがチェンバロの曲だった。 これがこのあたりの風景によく似合うのである。京都にヨーロッパの古い音楽がよく似合う。 知恩院の山門をとおり、本堂の左脇を通ると笛の音が聞こえてきた。つられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨入り

早い。今年の梅雨入りは早い。今年は春から雨マークの日が多かった気がする。 洗濯物は乾かんし、家の中は暗いし。雨に降られると仕事先で必ず靴の中がぐしょぐしょに濡れる。 実に気分が悪い。 とはいえ雨もないと生きていけないのが我々生物。 しかたがない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more