震度かったなぁ

画像

昨日の地震は震度が4だったそうだ。
ちょうど仕事場に到着し、靴のひもを締めようとしている時だった。
一秒程度の短いものだったが、○玉が縮むほど強烈な横揺れ。
エレベーターが非常停止してしまったらしい。
定常の警備は中止し、エレベーター前で立哨。
30~40分、長くても1時間程度で復旧するだろうと高をくくっていたのだが、大間違いだった。
1時間が過ぎ2時間、だんだんと足・腰の筋や節が固まってくる。
3時間を過ぎると固まったところに痛みを覚え始める。
客の対応に気を使いながら、できるだけ目立たないように固まったところをほぐそうと足踏みしたり体をよじったりするが、あまり大きな動きができないため、まったくほぐれない。
もう我慢の限界。
客の姿が見えなくなると、中空を見据え、顔をゆがめ、屈伸などをしてみるが、今度は膝が痛くなる。
どう動かしても固まってしまった体。
気持ちにも張り詰めたものが無くなってくる。
結局4時間余り立ちっぱなし。
座ることもできず水も飲めない。
立哨から解放された時には全身がカチカチになっていた。

それにしても安全のためとはいえ復旧にこれだけの時間がかかるとはねぇ。
人が乗っていなくて良かった。

いやぁ、しんどい4時間だった。














この記事へのコメント

この記事へのトラックバック