カカトが甲に

ところで、巡回する駐車場。1F~5Fまで螺旋状の緩い傾斜になっており、そのせいで靴底の減り方が外側に偏る。いわゆるO脚の人と同じような減り方になる。
この靴で平地を歩いているといつの間にか靴下の踵の部分が足の甲の上に移動している。気持ちが悪い。気持ちが悪いのでその場で靴を脱ぎ靴下を履き直すのだが、歩きはじめると、一歩ごとに靴下がだんだんと回転を始め、ずれていく感覚があり、とても気持ちが悪い。
我慢して100mも進むともうどうにも気持ち悪くてズボンの裾をめくってみるとやはり靴下の踵が甲の上に回っている。
特に作業用の軍足のような、何と言ったらいいのか厚みがあるのに張りのない生地。足にピタッとしないために、きっと簡単に回ってしまうのだろうと思ったら、最近は靴底のゴムの減りがひどくなったせいでグンソクでないものまで、この靴に限って踵が甲に上まで移動するようになってしまった。
「100メートル歩いて踵が甲に回転するだで、あと100m歩けば一回転して元に戻るら」と、安易な考えだが、気持ち悪いのを我慢してもう100m歩いてみたら、やっぱり踵は甲の上に落ち着いたままこれ以上回る気配はなかった。
足の甲に靴下の踵がしがみ付きそれ以上移動しない。嫌がらせではないかとさえ思える。
というより、そろそろ靴を買い替えた方が良さそうだ。ぬれた路面を歩いているといつの間にか靴の中が濡れている。
靴下の踵の移動がどうのこうのではなく、靴の買い替えどきではある。

久しぶりの連休。先月は連休がなかった。今月も今日と明日だけ。ペンキ塗りや自転車散歩をのんびりしたかったが、今日は風が強くて屋根のペンキ塗りはできそうにない。様子を見て玄関周りのトタンの外壁のペーパーがけと錆止め塗装くらいはできればいいかも。風は強いけどちょっと無理すれば自転車散歩も出来ないわけではないので買い物を兼ねて大清水のスーパーまで行って来よう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック