人道的に殺すって

 ロブスターや伊勢エビなどの甲殻類は痛みを感じる神経があることが解り、スイス他ヨーロッパ各国では人道的な調理の仕方をしなけりゃならないらしい。生きたまま煮沸するのは残酷だろ言うことらしい。動物愛護の精神が生きているということなのだろう。人道的なロブスターの殺し方は痛みを感じないようなツボがあるのかどうか知らないが、調理前に気絶させるか、即座に絶命させるかということが必要になってくるらしい。どうすればいいんだろう。よく切れるナイフで一気に、とか、電気ショックで殺すとか?簡単に言えばギロチンとか電気椅子みたいな感じになるのかな?
  痛みを感じる動物ってほかにどんなのがいるのかな。牛とか羊とか豚とか鶏とか動物愛護思想の進んでるヨーロッパではさぞかし人道的な屠殺をしてるんでしょうな。あ、フォアグラとか肝臓を肥大させるんでしょ?
 ところで戦時下で敵(人)を人道的に殺すってどんな方法があるんだろう。フランスとかイギリスとか核兵器持ってるけど、あれはどういう風に見ればいいのかね。

 人道って何だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック