意思決定は段階を踏んでね


塩サバを買おうと思ったら店頭に無かった。特売日は98円の塩サバが出る。
夜勤明けで脳みそ内では、ヒバリ囀るお花畑に、てふてふの舞う世界が広がっているせいで特売日と勘違いしていた。
※これは先週の木曜日の話だ※
仕方がないので「サンマの塩焼きでもいいや」と購入した。3尾パックで450円くらいしただろうか。ちょっと割高感はあるが、一旦「サンマの塩焼きでも」という思いがかすめるとその意識が貼り付いて、ヒバリ囀るお花畑にてふてふが乱舞し、塩焼きの煙漂うという、ただならぬ光景が広がり始めたが、購入してしまったものはどうしようもない。
帰宅後、少し昼寝して、さて、サンマに塩を振っておこうと冷蔵庫から取り出すと、パックの表示に「煮つけ用」と書いてあった。「塩焼きに」とか一言も書いてなかった。「あらま」である。だが、「塩焼きにしてはいけない」と書かれているわけでもない。どうすればいいのか。ヒバリが囀り、てふてふの舞うお花畑はサンマの塩焼きの煙とサンマの煮つけの香りが漂う混とんとした世界に変貌していた。ここまでアナーキーな状態になると迷いは深まるものだが、混とんとしているからこそ脳みその働きが鈍くなっているからこそ、どこかで現状を打破すべく「煮つけか、しばらく食っていないな」という思いが浮かび上がりこれが突破口となったかどうかは判らんが、「冷蔵庫に大根が半本残っていたな」という思いが続いて浮かび上がり、「一緒に煮ればいいじゃん」で思いは完結する。意思決定は往々にしてこういう段階を踏むものだと思う。
押し入れから圧力鍋を取り出し、水200㏄、醤油大さじ3、酢大さじ1、酒大さじ2、みりん大さじ2、砂糖適宜、しょうが適宜に大根とサンマをぶち込み数分圧力をかけたら一旦火を止め、どうも夜勤明けの影響で脳みそ内に再びお花畑が広がり始めたので小休止する。しかしまだ午後3時前だ。
濃い目のコーヒーを啜りながらようつべ(Youtube)動画、NYC A-line ニューヨーク地下鉄A系統線のフロントウィンドウビューの動画を見て時間をつぶす。ニューヨークにしてもシカゴにしても日本の地下鉄と違って一系統の距離が長いせいか街の中心部のごく一部のみが地下を走っていて、ほとんどが地上を走っている。鉄道の動画って結構面白い。
などとぼんやりと眺めているうちに2時間が経った。サンマの煮つけのことをすっかり忘れていた。
お勝手に戻り、圧力鍋の蓋を開けると煮汁からはみ出た部分があるためサンマ、大根をひっくり返し、アルミ箔をかぶせ10分ほど煮詰めて出来上がった。あまり手間がかからなかった。すぐにでも食いたいところだったが一晩おく。
翌日晩飯のおかずにした。骨も柔らかくなり味がしっかり沁みていて満足な晩飯だった。
たまには煮つけもいいもんだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント