吹く風は湿っ気ていて

 あまり強烈ではないがモヤっとする日差しに、それに見合わず強烈な照り返しで、風のない駐車場を立哨していると時々意識が遠のいて空恐ろしい思いをしていたが夕方になり風が吹き始め、帰宅した後、玄関の前でふと見上げると流れる雲に、白く濁った朧月。台風でも来ているのかと思わせる空模様。湿気た風が一晩中吹き、夜中に降り込まれたらと、窓を閉めて布団に入ると蒸し暑くて眠れず、窓を開ければ湿っ気た風が気に障る。不快な朝を迎えた。梅雨は中休みなのか明けるのか明けたのか、なんだかよく判らん。洗濯したはいいけどこういう日は外に干していいものか迷う。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック