画像

苦しい時、辛い時、悲しい時、音楽は人の心を癒してくれる。悲しい時だから元気の出る明るい音楽を聴く人もいれば、悲しいからこそ悲しい音楽で、悲しみを共有する人もいる。しかし悲しい時に音楽を聴きたいと思った事がない。明るい音楽を聴いていても元気になれなかったし悲しい歌を聴いても何も共有できなかった。
苦しい時も悲しい時も、音楽を聴いても、本を読んでも絵を描いていても、テレビを見ていても誰か溶いても、悲しい時はずっと悲しい。何も癒されたことはない。
ただ悲しい気持ちのまま、苦しい気持ちのまま、時間が経つのを待つしかなかった。時間が経って自然に癒えるまでやり過ごすしかない。
一晩寝れば言えるものもあれば、何年もの間悲しみに付きまとわれることもある。それでも長い間悲しみや苦しみに付きまとわれている間でもどこかで笑う瞬間というのがあるものでこれはどの人間にも備わっている防衛本能ってやつなんだ。ちゃんと然るべきタイミングでガス抜きをしてくれるようにできているらしい。一旦ガスを抜いて又「じゃぁ、またさっきの続きを」的な感じで悲しみの続きを始められるようにできているのだろうか。それを繰り返すことで体の中から湧き上がる悲しみを枯渇させられるようにできているのかもしれない。
と、時々思ったりする。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック