テーマ:落書き

1月14日、朝のつぶやき

サントリーがジムビーム買収か・・・ バカボンホイスケしばらく飲んでねぇな・・・ おーぉ、胃に来てるねぇ。 今日は朝からあまり食べない方がいいかもしれんなぁ。 かといって食べなきゃ力入らないし・・・ 困った時の栄養ドリンク。 ワイルドターキーの12年物が飲みたい。 ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月10日のつぶやき

ギリギリに追い詰められても取りかかろうとしない。いざ取り掛かってもよそ見ばかりして別のことをやりだしたりして気もそぞろ。 キャンバスの前にいたはずが、いつのまにか居間でコーヒーすすっていたり。 いつもこんな調子だから癖と言ってもいい。 癖という字にはヤマイダレが付いてるくらいだから、これは病気であると言ってもいいね。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月6日のつぶやき

毎回同じようなミスを繰り返してきた。そのミスというのが厄介なもので、なんというか心の持ちようというか感覚の働かせ方というか判断というか・・・ 追いつめられると、いやいや、追いつめられなくても、いやいやいや、自分で勝手に追い詰められているつもりになっているだけなのだろうが、こういう状態に陥ったときに、選択・判断ミスをしてしまう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まったくつぶやき

そーいえば堺屋太一見ないな。いつだったっけ、経済企画庁長官かなんか辞めてからトンと見なくなっちゃった。元々何やってた人だっけ。何のために政治家になったんだっけ。どうして政治家辞めたんだっけ。今何やってんだろう。 ってな具合で、猪瀬直樹も何年後かに誰かに そーいえば猪瀬直樹見ないな。いつだったっけ、東京都知事かなんか辞めてからトン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4日のつぶやき

2日3日と制作に専念。 いろいろ迷いはあるが、大きく道を外すことはなさそうだ。 向いている方角が合っていればなんとかなるんじゃないか。 そんな気持ちで最後まで。 ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年的な・・・

一昨年は元日、パチンコ屋のトイレで他人の雲古の後始末から始まった。 昨年は元日、立哨中に腹を冷やし、雲古のお漏らし寸前で始まった。 どちらも特別運が良いとか悪いとか、一切ドラマチックな展開も無く、パッとしない一年が過ぎていった。 さて今年、仕事から帰ると部屋の中は10日前から散らかしっぱなし。新聞紙やらスリッパやら脱ぎっぱなし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年最後の書き込み

昨日は体調が思ったよりも悪くなく(良くもないが)、これなら元日まで続く仕事、なんとかなりそうだなということで早めに布団に入り体調を維持。 今日も栄養ドリンクのお世話になることも無く、なんとかやり過ごすことができたので、これ以上に悪くならないようにしたい。 したがって脳味噌にも体力的にも負担の大きいブログも元日まではお休みさせてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月27日のつぶやき

口の周りがただれるのは、よくよく考えてみると、これは酒と口から出まかせで嘘ばかりついているのでただれているのかもしれないな。 いわば私の心の卑しさが口の周りのただれとなって表れたものかもしれない。 嘘を嘘で固め過ぎ、果たしてその嘘が本当に嘘なのかわからなくなってくる。 終いには何のために嘘をついたのかさえ判らなくなってくる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月26日のつぶやき

相変わらず上がったり下がったりの体調。これから仕事。 口の周りのただれが次から次へと出てきてヒリヒリ痛い。 目の周りのヒリヒリも手伝って顔中がヒリヒリ。 風邪に当たれば胃が痛くなり、歩けば足腰が痛くなる。 運動不足もありどうも悪循環。 ごまかしながら生きてます。 ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の愚痴

若さってやつだろうな。多少の熱があってもワーッと、ダーッと思いっきり動いちゃえば、その勢いだけで乗り切れたのに。 老朽化してくるとあっちこっち摩耗した部品のひとつひとつの軋み音に聞き耳を立てながら、ごまかしごまかし動かさなきゃならない。 まったく、同じ失敗を何度も繰り返す。昨日に対する時ほど、今日、明日に対しては賢くなることはで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月24日は納めの地蔵

しんどいね。 あっちが痛いこっちが痛いと文句ばかり言っていても仕方がない。何とかこの冬を乗り切っていくしかないけれど、やっぱり愚痴は出てくる。 夏と冬、どっちがいい?と、究極の選択みたいなことを言われるが、どっちも嫌いだ。 それでもどっちかを決めれ、と言われてもやっぱりどっちも嫌いだ。 今日も頭が働かない。 これから制作。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬至

-冬生じ夏枯る- 七十二候六十四  不思議なもので年が明ければだんだんと日が長くなっていくのを実感できるようになる。 だから正月を新春というのだろうか。 あぁ腰が痛い。 ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月21日のつぶやき

-勝ち抜く力- なぜ「チームニッポン」は五輪を招致できたのか という本がかなり話題になっている。政治に負けた猪瀬直樹が書いたものだから余計に話題になるんだろうな。 わしゃ読まん。 政治には金がかかるもので、こればかりはどうにもならないと全ての政治家や政治評論家が口をそろえて言っているが、果たして政治に金がかかることが常識なのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月20日朝のつぶやき

待っている間あれほど長いと感じていたのが、過ぎ去ってしまうとあっという間。 時間というのは不思議だ。 もう少し体調が良ければという不満と、もっとできることがあったはずだという反省。 でもまぁ、こういうもんだ。しかたがない。 3本ある物干し竿が2本、折れ曲がってしまった。 新しいのを買わにゃぁいかんな。 「竿竹一本400円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きょうのつぶやき

気さえ緩めなければ体調の悪いことを意識せずに済む程度まで回復しつつある。 できるだけ体を冷やさないように過保護な生活。 部屋に閉じこもり、キャンバスを眺めなてはため息をつく。 頭が働かない。 ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷たい雨

針一本落としても全てが凍りつきそうな衝撃が広がる空気に満ちた静かで暗い朝を迎えております。 今日は一日雨の予報。 体調は相変わらずあまりよくないが、キャンバスに絵具を擦りつける体力は充分にある。 ただ、いつもどおり頭が働かない。 ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツベタイ朝

三河山間部では雪が降ったとか… 年が明けてしまったかと思いたくなるほど冷たい日が続く。かじかんだ指先のひび割れがピリピリと痛い。腰から首まで4つのカイロを貼り、背中に当たる木枯らしをなんとかやり過ごしたいところだが、北西の強い風が吹き抜け陽の当らない駐車場での立哨は30分も経たないうちに体の芯まで冷え切ってしまい、爪先にかけた力は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諦めれ

ネットを利用しての誹謗中傷などによるイジメは学校で増え続け、最近ではラインというものを利用してのイジメも急増中だと言われている。 博識経験者の先生方は、この問題について、ネットなどの「安全な利用法」を指導すべきだと説いている。 では「安全な利用法」とはどういう方法なのかというと「子供にデジタル情報の恐ろしさを教えることを真剣に考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目覚めのつぶやき「寒い」

木枯らしの吹く暁の空にカラスの囀り(?)で目が覚める。 暗くクソ寒い部屋になかなか布団から出られない。 膀胱に御叱呼が溜っているが、布団から出た後の全身に襲いかかってくる冷気を想像するととても布団を剥がす勇気が出ない。 しばしの躊躇の間、相変わらず木枯らしが吹き渡る音とカラスの囀り(?)が冷え切った部屋に沁み渡る。 今季…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沈殿

単純で永遠な答えが「移ろい」。 全てが時の流れの中で生まれては朽ち、朽ちては生まれるを繰り返す。 人も経験を通じて記憶と忘却を繰り返す。 などと考えながらキャンバスに絵筆を擦りつけているうちに脳内の血液が沈殿してしまう。 体中の液体を撹拌しないと壊疽しそうだ。 もうすでに脳内では壊疽が始まっているのかも知れん。 やばいな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドアの向こうに潜むモノノケ

 -- 熊穴に籠る -- 七十二候 六十二   夜になって風が出てきた。 布団の中でうつろうつろしていると男たちの声が西風に乗って近づいてくる。。忘年会の帰りだろうか、かなりご機嫌な様子。ほとんど何を言っているのかわからないが、賑やかい二人の男の声。やがてドンドンとドアを叩く音。「鍵かけやがってっ!!」と玄関先で怒鳴り声。カチャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迷うから読む

なんだか今年は本をよく読む。 何冊も読んでいるうちに、自分がいろいろと迷っているんだなということがよくわかる。 そうなんだ。迷っているんだ。いろいろと。 四十にして惑わず、五十にして天命を知る、なんて孔子が言っていたらしいがとんでもない。 六十近くになって惑いの渦に巻き込まれ天命を知るどころじゃない。 30年前に読んだ開高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの雨

夜中じゅう叩きつけるような雨の音に時々起こされちょっと寝不足気味。 とか何とか雨のせいにしているが時々起こされるのはやっぱり尿意が原因であろうな。 三河の乾いた土に潤いが戻り、私の乾いた体にも多少の潤いが戻る。おかげさまで目覚めてから指先のひび割れの痛みが和らぐので有難い。 久しぶりによく降ったね。 西の空は雲が切れはじめ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンツを穿かす・・・

なんかアレだな、あれだけ無理やり採決させるところを見ると、よっぽど知られちゃ都合の悪いもんがあるのかいな。 チンコはパンツで隠すからアレだけど、毒の混じった御叱呼を漏らさないようにオムツを穿かせたいのかね。 そう勘繰りたくなるような強行採決だったな。 そうでないとあれだけ国の将来のあり方を左右する重要な法案を、ろくに話し合いも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかげさまで

キリスト教徒でもないのに巷では、あちこちの庭にチカチカ電飾が輝きだした。 「キリシタンでもないのにマメだねぇ」と、心の底から感心する私。 日本人がクリスマスの習慣を身につけることができたのもみんな進駐軍のおかげだ。 あらためて感謝しなければならない。 進駐軍の皆さん、どうもありがとう。 あなたたちのおかげでチョコレートのお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日もつぶやき

 -- 大雪 --  二十四節季第二十一  ストーブの熱で爪先を温めながら、テーブルのコーヒーカップから湯気が上がるのを眺めるといよいよ師走を実感。 少し窓を開けると一筋の煙草の煙が風に揺れる。 文庫本のページをめくる。 冷めかかったコーヒーをすする。 背中を丸めホーッ。 そして何故か小さな疑問が湧いてくる。 手元の文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きょうのつぶやき

ローリングストーンズ来日かぁ。 いいなぁ。 結成50周年にしての来日。 いいなぁ。 初来日の時の東京ドームでのコンサートをテレビで放映したのを見たとき、本当に鳥肌モノだったっけ。 特に忘れられないのがミッドナイトランブラーは特に凄かった。オリジナルのレコードで聴くよりも危機感とかっこよさに参ってしまった。録画したビデオを繰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のつぶやき

昨日、とうとうスティーブのお世話になった。 じゃなくてストーブのお世話になった。 押し入れから引っ張り出し灯油を注入。 久しぶりのストーブに点火すると、ちらちら炎が上がり始め、しだいに灰色の燃焼筒が赤くなってくる様を見入ってしまう。 そんな寒い夜を迎えるようになり「やっぱり12月だよねぇ」と何故かしみじみしてしまった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メモ代わりに

以前カレンダーの裏などに落書きのようにスケッチすると書きましたが、 こんな感じです。 週1~2回喫茶店でボーッとしながら落書きをします。約1ヶ月くらいでこれくらいの量がたまります。 ここから作品につながるもので出てくるとは限りませんが、絵を描く習慣を身につけるには良いと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more