旨味というものがねぇ

画像

 曇り空にアブラゼミの声、ときどき薄日が差すとクマゼミが鳴き始める。東風が吹いていたが降りそうで降らない。こんな季節だからってんで巡回中こまめに水分補給をしても、飲んだそばから汗が吹き出し、駐車場を一回りすると頭から油を浴びたかのような有様になる。
 帰宅すると上がり框に膝をパキパキ鳴らしながら座り込んで溜息をつく。靴を脱ぎ「さてと」とようやく立ち上がり居間へ向かう途中、洗面所の鏡に映る干物のようになった我が姿を見てホッとする。今日も何とか無事に帰ってこられたなと言う安堵だ。
 イカもイワシも干せば旨味が出る。人も歳をとればそれなりに人としての旨味というか、そういうものが出てきてもよさそうなものだが、なかなかねぇ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック