久しぶりの自転車散歩

ついでに買い物をしようとナップサックを手に玄関を出るが財布を忘れそうになる。気付いてよかった。玄関を開け財布を手に。久しぶりの自転車散歩。雨続きで一か月ぶりになるだろう。県道2号線「明海南」信号辺りまでは雑草がきれいに刈られていてとても走りやすかったが。その先(豊橋港方面)は相変わらず草ぼうぼうの状態で、短パンではとても走れない。海軍橋の歩道橋に至っては伸び放題の木の枝が行く手を阻み自転車を押して歩いても屈まないと先に進めないくらいに枝が伸びている。この歩道橋は年中こんな状態が続いている。久しぶりの日差しもまだ梅雨が明けてないせいか、湿った生ぬるい空気が充満していて風もなく爽やかさはない。ヘルメットの内側は汗で蒸れ、目に滴る汗と目やにで視界がぼけ、舟渡の緑地帯に設置してある水道で顔を洗うが、再び走り出すとすぐに汗が噴き出る。それでも大崎・舟渡から国道259号の植田・東畑までの直線道路は快適で体に受けた風も心地いい。国道を渡り、中央牛乳の工場わきを通り長閑な風景を眺めながら農道を進み植田の駅から向ヶ丘、大清水の南陵交番前を過ぎ、マックスバリュで予定通り買い物をしようと店の前に来たら、ナップサックを背負っていないことに気づいた。玄関で財布を手にしたときに、持っていたナップサックを置いてきてしまったのかもしれない。かもしれないというか、置いてきてしまった。2~3年前ならここでやり場のない怒りがこみ上げるところだが、人間が大らかになった。というか、きっと一生変わることのない自分の不甲斐なさに、諦めの心境に至るようになってきているのかもしれない。薄笑いを浮かべ気を取り直して帰途に就く。国道、大崎町広沢から老津小学校までの緩い上り坂を少し無理して一番重いギアで漕ぎあがり、そこから一気に下る爽快さはたまらない。
一か月乗れていなかった自転車だが、多少体力が落ちているかと思いきや、意外に無理なく15キロを快適に走ることができたのが嬉しかった。ただ、こんな陽気だったので帰宅後のシャワーを浴びても汗が止まらず一時間くらいは着替えることもできず。所謂フリチンで家の中をうろうろ。こういう時、独り暮らしは気楽でいい。

梅雨は明けたのか、まだ明けてないのか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント