単なる風化とは訳が違う

画像

喉元過ぎれば熱さ忘れる。
2011年3月11日の出来事の記憶も薄れている感。
だから1945年3月10日の出来事の記憶など、まるで霞のようになってしまっている感。
60年前は戦争、3年前は天災の中で起こる人災。
10年後の日本人の記憶にこのことはどう記憶されているか。
100年後・・・100年後ともなると記憶ではなく知識として記録が残るだけなのか。
物も人も記憶も全て風化される。
全ては時間に支配されているということになるのか。
人の記憶は、あっという間に薄れていくが、放射性廃棄物は数万年の保管を要する物まであるという。
数万年、単なる風化とは訳が違う。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック