50年前にタイムスリップ

 自治会定期総会で小学校の体育館を使用するため、その手続きを小学校で行ってきた。職員室で書類を書いていると、子供の頃のトラウマが蘇ってくる。もう50年前のことなのにタイムスリップでもしたかのようである。これも三つ子の魂百までというか。先生の机に座って書類を書いていると、その脇を他の先生方が通り過ぎていく。
 美術の授業で校庭の写生をさぼって同級生2人と運動場で暴れているのをM本先生に見つかり職員室に正座させられる。美術のM本教師は厳しいことで学校中の生徒から怖がられていた。職員室の入り口付近のM先生の前で床に正座させられ、青竹で頭をコツンコツンと叩かれながら
「お前らは授業中にいったい何をやっとったんだっ、言ってみろ!」
「・・・暴れてました」
そんな問答をしている間中青竹でコツンコツン叩かれる。青竹で脳天をコツンコツン叩かれるのは素手でビンタされるより地味に痛い。怖さと痛さに硬直して正座する脇を通り過ぎていく他の先生方が
「お前ら何をやって怒られとるだ」
「今度はお前らか」
「またお前らか」
と声をかけてくる
「・・・・・」
3人の生徒は押し黙ったまま怖さと痛みに硬直して正座する。何しろ一学年12クラスもあるマンモス校だった。職員室は先生の出入りも多かった。職員室で生徒の正座は通りかかる先生方のいい見世物になる。普通の生徒なら一度で懲りるものだが我々3人は同じことを繰り返す。まったく情けない生徒である。
 そんな記憶が蘇ってきて、63歳のおじいさんは職員室で体育館使用手続きをしている間、脇を通る先生の足音に「お前らまたか」と聞こえてきそうな気分になる。正座こそしていないが青竹で頭をコツンコツンと叩かれているような気分になる。
 なんだかわからないうちに、あっという間に63歳になったんだ。一瞬のうちにタイムスリップする。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック