ボールペンの発明

画像

ビーロー ラースロー生誕117年。
なんだ ビーロー ラースロー って、だれや。と思ったらボールペンを発明した人だったんだ。
日本製のボールペンは品質がいいということで外国からの観光客がお土産として購入することが多いらしい。私もボールペンには多少なりともこだわりがある。何しろ画材として使ってるからね。細い線、太い線、線の濃淡、表現の幅を広げられるようになったくらいにボールペンの性能が良くなってきている。これまで細字のお気に入りがなかなか無かったが、最近、三菱のパワータンクと言うボールペンの0.5㎜と出会い、とても助かっている。最近のボールペンはペン先にインクが溜まりボテッと画面を汚さずに描くことができるようになったのは有難い。
ただ、線のミリ表示に関してはあまり信用できないのが現状。メーカーや構造、インクの種類などによって同じ0.5㎜でも太さが全く違うので実際に試し書きしてみないと判らない。特に細字に関してはかなりデリケートな表現が求められるゆえに選択は慎重にならざるをえない。

秋雨前線の停滞。湿気が凄くて庭先のとんでもないところからキノコが生えてきている。
大丈夫かな、私自身も体のあちこち、とんでもないところ辺りから訳の分からないキノコが生えてきそうでちょっと心配しているところだ。
元々生えている一本だけでも持て余してるっていうのに。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック