テーマ:ゴキブリ

ぺったんこ

 玄関前でゴキブリに遭遇。こんな時期だからゼンマイ仕掛けのおもちゃ並みのぎこちない動きだ。夏場のデリカシーの無いゴキブリとは全く別の生き物のようで哀れさが滲む。道路の真中でよちよち歩く弱々しいゴキブリを見るといつもの殺意は失せ、変な仏心が湧いてくるが、だからといってこれを放っておくと越冬して来年の夏に後悔することにもなりかねない。殺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あまりにも突発的な

 いつかこんなことになるんじゃないかという不安はあった。本当にこんなことがあっていいのかと思うが、図らずも現実に起きてしまった事だからどうにもならない。これまでも何度かそういう危機はあったものの、寸前で運よく回避できていたのだ。私のミスと言うより相手の注意不足と言ってもいい事だが、やはり加害者になってしまったということに変わりはない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オジサンはバルサンを焚く

バルサンを焚いた。 この時期にバルサンを焚くのは、ちと早すぎやしないかと思えないこともないが、3月に入ってから、小さなゴキが出没するようになり、気持ち悪い。このままだと夏には我が家はゴキの巣窟になるに違いないという危機感。とりあえず今すぐ対処しておきたい。そして梅雨の前後にもう一回ダメ押しで焚いておけば安心。 以前、やはり今時分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺棄する

夜、仏壇のお茶を下げようとしたら足元に仰向けに倒れた死体にギョッとする。 どうも苦手だ。片付けたいが触れない。なぜ今こんなところで死んでるんだ。 夏も終わり、秋も深まる頃に行き倒れている姿を見かけることはあるが、まだ梅雨も明けない今、何故なのか。 今年はまだバルサン焚いてないし、餓死したのか、或いは不治の病だったのか、ゴキブリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴキブリとクズ野郎

なんか今年の我が家はゴキブリの出現率が高い。 一週間に一度は、あのおぞましい姿を見せられていた。今週に入ってからは毎晩現れている。私の目の前を、侮蔑するようにガサゴソとあつかましく横切っていく。昨夜などは横切ったのに気付かず右足で踏んでしまった。たまたま踏んだのが土踏まずだったのでゴキブリを潰してしまうという惨劇に見舞われることに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴキブリが多いな

二の丑の日。 ウナギが高くて食べられない。 鶏の胸肉ばかり食っている。 鶏の胸肉は旨味が少なく、サパサで味がしみ込みにくく、美味しく調理するのが難しい。 が、私のような胃の弱い者には鶏の胸肉がいいらしい。 しかも夏の疲労回復にもいいらしい。 理由は分からないが、とにかく鶏の胸肉はいいらしい。 なんつったって安いし。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深夜の出来事

***** 夜中に尿意で目覚める。 深夜の部屋で聞こえてくるのは冷蔵庫のコンプレッサーの音だけ。 あちこちぶつけながらトイレまでたどり着き用を済まし、あちこちぶつけながら寝室に戻ろうとする頃には意識がはっきりしてくる。 一旦、布団に入るが少し部屋が蒸し暑くなっていることに気付きエアコンを3時間ほどタイマー運転にする。 エアコン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゴキブリに逃げ腰」の話

昨日は専門学校でデッサン授業。 本当は生徒の作品を載せたかったのですが、 上手く描けている作品だけ載せると エコヒイキになりかねないので 私自身のスケッチを載せます。 鉛筆で描いた猫。 低気圧が近づいてきているせいか 昨夜は妙に中途半端な気温と湿気で 元気のないゴキブリがのろのろと居間のど真ん中を歩い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more