至高の「しばし」

画像

6月だが、春宵一刻値千金とは良く言ったものだ。
昨日は仕事場に着いた途端雨が降り出した。合羽を着たり脱いだりの繰り返しで汗だくになったり冷えたり。
仕事を終え帰宅。溜息交じりに「やーれ、やれ」などと言いながら、膝から崩れるように椅子にドッカと座る瞬間の何とも言えぬ安心感。安堵感は捨てがたいものがある。8時間炎天下や雨中での巡回、立哨で、抜け殻のようになった我が身に、この「やーれ、やれ」と「ドッカ」は格別のものがある。
この格別のものを「しばし」味わうのがその日一番の充足した時間と言える。昨日のうちに冷やしておいた豆コーヒーの香りと甘みが、干物のように乾いた老体に浸みこんでいく。
深くため息をつきながらテレビのスイッチを入れ、今日一本目の煙草に火をつけ、深く吸い込んだ時のちょっと目眩がする感じ。このままあの世へ行っちゃってもいいかな。とも思える、この「しばし」という時間がいい。その後の晩飯を食い終わってから寝るまでのホッとしている時間よりも、この「やれやれ」からの「しばし」の時間が一番いい。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック