零細と大手

画像

大きな神社で初詣するといろいろ気を使わなければならないから大変だろうと思う。
ナントカ神宮とか、ナントカ大社へ行くと、参道の脇に小さな神社が無数に並ぶ。小さい神様が密集している。中小零細神社的なものがたくさん並んでいたりして賽銭箱もその数だけある。それぞれの神様がどんな神様なのか知らないし、どんなご利益があるのかもわからないし、それをいちいち神様の種類を確認する暇もない。これだけ小さな神様が立ち並んでいるとそれを無視していっていいのかどうか、横目に通り過ぎながらも多少気が引ける。だからと言って、とりあえずお参りしておくか。と言うわけにもいかない。これだけの数すべてお参りしていたらお金がいくらあっても足りやしないし、時間もかかり目的の神様に到達するまでに行倒れてしまいそうだ。賽銭の相場がいくらなのか知らないが、いくら零細神社と言えども一円でいいかと言うと、それは神様にもプライドと言うものがあるだろう。零細だからと言って一円や五円ではむしろ「バカにしてるのか」と祟られそうな気がしないでもない。
そんなことを気にしながらお参りしなくてはならない。
まあ、言ってみれば一番奥の本元(と言っていいのかどうかわからないが)の神様が零細の神様の分まで一手に引き受けてくれているような気もする。大手総合商社みたいなものだろう。あるいは巨大ショッピングモール的な感じだろうか。
そういうつもりで一番奥の、本来お参りしようと思っていた神様の前で、さてお賽銭をと財布を開けると零細神社の分もまとめて払うには一体いくら払えばいいのだろうか。と、考え込んでしまう。
だからナントカ神宮とかナントカ大社は避けたほうが良さそうな気がするが、そういうことを考えている自分が知らないうちに、遠くの方で神様に見られていて、いつか祟られるんじゃないかとも思う。
今年も初詣は行かなかった。生活レベルがかなり零細なので神様にまでお金を払うだけの余裕もない。
地獄の沙汰もナントカではあるけれど・・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック