灰色の空に・・・

画像

昼過ぎ、台風の影響で降り出した雨は、時に激しく打ち付けたり、時に霧のような小粒になったり、目まぐるしく変わりながら降り続いた。
夕方、陽が沈むころ、西の空がオレンジ色に染まり、水蒸気の充満した雲の切れ間に、ほんの少しだけぼんやりと青空が覗かれ陽の光はもう夏の終わりが近づいてきているのを知らせるように弱々しい。
と、突然ポンポン・、と、花火の音が鳴り響く。まだ日が沈み切っていないうちから聞こえてくる打ち上げ花火の音のする東の空を見ると、灰色の厚い雲を背景に、赤だの緑だの橙だの青だのと、色とりどりの光の粒がぱっと広がり、消えるといくつもの白い煙の筋が風に流され、そこに重なる様にまた光の粒が広がり、少し遅れてポンポン。と、灰色の空に響きわたる。
ぼんやりとオレンジ色に染まった西の空と、灰色の雲を背景に光る花火が、なんだかとても美しかった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック