夏の終わりって感じ

いろいろな想いがほっついて散らかっている。選択し、整理する余裕がまだない 稲刈りが始まった。巨大な銅鑼を一撃したような強烈な暑さからは解放されつつある。朝夕は大分過ごしやすくなってきている。朝の自転車散歩でも、杉山町内の渥美線沿いの道ではほとんど雑木の陰になっていて半ズボンで漕ぐと、受ける風がひんやりしていてちょっと肌寒ささえ感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

傘がない

傘がない。本当はあったはずなんだが、無い。見かけなくなってもう数か月が経つ。玄関に置いてあるはずだった。今あるのは破れた傘。差すと雨漏りがするので本降りの日は使えない。まともな方の傘が見当たらないので困る。もう何か月もの間見つからないので買えばいいだろう。とも思うが、きっと買ったとたんに失くしたはずの傘が見つかったりすると癪に障るので我…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蒲焼食った

190円で蒲焼が売られていた。1,900円ではなく190円だ。しかも2尾。 サンマの蒲焼。とてもおいしかった。サンマの蒲焼だからサンマの味がした。 でも蒲焼は蒲焼、ウナギのかば焼きと同じタレのサンマの蒲焼。 有難いことである。 ウナギのかば焼きを食いたい。1,900円するから食べられない。 だからサンマの蒲焼。 蒲焼・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盆踊り

12日夕方、恒例の盆踊り。台風の影響で爽やかとは言えない風が吹いていたが、無風よりはましだった。杉山小学校校庭の中央に組まれた櫓に青年団が代わるがわる太鼓でリズムを刻む。 今年の盆踊りは若い子たちが多かった。5人しかいなかった青年団が10数人に増えた影響もあるかもしれない。若者の多数参加は盛り上がるし華やかである。そして常連の参加者は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天災は忘れた頃にやってくる

天災は忘れたころにやってくる。という言葉があるが、天災に限らず世の中のありとあらゆる厄介ごとは忘れたころにやってくるもので、事件事故、果ては戦争までしばらくすると突然起こったりする。私も時々忘れたころに厄介ごとに見舞われたりして「なんでこの歳になったこんなことに遭わにゃならんのだ」と、決してあり得ないことではない厄介ごとに遭遇する。身を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああ、しんどかった

久しぶりに田原の蔵王山を上ろうと自転車散歩。権現の森からうねうねと登っていくコースは唯一私の体力でもなんとか漕ぎあがっていける勾配。 以前も何度かこの道を漕いだことがあり、3か所のヘアピンカーブの後にかなりきつい登りがあり、ここをクリアすれば、とにかく一番軽いギヤで黙々と、ゆっくりと漕ぎあがり、頂上にたどり着くことができる。とはいえ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more