テーマ:雑想

萌え~

 独り呑み続けるうちにだんだん気持ちがよくなってきて「タハ、タノチイナ」とコペルニクス的転回が展開し、ナンセンスというセンスすら無くなってくる。翌朝の惨状は言うまでもない。前夜調子に乗ってしまったことを後悔する。よくあることだ。 ・  若い女性がダブダブのシャツを着る。こういうのを萌え袖などと言って、その姿に男たちはキュン死するらし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檜の香り漂う・・・

 巡回中に檜のいい香りが漂うときがある。県道を挟んだ向かいに小さな製材所があり、そこからの香りだ。小さな製材所だから一日中機械が回っているわけではない。工場の窓の隙間から見える送材車の動きに合わせ丸太を挽く軽快な切削音と共に漂う香りがたまらない。  夏の昼下がり、うだる暑さの中で檜の香りのお陰で、ほんの一瞬ではあるけれど、沈殿した血液…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旨味というものがねぇ

 曇り空にアブラゼミの声、ときどき薄日が差すとクマゼミが鳴き始める。東風が吹いていたが降りそうで降らない。こんな季節だからってんで巡回中こまめに水分補給をしても、飲んだそばから汗が吹き出し、駐車場を一回りすると頭から油を浴びたかのような有様になる。  帰宅すると上がり框に膝をパキパキ鳴らしながら座り込んで溜息をつく。靴を脱ぎ「さて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つぶやき 独り言

 物理の世界で作用反作用があるのと同様に精神的にも作用反作用があるようで、戦後のcoolでドライな社会が80年も続いてきたところでカラカラに乾いて弾力が足りなくなってきた。ここらで少しばかりお湿りが欲しいところ。釣り竿のしなりみたいに負荷を逃がす作用が必要になってきている気がする。  子供のころから空想したり想像したりしていろいろなこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝、ストレッチ効果が出た

 朝、目が覚めてもなかなか覚醒しない。視界もぼやけてしまって焦点が合わず。起動が遅い。真空管のテレビ並みというか、20年ぶりに電源を入れたウィンドウズ95というか。人も機械も古くなると起動が遅くなるのは仕方のないことではある。  しかしだ。何か月もの間悩まされていた腰、尻の筋の痛みから解放されつつある。かなり慎重にお尻の筋の伸ばし方を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雑把でもいいから枝払ってくれよ

 考えてみれば学校は夏休みに入ったんだ。7時過ぎに自転車散歩に出る。通学の時間帯だが、夏休みのおかげで生徒たちの自転車の群れに気を使わなくて済むのは有難い。緩く長い上り坂はいつもよりギアを重くして漕ぐ。大崎、植田、野依を経由する約20キロの道程がちょうどいい。県道2号線をキコキコ調子よく漕いで行くと海軍橋の歩道橋を自転車を降りてわたる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日梅雨明け

 ここ一週間、各地では梅雨末期特有の土砂降りが相次いだが、結局三河では目の前が真っ白になるほどに夏の陽射しが土砂降りとなって続いた。「梅雨は明けた」と私が言ったとしても誰からも文句を言われないくらい晴天が続いている。真夏の暑さに恐怖さえ感じる。こんな日があと二か月も続くのかと思うとぞっとする。  夕方七股池を歩いてみた。黄金色の強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入れ歯を鳴らすお爺さん

 もう何十年もの間満員電車には乗っていない。つり革につかまりながら、押されて、突かれて、揉まれて、踏まれて、隣に若い女性でもいれば痴漢に間違えられないように気を使って、あるいは体臭を発散させるおっさんが居ればその匂いに咽ながら、我慢の限界を彷徨うのは、あっちこっちネジが緩んで劣化した老体と、薄弱な神経の持ち主にとっては拷問でしかない。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の雑草は無い方がいいけど

 朝、草を抜いていたら土踏まずを蚊に刺された。足の裏に虫よけスプレーを塗るのを忘れていた。不覚であった。  庭に雑草の一本たりとも許さない。そのためにわざわざ人を雇ってまで隅々まできれいに草をとっている人がいる。我が家の庭とは大違いだ。  豊橋公園吉田城址辺りを散策していると、お堀に雑草が勢いよく生えている風情に郷愁をそそられる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とにかくうるさい

  憎たらしいったらない。  ゴミ出しに出た際にゴミステーションで一匹のハエにたかられ、手で払うがしつこく付きまとってきていたのは分っていたが家に入ろうと玄関辺りに来る頃にはハエの存在をすっかり忘れてしまってドアを閉める瞬間にドアと体のわずかな隙間からスルッと入られてしまった。その後、庭で洗濯物を干し、家に入ろうと網戸を開け、これま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

申し訳ないが大して面白い話ではない。

 街中で昔の知り合いの甘木(仮名)氏に遭遇。30年ぶりの再会。年齢は私より相当高い。80歳近い年齢になっているはずだ。当然見た目は老けたが、すれ違いざまにお互い「おおっ、久しぶり」とかなんとか言ったような気がする。ばったり行き会っただけなので二言三言交わしただけで別れた。  不思議なもので見た目が変わってもその内側から醸し出す雰囲気と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭で作業してたら首が痛くなった

寝起きが悪く、意識は朦朧、なかなか視線も定まらず、左目は左を向き右目は右を向く。両目がだんだんと離れ、左目は左に移動を始め、右目は右に移動を始め、それぞれ一回りして左目は右目のところに、右目は左目のところに落ち着いてしまったら、左右が逆に見えてしまって不便だろうな。 -------------------------- 雑草がぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過ぎたるは及ばざるがごとし

梅の甘酢漬け。結局、三温糖3袋(安いから)が、一番おいしいことが判った。 以前、何度か梅酒を作ったが、金がかかり過ぎる。 金がかかるうえに、すぐになくなってしまう。気が付くと8ℓ瓶の1/3くらいしか残っていないことに気付き、愕然となる。私のいない隙に家のものがこっそり飲んでいるんじゃなかろうかと疑ったが、よく考えてみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徴兵制にしなくても志願者が増える仕組み

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150730-OYT1T50073.html ばかだねぇ。徴兵制なんて無駄なことするわけないじゃん。今の経済状況を進めて行けば、貧乏人が増えるから、学費や食費を餌に自衛隊なり軍隊なり、いずれ志願する若者が増えるからわざわざ面倒な徴兵制にしなくても、兵隊の数には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おわかりいただけただろうか

ところであの「おわかりいただけただろうか」でお馴染みの恐怖映像の登場人物達のその後がどうなったのかという疑問というか、興味というか、そういう思いが、毎回見るたびに残るのである。 もう何年も前から繰り返し放映されている名作?恐怖映像の殆どが、そういった欲求不満のようなものが、出てくるのである。特にそういうのは洋モノに多い。 若い男…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の夜の束の間

庭の観葉植物は、とても元気がいい。 いろんな種類の観葉植物があるが、観葉植物だから花を咲かさない。 近所の住人は、我が家の庭に生えた観葉植物を「雑草」という別名で呼んでいる。色々な呼び方があるものだ。 元気がいいので蚊も元気がいい。元気な蚊は、少しばかり困りものではある。 観葉植物の緑に癒されながらの生活は心に潤いをもたらし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自転車のヘルメット

自転車に対する交通規制が厳しくなった。 というか、もっと前から厳しくすべきであった。 というか、「厳しい」というより「然るべき」規則であると思っているが、自転車に乗る者の多くが、まだその意識が薄い。自転車の事故はまだまだ減りそうにない。 こうやって偉そうなことを書いている私だが、自分自身も他人のことをとやかく言える資格はない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クソ炎天下で汗

自転車で散歩。このクソ炎天下で汗の量がすごい。 水分補給はこまめにやらないと死んじまう。汗の量だけ水分を摂る。水分を摂っただけ汗が出る。 入れた分だけ押し出される。トコロテンと同じだ。 歳をとると尿意が近くなるというが、これだけ汗をかくと尿意も来なくなる。涙も、汗も、御叱呼も成分は一緒と聞いたことがある。自転車を漕ぎながら体中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余計なことしなきゃよかった

大暑だが昨日から雨が降り続く。 毎日毎日、口から出るのは愚痴とため息。 飲めば咽るし、食えばこぼすし、歳をとると入り口も出口もぜーんぶ緩んでしまって、だらしがない。 食事の最中にこぼしてしまう話はよくするが、ガムを噛んでいるときも時々やってしまう。 ガムを噛みながら運転していたら口からポロッとこぼれ落ちてしまった。 「やい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パステルを擦り付けたような

早朝、目が覚めたときは梅雨明けらしく陽射しが眩しかったが8時を過ぎるころには雲が覆いはじめ、昼頃には雨が降り出してきた。 夢の中に空がよく出てくる。 昼間の空だったり、夜の空だったり、いろいろだ。 夢の中でどんなストーリーが展開されていたのか、全く覚えていないが、空だけは目覚めた後も印象強く残っていたりする。それがまた不思議な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワシらは何を知らにゃぁならんのか

情に動かされてこその人間。しかし情にばかり訴えるような安保法案関連の反対運動は、戦前の戦争正義を、勢いと情に訴えて戦争に突入してしまったのと変わらない。 誤解を生むかもしれないことを覚悟したうえで言えば、戦争反対と書かれたプラカードを持ったデモ隊の映像を見て、戦争という二文字に短絡的な反応しかできない様なデモで果たして本当に人の心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土用入り

早朝から聞こえていた野鳥の声は止み、七股池の水面に反射して増幅されたウシガエルの声と、クマゼミの圧迫するような大合唱が始まっている。うっすらと陽が射していた空は、いつの間にか霧のような雨にかわり、まとわりつく湿気と蝉の合唱とウシガエルの声に、これから続くであろう猛暑日を想像すると恐ろしくなる。 九州、東海を差し置いて、関東が19日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芳香剤を消臭

台風接近中。朝から土砂降り。藪入りだというのに、こんな日の巡回が辛い。  - - - - - -  近頃の車はみんな臭い。 芳香剤だ。匂いがきつすぎる。 消臭剤という名の放臭剤だ。 老いも若きも、みんなあの強烈な臭気を発する芳香剤を置き、平気な顔をしている。 私ゃとても耐えられません。 と、思ったら、部屋の芳香剤にも臭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バカボン

物事には順序というのがある。  - - - - - - - - - -  しばらくバーボンウィスキーを飲んでいない。たまには飲みたい。 しかし、昔の私とは違う。身の丈に合ったものを飲むべきであると思っている。スーパーで、2.7ℓのペットボトル入り「凛」1,890円が、今の私に飲める酒である。日本酒なら合成酒で満足し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨らしい日が続く

梅雨らしい日が続く。去年の夏から水不足にならない程度にまんべんなく雨が降っている。水の安定供給。  - - - - - - - - - -  いちいち規格に合わないと不安で仕方がない。 これは商品に限ったことではなく、人に対しても規格に収まる者でないと安心してお付き合いできない。 宗教、文化も、元々は風土に根付いてできた規格…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虫とか入っていたら喰えないな

キャベツの炒め物ばかり食っていたので飽きてしまった。 飽きがきたときに感じるキャベツの匂いがなんだか雑草みたいでちょっと気持ち悪くなる。 飼い葉でも食わされている感覚というか。 さらにこの中にゴキブリとか青虫なんかが入っていたりしたら、などと変なことを想像したりして、食欲はまったく無くなってしまった。 ダイエットにはいいかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の空気

今月は朝の立哨が多い。 開始40分前に仕事場に到着すると、店舗の外周を一回りする。 ゴミが落ちていないかとか、破損個所はないかとか、変な奴はいないかとか、あるべきところにあるべきもの物がちゃんとあるかとか、見ながらの一回り。だが陽気がいいと、周りの景色、路地や民家の玄関先や庭先、桜並木の緑や運河の水の色、行き交う人々の姿や足音や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬将軍

一月後半、暖かい日が続いていたが、31日夜辺りから冷え込み、昨日、朝7時から2時間の立哨は体に応えた。 カイロ5枚をベタベタ貼って股引、厚手のシャツを重ね、着膨れする。 日の当たらないコンクリートの駐車場の中は強烈な北西の風が、冬将軍の囁きのような風切り音とともに吹き抜ける。9時からの巡回中も、風に吹かれながらどうしようもないく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more