遇者の石

画像

中世ヨーロッパで錬金術師たちが追い求めた不老不死や鉛を金に変えられたり。万能の霊薬が賢者の石だそうだ。
賢者の石を作るカギを握る物質は、それとは知らずに投げ捨てられてしまうくらいすぐそばに転がっている身近で何でもないような物だそうだ。
結局錬金術師たちは賢者の石を作ることはできなかったが、近代科学の礎を築いたのは間違いない。
科学は人の寿命を延ばし、産業を発達させたが、人の欲望を膨らませ手に負えない物質に手を出させ、戦争の規模を大きくし、貧富の差がさらに大きく開き、地球の環境を危ういものにしてしまった。
賢者の石は賢者が作ってこそだ。
賢者の石がこの世に存在しているのかどうか判らないが、それが賢者の石であることに気付いていないことが幸いである。もし気付いていたとしたら、まだ賢者になり得ていない人類はどんな使い方をするのか想像すると空恐ろしくなる。
核のゴミを地中深く埋めて300年とか400年間電力会社に管理させ、その後十万年にわたって国が目を光らせる、って・・・。福島第一原発から漏れた汚染水の管理も満足にできていない状態で、400年も核のゴミを管理させるなどと、荒唐無稽、世迷言としか言いようのない、これ本気で言ってるの?みたいなことを大真面目で言っている。一寸先は闇ともいえる時代に400年間も電力会社が存続できるかどうかもわからない。十万年にわたって国が目を光らせるなど、国家という概念ができてまだ(特に日本など)何百年も経っていないのに、国家が健全な形で残ってるかどうかもわからない。第一、地球規模で十万年の間に地表がどう変化していくかも判らないでこんなことを平気で言い切る。
まだこの世に賢者が存在し得ていない証拠でもある。

実に人間とは滑稽な生き物だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック