微風でも寒い

画像

 以前書いたが仕事先の駐車場にある民家裏の蜘蛛の巣同様、我が家の庭に張られた蜘蛛の巣も二度の台風で相当の数を減らした。朝、洗濯物を干しに出ても顔に蜘蛛の巣がペリペリとへばり付くなんて悲劇に見舞われることは無くなった。
 蜘蛛の巣掃い用の棒を今年から玄関先と庭に一本ずつ置いている。珊瑚樹の枝を掃った際に適当な長さの枝を2本、蜘蛛の巣掃い用として採用。長さ、重さ、太さ、手に持ったときのフィット感。とてもいい。先っちょに2本3本と分れた小枝が蜘蛛の巣を掃うのに具合が良い。また、蠅を追うのにも扱いやすい。この小枝が、飛んでいる蠅への命中率を上げている。この夏これで蠅を一匹掃い落し、蜂を2、3匹掃い落した実績がある。あそこらへんから飛んできたミサイルもこの棒で掃い落としてやるつもりだ。
 使い勝手がとてもいいので終身雇用することに決めた。この2本には老後も末永く私と共に過ごしてもらいたいと思う。
 
 それにしても駐車場というところは風が吹く。近くに里山が連なっているせいもあろうが、民家などのような遮るものが無いため、だだっ広い駐車場には、よく風が吹き抜ける。
 子供の頃は高い建物など無く、原っぱや空き地などが近所のどこかにあり、そういうところが子供たちの遊び場であった。思い返してみると原っぱにはいつも風が吹いていた。いつも風に当たりながら子供たちは遊んでいた。冬休み中、家に籠っていると「外で遊んで来い」と親から叱られ、くさくさしながら玄関を出て、とりあえず原っぱへ向かうと、必ず誰かしらが遊んでいる。寒いと思っていても鼻水を垂らしながらも遊び始めるといつの間にか寒いという意識は消え去ってしまう。
 子供は風の子、大人は火の子。なんて今の若い人達は知らないかもしれない。心頭滅却すれば火もまた涼し。遊びに対する集中力。遊び始めると暑いも寒いも無い。

 昨日の巡回は陽が落ちてからの寒さが堪えた。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック