画像

小津安二郎監督の東京物語を少しでも覗き見してみると、日本語の美しさに感動する。
下町言葉も方言も今と変わらなく使われていたけれど、確かに美しい日本語が満ち溢れていたなと子供の頃の身の周りの人達を思うと、ある。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック