世代交代やら引退やら

朝から曇り空。8年ぶりにケイタイの交換。自転車でショップへ行ったが帰りは小雨に濡れた。新しいケイタイの使い方に四苦八苦。
膝が裂けてしまってどうすればいいか迷っているうちに数年、放ったらかしになっているジーンズが一本ある。若い人ならダメージジーンズとかなんとかみたいな扱いでかっこよく穿き続けることもできようが、歳をとってあっちこっちダメージだらけのジジイが穿いてもただみすぼらしいだけで、精神的ダメージまで大きくなる。
購入して30年が過ぎたが、ジーンズは穿けば穿いただけ穿き心地が良くなる。そう簡単に捨てる気にはなれないもの。どうしようと思っているうちにこんなことになってしまった。アイロンで張り付けるだけで補修できるデニムパッチというものを生地の裏に貼ってみたが、穿いてみるとその部分が継ぎ当て生地の四角い形が浮き出て、なんかいかにも継ぎ当てしました的な見た目になってしまった上に、しゃがんだ途端に継ぎ当てした際(きわ)でまた新たに裂けてしまった。これはもうジーンズの生地そのものの性がなくなってきているということだと、ここでようやく諦めがついた。
性のなくなったジジイが性の無くなったジーンズをはくのはやっぱりイタイ。
「お疲れさま」と引退していただくことにする。

"世代交代やら引退やら" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント