庭の雑草は無い方がいいけど

画像

 朝、草を抜いていたら土踏まずを蚊に刺された。足の裏に虫よけスプレーを塗るのを忘れていた。不覚であった。
 庭に雑草の一本たりとも許さない。そのためにわざわざ人を雇ってまで隅々まできれいに草をとっている人がいる。我が家の庭とは大違いだ。
 豊橋公園吉田城址辺りを散策していると、お堀に雑草が勢いよく生えている風情に郷愁をそそられる。また風景をスケッチしていて田畑の畦に生えた雑草の緑や朝陽の当たる枯草の鮮やかなオレンジ色と若草の緑とのコントラストの美しさに目を奪われる。雑草とは言え時期や場所によっては風景に彩を添えるものであり、なくてはならないものでもある。同じところに生える雑草も時期によって別の種の草が生えていたり、人の手によって抜かれたり踏まれたり、その移り変わりを見るのも楽しいものだ。
 雑草の生い茂った庭で蚊にくわれながらひまわりの花を眺めていたとき、自分の背丈を上回る立派な花の傍らで萎びて黒ずみ芯の周りにすっかり退色した花びらを持つものや、大きくなる前に歪んだ形の花を開いたものもある。どの花も完全に綺麗な形で咲いているわけではなく、どの茎にも必ず虫にくわれていたり、黒ずんで枯れてしぼんだ葉がぶら下がっていたりして、完璧なものは一本もない。非の打ち所の無い完ぺきな姿をした造花とは違い、その不揃いこそが生あるものの本当の姿であり、不揃いゆえの真の美しさ。そうであればこそ心に響くものなのだ。と、今更だが他に書く事がないから。
 でもな、庭で蚊に刺されるのは癪に触るな。やっぱり庭の雑草は無い方がいい。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック