散歩のつもりなのに・・・

画像

まだ寒い日は続いているが、真冬のような足元から冷えるということはなくなってきた。
日の当たる時間も伸び、寒さの緩む日も多くなってきている。
穏やかに晴れた朝、ちょっと散歩にでも行こうかなと、玄関を出たはいいけれど…。
ついでだからと思って、七股池の風景を撮ろうとカメラを持って遊歩道で撮影ポイントを探していると、やはりこの時間は、ご近所さんたちの散歩する光景も。みんなそれぞれ顔なじみばかりで、お互いすれ違いざまに一言二言交わす。中には寒かろうにとこちらの勝手な心配をよそに冷たいベンチに座り、話し込んでいる人の姿も。そして彼等は一様に私とすれ違った時に怪訝な目つきで私を見ていく。
疎外感。
ちゃんとズボンを穿いているし、見えないけどパンツも穿き忘れていないし、顔も洗ったし、鬚だって昨夜だけど剃ったし、決して怪しいものではないし、みんな知ってるご近所じゃん。
「カメラ持ってうろついてなにしとるだ」と言われる始末。
「うろついて」の一言が今私の置かれている状況。
なるほどね、私は散歩をしているつもりだったんだけど、それが「うろついて」いるように見えるらしい。
服装とか身なりは散歩に適した格好をし、かつ警備という仕事上姿勢にも気を配り、背を伸ばし、歩くときも足を決して引きずらない。誰が見ても、この私を怪しいとは思わないはずだと思っていたが、「うろついて」いるように見られていたとは。
これからは私、散歩に行くときは「うろつきに行く」と言う事にしようと思う。
一見うろついているように見えるかもしれないが、特にカメラを持って七股池の封歩道を歩くときは「うろつく」と云う事にしようと思う。
なんにも悪い事しているわけではないので自信をもって「うろつく」ことにする。
警察に捕まることはあるまい。

「徘徊」と言われるようになったら考えないといけないかもしれない。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック