テーマ:秋深し

秋の晴天 秋の雨天

 雨の音で目が覚めた。まだ辺りは暗いが、なんとなく夜が明けたような感覚がある。枕元のスタンドを点けて時計を見ると6時をまわったところだった。一旦トイレに行ってまた布団に潜り込む。今日は休みだし、この天気じゃ自転車散歩にも出られない。珍しくまだいくらでも眠れそうな気がする。まだ寝られるだけの体力が残っているが、起きるだけの体力はまだ充…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鮮やかな色の虹が出た

 立哨中、天気雨に遭う。陽が落ちかかった頃、これまで見た事のないくらい鮮やかな虹が出た。円弧を描くほど大きなものではないが北東の地上から短い色鮮やかな虹が起ち上がった。極細の雨滴が色の濃い虹を作っていたのだと思うが、とにかく見事な色だった。  駐車場に隣接する民家裏の茂みに無数に張られていたジョロウグモの巣が、たったの3つになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more