どんより曇るが恵みの雨

 朝からどんより曇り空。街の散髪屋へ行ったついでに精文館で文庫本を一冊。3月に買った寺田寅彦の随筆集第一巻が面白かったので第二巻を購入。散髪屋へ行ったついでにと書いたが実はAKB選抜総選挙の投票を一度してみたかったのでCDを買うのが本当の目的。お金がないので、お約束の喫茶店での一服も我慢してCD2枚購入。晴れて選抜総選挙の有権者とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風が気持ちいい

こないだ雨が降って以来、6月とは思えない、一か月前にまで戻ったかのような爽やかな西風の吹く日が続いている。夜になると半袖では少し肌寒さを感じる。  もう夏が近いと決めつけて浴槽の水を落としてしまった。その日は仕事が終わって妙に疲れてしまってシャワーを浴びるのが遅くなってしまった。体を拭こうと浴室のドアを開けると風が吹き込んで全身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とにかくうるさい

  憎たらしいったらない。  ゴミ出しに出た際にゴミステーションで一匹のハエにたかられ、手で払うがしつこく付きまとってきていたのは分っていたが家に入ろうと玄関辺りに来る頃にはハエの存在をすっかり忘れてしまってドアを閉める瞬間にドアと体のわずかな隙間からスルッと入られてしまった。その後、庭で洗濯物を干し、家に入ろうと網戸を開け、これま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

申し訳ないが大して面白い話ではない。

 街中で昔の知り合いの甘木(仮名)氏に遭遇。30年ぶりの再会。年齢は私より相当高い。80歳近い年齢になっているはずだ。当然見た目は老けたが、すれ違いざまにお互い「おおっ、久しぶり」とかなんとか言ったような気がする。ばったり行き会っただけなので二言三言交わしただけで別れた。  不思議なもので見た目が変わってもその内側から醸し出す雰囲気と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すぐに脱線する

 右肘を擦りむいた。擦りむいたことに気付いたのは昨日の朝のこと。顔を洗っている最中に気付いた。いつ擦りむいたんだろう。いつ、どこで、なぜ。考えてみれば昨日の時点でひじの痛みは感じていた。だが、腰痛だの膝痛だの目が霞むだのと、いろいろ不具合を抱えている中のひとつとして肘を擦りむいた痛みが意識の中にクローズアップされて「あ、擦りむい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どっこいしょ と気合を入れないと動けない

 夜中に目が覚めて眠れなくなってしまった。七股池から聞こえるウシガエルの声に気付いたのがいけなかった。どうにもその声が耳に憑いて離れず眠れなくなってしまった。あんまりうるさいので枕に押し付けたた耳に今度は体の中から、ザーと短波放送のノイズのような音にザッザッザッと脈を打つ音が頭の中全体に響く。大きくため息をして気にしないよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多少は見た目だけでも良くなったか

 昨夜布団に入ると暑くてなかなか寝付かれず寝不足気味での作業、昨日の続き。昨日の炎天下での8時間で疲れが取れず今日は5時間ほどでやめた。  日曜大工で調子に乗って、作っちゃってから設置場所に持っていこうとしても重くて運べないことがあるので、しっかりと段取りしないといけない。バカだけどバカなりに頭を使わないといけない。でもや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと無理し過ぎた

9時間たっぷりと作業。頭がボーっとして目が霞んで、腰が痛い。 あー痛い痛い痛い痛い。 年寄りの冷や水とはこのことか。 明日も続きの作業を行う予定。とにかく今夜はしっかりと休むことにする。 何か気の利いた一言でも書きたいところだが・・・無理。 ・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解体

ウッドデッキの解体ほぼ全て終わった。 使える材料と廃棄するものと仕分けしながら、どんなものを作ればいいか考えようと思うが、素人の作れるものと言ったら限られているので、考えても無駄かもしれないが、とりあえず考えるふりをしようと思う。 家のペンキ塗りから始まりウッドデッキの解体、廃材利用の工作などで庭は散らかっていたり、剥がした塗料のカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少しずつ進む作業

日に当たりながら工作していたので体がだるい。 ウッドデッキの廃材利用で作ったエアコン室外機カバーにペンキを塗って所定の場所に置いてみた。 うんこ、のような感じになりました。 ではなくて うん、このような感じになりました。 引き続きウッドデッキの解体を進め、この次は玄関横のエクステリア的な物を作ろうと思う。 ・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃材利用で日曜大工

 ばらしたウッドデッキの材料の再利用に際しては庭や玄関先に置けるエクステリア的なものに作り変えていけばまだまだ使用できる。捨てるにはもったいない。  今回はエアコン室外機のカバー代わりに置こうと、台を二日がかりで作り、先程腐り止め液を塗った。乾燥したら白いペンキでも塗りたくってやれば見た目も多少は良くなるのではないかと思ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コケるとやばい

 歳を取ると全てにおいて緩慢になるのは仕方のないこととして納得というか、諦めるよりない。朝目が覚めてから夜寝るまで(そしてきっと眠っている間でも)、やることなすこと全ての流れが緩い。  杉山町には高齢者が多い。  路地の突き当りを曲がると前方に何かが道を塞いでいる。両側に民家が建ち並び、普通車がやっとすれ違える程度の道だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日も作業

 車庫のペンキ塗りをしたいところだが時間的、段取り的に今日はちょっとできそうになかったので、根太(ネダ)が腐って床板の抜けたウッドデッキの板を剥がす作業。床板の数は全部で42枚。今日はフェンスと床板15枚ほどを剥がし、釘、ネジを抜き、腐り止め液を塗る。剥がした板で玄関脇や窓際及びエアコンの室外機の上に置けるような棚にでも作り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屋根の上のペンキ塗り。

 ペンキ塗り作業をはじめようと思ってもなかなか体を動かそうというところに行かない。その前に洗濯・・、洗濯機のスイッチを入れると、その前に朝飯・・、食い終えると、その前にお茶でも飲んで・・、飲み終えると、その前に一服・・、一服し終えると、その前に雲固しないと・・、雲固をし終えると、その前に洗濯物を干さないと・・、洗濯物を干し終えると、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この親分にしてこの子分有り

 「いきなりですよ、いきなり」。講演で、子分の更迭について派閥の親分がこう文句を言ったそうだ。その前に言うべきことがあるんじゃないのか、更迭に文句をつける前に子分が放った数々の失言暴言を詫びる気持ちはないのだろうか。子分の不始末を詫びるより子分の処遇に対する不満の方が大きいらしい。  この親にしてこの子有り。と言うが、この親分にしてこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

失言か暴言か

 口は禍の元。私なんかこれまでどれくらい言わなくてもいい事を言ってしまって失敗を繰り返してきたことか。そのたんびに自己嫌悪に陥ったものだ。今でも言わなきゃよかったというような後悔を繰り返している。失言と云うヤツだ。言わなくてもいいことをつい言ってしまうが、言わなくてもいい事は実は本音であり、頭の中で思っている本音が口から出てしまう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戯言だからね

 たまーにだが、シューマンの交響曲を聞く。今、シューマンは流行らないのかどうか知らないがラジオのクラッシック音楽番組などで聞くことがめったにない。と言いながら、その手の番組そのものを聞かないのであまりエラそうな事は言えないが。元々シューマンの交響曲は有名な割に演奏される機会が少ないのではないかと思える。  シューマンという作曲家、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見栄えだけでも

3日かけて7枚の雨戸をペーパーがけ。馬台に乗せての作業はやっぱり良い。数年前に購入しておいた油性塗料が丸々一缶残っていたのでそれを雨戸の裏側の塗装に使用したが、中の塗料が分離沈殿してしまっていたので撹拌させるのが大変。分離沈殿した塗料の撹拌は体力がいる。全身で撹拌作業をしたおかげで脳味噌まで撹拌され、作業が終わった後しばらく眩暈と震…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワロタwww

とある2chサイトで見かけたスレにわろた 2017年04月24日17:00 貼り付け元 【全方向凸】北朝鮮、NZを脅迫した結果⇒NZ政府「北朝鮮って何?どんな国?日本海にミサイル撃ったりで悪の組織ってのは知ってる^^;」 1: みつを ★ 2017/04/23(日) 22:55:05.01 ID:CAP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬台は便利

 朝の自転車散歩は久しぶりに大崎、植田経由で老津をまわって一時間半。とても気持ちのいい散歩だった。  たった3枚の雨戸のペーパーがけに3時間。もうヘトヘト。馬台に乗せての作業なので腰への負担はあまりないが、日に当たりながらなので結構な汗をかかされた。馬台は10年くらい前に自作したもので、こういう作業ではとても役に立つ。現役時代の塗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰痛てぇ。

 4時間かけてペンキ塗り、昨日の続き。西側の外壁すべて終了。この面にかかった延べ日数、およそ8日。もっと丁寧にペーパーをかけなきゃいかんのだが、とにかく腕が疲れる。自分で塗ったペンキ、どれくらいの耐久があるか。素人仕事だ。10年くらいは持ってほしい。その後はどうなろうと知らん。二日続けて不自然な姿勢でのペンキ塗り作業で腰と右ケツの筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼちぼち

今日はいろいろなことをぼちぼち進めた。 朝から2時間ほどペンキ塗り。強い陽射しに強い風、もう目がショボショボ。眼玉の代わりに梅干しが詰まっているんじゃないかと思えるくらいにショボショボしている。しょっぱい。 昼めし食った後、少し昼寝してから油絵製作。息抜きに七股池を一回り。桜がようやく満開に。 画像が貼り付けられない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滞るのは天候のせいにする

 霧のような雨で、七股池の景色は灰色の輪郭だけが朧に浮き上がり、さも遠くを眺めるかのようなよそよそしい遠景へと後退している。  4月に入って、普通なら一度くらい寒の戻りがあるものだが、3月の後半あたりから暖かい日が続きそのまま春に突入してしまった。ここ4日5日空が暗い。昨日の夕方、晴れ間がのぞいたが今朝起きてみるとやっぱり雲に覆わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晴耕雨読・・・?

 天気は下り坂と予報では言っていたが、朝のうち晴れ間があり、一時間ほど自転車で散歩。杉山町では田植え前の荒起こしという作業が始まっている。帰宅してからペンキ塗りをしたが11時頃になってぽつぽつ降ってきたため仕方なく中断。やがて本降りに。  少し本でも読もうかなと、一冊の文庫本を目の前に置いてみたが、置いたままじっと眺めている。この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「輝ける闇」と「ナパーム弾の少女」

 客の入りが良くないとかで、今月は大幅に仕事を減らされてしまった。来月もこんな状態が続くようであれば、これまで節約してきた年月がパーになると思うと虚無感を覚える。脱力感パナイ。なんとかせにゃいん、と、思いながらもじたばたしてもどうにもならんとも思い、自分の置かれた現状に狼狽しながらも、「不惑」を鎧いたいところだが、不惑と書いた端切れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森林の精気

 4月1日、前日から降り続いた雨が夕方になって止んだ。  豊川市内のパチンコ店の駐車場で巡回中、気がつくとスギ、ヒノキの香りが漂っていた。背後に連なる三河の山々から湧き出る熱れ(いきれ)は陽が沈み麓にまで降りて漂っていたのだ。  我が家のある杉山町では、田んぼや畑の、蒸れた土の匂いが充満しているが、表浜海岸、伊古部辺りの杉の防風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穏やかな気候になりましたな

 爽やかな朝だった。家中の窓を開け放って柄にもなく冬の後ろ姿なんぞを眺めつ淹れたばかりのコーヒーを啜っていたら、咽てしまってコーヒーとヨダレと鼻水で、拭いたばかりの床を拭き直す羽目になり気分が悪い。  それでもこの穏やかな陽気に誘われて、七股池の周りを歩いてみると、膨らんできたコナラの新芽、咲き始めた桜、池の際でも新緑の枝を滴らせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうね、 シンシャク とか ソンタク とか使いたくて使いたくて

昨日、今日と早く目が覚める。せっかくの休みなんだからもっとゆっくり寝ていても誰にも怒られることはないが、ゆっくりと寝るだけの体力もなく、どうしてもノコノコと布団から這い出てしまうのはやっぱり歳のせい。今日は風もなく穏やかな日差しに誘われて自転車散歩の後、昨日の続きでペンキ塗り。とっても疲れた。ということで今は欠伸(あくび)ばかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日もペンキ塗り

せっかくの休みだからと言っても他にやる事がないわけではないのだが、他のことをやろうと思っても、思っているだけで結局何もせずただボーっと無駄に時間を過ごすだけになってしまいがち。とりあえず動かなきゃ。 素人がペンキを刷毛で塗るのは難しい。どうしても塗り斑ができてしまう。最近になってようやくコツのようなものを掴めてきてはいるが…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

春分の日

去年の暮、井伏鱒二の「荻窪風土記」を通し読みした。大正から戦前の昭和にかけての東京の姿が見え、なにか懐かしさを感じたのは自分が年を取ったせいももちろんある。自分の中の記憶に残る、どこかで見た風景が荻窪風土記に出てくる風景と重なる。 それから年が明け、国木田独歩の「武蔵野」を40年ぶりに読んだ。文章から湧き出る情景は20代の時の私に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more