春の杉山町風景

画像

不注意でデジカメを落としてしまい。壊れてしまった。ショック。
暫くは撮り貯めてておいた画像でまかなう。
3月、田起こしで土がむき出しの田んぼに朝陽が射すと、畦道に芽吹いたばかりの草の緑に、去年の枯れ残った草のオレンジ、こげ茶色の土と、その陰とが織りなす色彩の鮮やかさが目に眩しい。この時期は雑草の緑さえが美しく輝く。
ここまで気取って書くと恥ずかしくなってきて、どのツラ下げて言ってんだよと自分で自分をツッコミたくなる。こうなると珍孤の話を書きたくなるがせっかくいい季節になったんだから、やっぱり気取って書いてみたい。キモイとか言われるかもしれないが、少しくらい気取ってもバチは当たらないだろう。
春の杉山の風景は輝いている。
七股池に注ぐ小川に沿って遊歩道を南へ歩き、御園第二団地外れに出る。さらに南へ歩を進めると知原(ちはら)・新知原の畑地が広がる。約1キロメートル四方に広がる知原の畑地帯の南側は田原市六連(むつれ)町との境の農道が敷かれてあり、杉山町で一番標高が高く、冬の早朝には富士山が見えることもある。この眺めの良いこの道を散歩する人の姿をよく見かける。

あぁ、もうっ!さっき壊してしまったデジカメがショックで気持ちが入らねぇや。
今日はこれまでっ。
 
とはいえ、杉山の風景は見てもらいたいので、淡彩スケッチだけは載せる。
今回は知原パノラマ風景。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック