うっせぇせみ

画像

桜並木でクマゼミの大合唱が降り注ぐ朝、久しぶりの立哨。
葉蔭から降り注ぐクマゼミの蒸すような大合唱は沁み入る岩もなく、アスファルトの散歩道に反響し、音だけ聞いていたら上も下も判らなくなってしまいそうだ。
まあなんでもいいけど、とにかくうるさい。
都会の真ん中にある公園でも木陰から聞こえる蝉の声は、おそらく音としてとらえると騒音並みにうるさいに違いないが、「蝉の声」でうるさいという苦情が出たという話は聞いたことが無い。
アブラゼミとかクマゼミの大合唱を聞いて爽やかな気持ちになる人は滅多にいない。むしろ、うるさいと思っている人の方が多いのに誰も苦情を言わないということは、結局みんな「夏はそういうものなんだ」と、諦めているのかもしれない。
今時のクレーマーは、なにを言い出すかわからない。そのうちに蝉がうるさいからなんとかしろと市の公園課辺りに苦情を言い出す奴が出てくるかもしれない。
 * * * * *
虫の語源は蒸しとも言われているらしい。蒸し暑い夏に虫が湧き、蝉の声も蒸している。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック