右手と左手は繋がっている


“三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実”を観て純粋な毒気に中てられ疲れがどっと出た。

1969年5月13日、東大駒場キャンパス900番教室という広い講堂に集まった全共闘の学生千人に対峙した三島さんの丁寧な受け答えに若い人たちに対する愛情を感じ、その生き様を魅せることによって気色ばんだ若者達の心を開かせることができたんだろうと思う。極左の全共闘と極右の三島さんの右と左という一見正反対な思想の持ち主が、討論しているうちにお互いに通じるもの感じ始めたのかもしれない。何か似た者同士に見えた。
時に怒号が飛び交い、時に爆笑が起こる。危険とユーモアが交錯する激論。
凄かったのは血気盛んな学生たちは討論を続けるうちに手を出してしまうのではないかとハラハラしていたが、その代わりに言霊という凶器で三島さんを撃ち、三島さんも言霊という武器を駆使し立ち向かう姿に鳥肌が立つ想いで見せたもらった。討論というより闘論だった。TBSはよくこんな映像を撮ったものだ。
今の若い人たちにはこの映像が、現実に起こっていたものだとは到底思えない光景だろうと思う。言葉の凶器と言葉の武器の応酬だが、いわゆる今NETで繰り広げられている言葉の暴力とは全く違う「言霊」であり、この討論に参加していた当時全共闘随一の論客と言われた芥さんという劇作家の「言葉に力があった最後だと思う」という一言が胸を打つ。
天才と天才たちの言霊の戦いは難解で私には到底理解のできるものではないが、せめて体感できたのはいい機会に恵まれたと思う。
その1年半後、陸自市ヶ谷駐屯地で自決した時は言霊が自衛隊員に伝わらなかったと思っていいのだろうか。判らん。
この年、私はまだ中学生だった。教室に椅子や机でバリケードを作り、50人近いクラスの生徒が二手に分かれ、男子女子関係なく、全学連ごっこを楽しんでいた。学生運動、全学連は私たちにとっては単なる流行りものに過ぎなかった。
この映画を見た人の多くが「今の若者にこの映画を見てもらいたい」と口をそろえるようだが、私はそうは思わない。若者の範囲がどれくらいのものか判らないが、それよりも40代50代の働き盛りで、おそらく平和教育もまともに受けることができなくなり始めた世代が先に見るべきだと思う。まあ、きっと「忙しくてそんなもん見てる暇なんかないよ」と言われるだろうが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント